maneo 投資

maneo 瀧本

ソーシャルレンディングは従来の投資のやり方をさらに入りやすくした方法であり、安全性を高めながらも利益を上げられる方法として注目されています。
しかし、参入する企業も多いことからどのサービスを利用するか悩まれる方がとても多いようです。
そこで利用したいサービスとしてmaneoを紹介します。

 

maneoは2008年に日本で初めて始めた会社でもあります。
長きにわたって日本でのサービスのトップを走り続けており、顧客数も商品数もずば抜けています。
maneoをおすすめする理由は3つあります。
1つは初心者にも優しいインタフェースと仕組み、2つめは商品、3つ目は社会的意義も考えている企業であることです。

 

ソーシャルレンディングを始めようと思った際に一番悩むのが仕組みと言われています。
従来の投資では資金を欲している企業や個人に投資家がお金を貸し、現金や株での返済を求める仕組みです。
多額の資金が必要であれば複数の出資者が集うことも多いのですが、資金量がものを言う仕組みなのでなかなか参入できません。
しかし、ソーシャルレンディングの場合は融資先を複数集めて商品化し、手軽に参加しやすいように小口に分けているのが特徴です。
また、出資金によらず利益が提示されるのも嬉しいところです。
maneoではこの仕組を日本で初めて提供した企業ですが、ノウハウも随分溜まってきており、提供される仕組みも使い勝手が日々良くなってきています。
特に商品確認、入手金については他のサービスに追いつかれないほどの完成度と言われています。
ユーザーサービスも充実しており、参加しやすく、長く使えるインタフェースが魅力です。

 

maneoの商品は主に事業融資となります。
新規事業を行うための資金であったり、店舗や倉庫の追加など事業を活発にするための資金となっています。
この場合、調査力がとても重要であり、不動産融資などと違って先見性が重要です。
また、ITビジネス以外でも出資を希望する企業が増えており、商品化に向けて日々調査が行われています。
事業性の融資ということで焦げ付きなどが問題になるケースが考えられていますが、調査が厳しく行われることもあって問題となっていません。
また、直接的な融資と違って、複数の事業案をまとめていることから出資者に負担が増えるようなことも少なくなっています。
出資を希望する企業は商品についてしっかりと説明しますが、さまざまな分野の専門家が調査に関わっており、事業を見る目は大変厳しくなっています。
ただし、銀行などと違って担保が必要ということもなく、事業の先見性、実現性をしっかり見ることで事業自体をチェックするので企業側にも大変好評です。
商品化の際、いろいろな事業がまとめられることが多いですが、良い予想、悪い予想を織り交ぜてしっかり説明されるので出資の際に選択がじっくりできるのが好評です。

 

ソーシャルレンディングは従来の単なる出資とは違って、社会的な意義が求められています。
社会的な意義とは銀行に相手をされないような新興企業から、高額な資金が必要だが、ベンチャーキャピタルなどには以来できないなどといったこれまで埋もれてしまっていた企業を助けるという意義が求められています。
一種の社会貢献でもあり、小額から出資できる理由でもあります。
投資ですから当然利益が重要ですが、社会的に埋もれてしまっている企業に光を当て、新たな事業をどんどん実現させることは社会にとって有意義なことです。
そのため、maneoでは数万円からと言った低額出資が可能となっています。
低額の場合、他の投資では利益配分が少なく設定される傾向がありますが、ソーシャルレンディングの場合は分配利率は一緒であり、投資額によらず、機会によって分配する仕組みとなっています。
大口出資者には面倒な仕組みでもありますが、幅広い出資を集める意味では小口出資が可能であることは多額の資金を集めるチャンスともなります。

 

ソーシャルレンディングを日本で初めて始めた企業として多数の企業に出資をし、順調に事業を進めてきているのですが、仕組みの上でいくつか注意点があります。
1つは元本保証はされないことです。
しっかりした商品ばかりなのでそれほど悪い商品はありませんが、あくまでも決められた利益が確定しているわけではありません。
最悪出資額がすべて損失されることもあります。
もちろん、匿名組合方式なので出資金額以上の負債はありませんが、甘くないサービスであることは忘れてはいけません。
また、商品については解約ができないのも注意点です。
長期的な商品の場合、運用利益が確定するのは期日が来た時です。
途中で解約することは原則できません。
また、商品によっては融資先が一括返済をしてくる可能性があります。
融資を一括返済することで利子が減ります。
返済をした段階で商品は自動的に終了となり、利益が想定以下になることもありますので注意しておきたいところです。

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

maneo 貸し倒れ
ソーシャルレンディングの裏側
maneo 裏話
いくらソーシャルレンディングが運用期間が短く、高利回りが受けられるとはいえ、貸し倒れ率(デフォルト率)が高ければ、株式やFXと大差ありません。 ただ株式やFXについては90%以上の投資家が損をしているということですから、あまり比較対象にならないことも考えられます。 実際にmaneoに投資して、貸し倒れ経験のあるユーザーを検索してみました。
maneo 2ch
maneo(マネオ)の2chを集めてみました! 批判的且つサービスに不満を持ったユーザー層が多そうですね。。 一番気になるのはクローズが遅れているのにも関わらず、連絡が途絶えたという書き込みですね。 ソーシャルレンディング業界を引っ張るサイトとして、自覚を持ち貸し倒れが起きているとしても、しっかりと連絡はマメにほしいものです。
maneo 会社概要
ソーシャルレンディングの裏側
maneo 瀧本
ソーシャルレンディングの裏側
maneoの評判を徹底的に調べてみた!
maneoは日本で2008年からソーシャルレンディングを始めている企業です。 日本でもっとも早くソーシャルレンディングを始めた企業としても有名であり、長く愛されている企業です。 ただし、サービスが長く続けているから人気があるのではなく、サービス自体が素晴らしいので評判となっているのです。 maneoがどのように評価されているのか2chなどのインターネット掲示板からツイッターなどのSNSまでいろいろ調べてみました。