maneo 評判

maneo 評判

maneoは日本で2008年からソーシャルレンディングを始めている企業です。
日本でもっとも早くソーシャルレンディングを始めた企業としても有名であり、長く愛されている企業です。
ただし、サービスが長く続けているから人気があるのではなく、サービス自体が素晴らしいので評判となっているのです。
maneoがどのように評価されているのか2chなどのインターネット掲示板からツイッターなどのSNSまでいろいろ調べてみました。

 

maneoが扱っているソーシャルレンディングは全世界で順調に伸びている投資の方法です。
銀行が相手にしないような新興企業から大口の投資家には額面的に少ない融資が必要な企業のように従来の投資では相手にならなかった企業を中心に融資を行っています。
資金はいくつかの融資をまとめた商品に出資してもらうことで分配されて融資されます。
企業にとってはアイデアや実績から融資を受けられるチャンスが増えますし、出資者からは複数の企業を相手にすることで損害を防ぐことが可能になる分散投資が実現できます。

 

maneoは主に事業性の高い融資を得意にしており、インターネット上の口コミなどでも知らない企業だったがアイデアが素晴らしい商品ばかりだったという好感を持った方が多いです。
商品については出資額や利益配分計画などが事前に公開され、選んで出資できます。
また、数万円から出資できるので小口の投資家でも参加可能です。
ソーシャルレンディングでは1つの融資先に出資者を集めるということはせず、複数の融資先を集めて商品化します。
もちろん投資なので投資先が破綻する恐れがありますが、複数集めることで損害時のダメージを少なくすることができます。
このような方法は従来の投資でも行われてきていますが、扱う額面が大きすぎて小口の出資者は相手になりませんでした。
maneoでは数万円からの出資者も大歓迎であり、利益配分も平等に行っており、小口の出資者でも十分利益を出せる仕組みなのも評価が高くなっています。

 

maneoが評価されるのは商品だけではありません。
各種手数料が無料であることも大きなポイントです。
株やFXの場合は成約時の手数料が問題となります。
利益が出たはずなのに手数料で利益が減るのは寂しいものです。
しかし、この会社では成約手数料が無料であり、各種事務手数料も無料、さらに振込手数料も無料となっており、利益がそのまま入金される仕組みとなっています。
利益については雑所得として計上され、源泉徴収されますが、1年を通しての実績表などについては2月を目処に配布される仕組みとなっており、確定申告などの際も面倒がない仕組みが好評です。
手数料等が無料であることは複数の商品に出資しやすいことを意味します。
ただし、株やFXのように途中で解約できないので要注意です。
ソーシャルレンディングではある一定の期間は解約できず、利益が確定されるまで引き上げることは原則としてできません。
これは融資先からの返済でなりたつからであり、返済が続いている以上は商品を解約できないからです。
もちろん、融資が終了しない間の短期の商品も数多くあり、利益は出やすい商品ばかりとなっています。

 

ソーシャルレンディングは日本でも数多くの企業が参入しており、それぞれ得意分野で商品開発が進められています。
ただし、得意分野であっても商品が数多く作れるかは別問題です。
不動産関連であれば開発プロジェクトがなければ商品化しづらいですし、事業性のある商品についても同様です。
ただし事業性の高い商品の場合はプロジェクトが多数あるので商品は他の分野よりも多くあります。
利益については10%以下という場合が多く、株やFXやに比べれば若干低めに感じる方が多いですが、銀行に預けておく限りはもっと低い利率であり、長期運用から1ヶ月程度の短期運用まで幅広い商品が多数あるのも魅力の一つです。

 

各種投資をする際は比較がとても大事になります。
比較対象は多ければ多いほどよいのですが、商品となればそうもいきません。
企業によっては商品がとても少なかったり、時期によって大きく変動する場合も少なくなく、また、商品自体の価値もかなり変動します。
ある程度利益を出しやすい仕組みであるとはいえ、あくまでも最後は自分の判断で投資するかを決めることになります。
与えられたチャンスではなく、自分の目で判断していく必要があります。
出資する金額についても1万円から可能なケースも多くなっていますが、数百万単位で出資する方も少なくありません。
短期での利益確定も可能な取引ですが、危険性もしっかり把握しておきたいところです。
また、投資という側面の他に銀行や投資家から相手をされていない企業に日を当てるという意義もあり、社会を良い方向にすすめるための方法でもあります。
単純な取引が多いですが、商品をしっかり吟味し、応援という意味も含めて出資する気持ちが大事でもあります。

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

maneo 貸し倒れ
ソーシャルレンディングの裏側
maneo 裏話
いくらソーシャルレンディングが運用期間が短く、高利回りが受けられるとはいえ、貸し倒れ率(デフォルト率)が高ければ、株式やFXと大差ありません。 ただ株式やFXについては90%以上の投資家が損をしているということですから、あまり比較対象にならないことも考えられます。 実際にmaneoに投資して、貸し倒れ経験のあるユーザーを検索してみました。
maneo 2ch
maneo(マネオ)の2chを集めてみました! 批判的且つサービスに不満を持ったユーザー層が多そうですね。。 一番気になるのはクローズが遅れているのにも関わらず、連絡が途絶えたという書き込みですね。 ソーシャルレンディング業界を引っ張るサイトとして、自覚を持ち貸し倒れが起きているとしても、しっかりと連絡はマメにほしいものです。
maneo 会社概要
ソーシャルレンディングの裏側
maneo 瀧本
ソーシャルレンディングの裏側
maneoに投資するべき3つの理由
ソーシャルレンディングは従来の投資のやり方をさらに入りやすくした方法であり、安全性を高めながらも利益を上げられる方法として注目されています。 しかし、参入する企業も多いことからどのサービスを利用するか悩まれる方がとても多いようです。 そこで利用したいサービスとしてmaneoを紹介します。