maneo(マネオ)

maneoの他社と比べてのメリット・デメリットとは?

勢いに乗ってるソーシャルレンディング会社maneo

ソーシャルレンディングサービス事業者として勢いに乗っている会社を一社挙げるなら、maneoが真っ先に出てくると言えます。

maneoは貸付型クラウドファンディングという、資産運用をしたいと考えている投資家と資金を必要としている企業とを結びつけるサービスを実施しており、資金を投資に当てたい方にとっても事業資金を得たいと希望している方にとっても使いやすい仲介業者になっています。

maneoを介してソーシャルレンディングを行うのはかなり簡単で、借入れ申込者からの提出資料を参考にした指定信用情報機構へのデータ照会など融資の可否を丸投げできる他、貸付実行や借り手からの返済なども代行してもらうことが可能です。

分かりやすく言えばインターネット上で銀行から融資を受けるのより気軽に業務用の資金を提供してもらえる、または個人が投資目的で資金提供が出来るウェブサイトなのだと捉えておくといいでしょう。

maneoのメリットとは??

ではmaneoと同業他社とを比べてどのようなメリットがあるのかというと、まずは投資する側にとっての安全性が非常に高いといった点が挙げられます。

maneoの審査を経て承認された借入申込に対してのみローンファンドの募集が開始されるため、そもそも投資先として相応しくない事業者や個人事業主などは審査の段階で弾かれます。

投資をしたとしても想像していたより利益が得られなかったといった結果に繋がることもありえますが、詐欺同然の事業内容を掲げている会社や業者などは混じっていないといった部分が優れていると言えます。

ローンファンド成立後には銀行口座などから投資資金がデポジットされますが、不成立で募集終了となったローンファンドに投資された資金は顧客である投資家の口座に自動返金されますので、お金の振込みのために銀行まで行く必要が無いといった点も大きなメリットだと言えます。

投資のためとは言え遠出したくないといった方でも気楽に利用できるようになっているからです。

またmaneoの忘れてはいけないメリットとしては成約手数料が不要だといった点も挙げられます。

通常ソーシャルレンディングの仲介や代行を行っている業者やホームページでは、成約ごとに手数料が必要になりますがmaneoの場合事務手数料や口座管理費を含めて無料となっています。

せっかく投資で儲けたお金を成約手数料や事務手数料で失うといった苦い経験をせずに済むということなので、成約手数料が高いソーシャルレンディングの仲介業者から乗り換えるといった方も多くなっているのです。

ローンファンドはひとつに限定する必要が無く、複数の投資先に資産を分散されることで投資におけるリスクマネジメントも出来るようになっています。

例えばそれぞれの投資先に100万円ずつお金を預け入れていたとして、片方がマイナス傾向に移行していたとしてももう片方の利益で帳消しにできるなどといった利点があります。

潤沢な資金がある場合利率が高い、または高配当が期待できるひとつの投資銘柄に資産を集中させるのではなく、いくつかの投資先に分けるといった資産運用における基礎の基礎をmaneoの一社のみで実現できるようになっていると言えるのです。

複数の金融機関や投資会社を使わずに、取引を一社に限定したいといった方からしても使い勝手が良くなっています。

maneoのデメリットとは??

逆にmaneoのデメリットを挙げるなら、投資先である会社や事業者と直接的に会うことがまず無いので、代表者の人となりなどを確認できないといった部分に気をつける必要があると言えます。

世の中の人間が全員聖人君子でない以上、投資家のことをお金を払ってくれるだけの便利な道具くらいにしか認識していない会社経営者が存在しています。

投資家に対するリスペクトが無い人物への投資を避けたいと考えても、maneoから齎される情報だけでは十分に精査できないといった問題があるのです。

もしも投資先としてお金を預けることを検討している会社や事業者が公式ホームページを立ち上げており社長名や会長名が分かるようなら、その名前をSNSで検索にかけるなどといった別途の対処が必要になるものと想像しておいてください。

かつて行政処分勧告を受けた経験があるみんなのクレジット(+イメージという金融商品を取り扱っていたため、一部の投資家や資産家からのイメージがあまり良くないというのもmaneoのデメリットになっています。

ただしみんなのクレジットでの運用は既に行えないようにmaneoでは処置していますし、何も消費者や投資家を騙す詐欺行為を働いたわけではないので、maneoの利用自体に危険性があると考えておく必要はありません。

実際今現在maneoを使っている利用者の満足度が高く、一昔前のニュースを未だに引きずっている一部からの評価が低いだけなので悪い評判を聞いても然程気にする必要はないでしょう。

業界全体で見れば十分すぎるほど健全な業務形態がとられているからです。

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<


関連ページ

maneo 貸し倒れ
ソーシャルレンディングの裏側
maneo 裏話
いくらソーシャルレンディングが運用期間が短く、高利回りが受けられるとはいえ、貸し倒れ率(デフォルト率)が高ければ、株式やFXと大差ありません。 ただ株式やFXについては90%以上の投資家が損をしているということですから、あまり比較対象にならないことも考えられます。 実際にmaneoに投資して、貸し倒れ経験のあるユーザーを検索してみました。
maneo 2ch
maneo(マネオ)の2chを集めてみました! 批判的且つサービスに不満を持ったユーザー層が多そうですね。。 一番気になるのはクローズが遅れているのにも関わらず、連絡が途絶えたという書き込みですね。 ソーシャルレンディング業界を引っ張るサイトとして、自覚を持ち貸し倒れが起きているとしても、しっかりと連絡はマメにほしいものです。
maneo 会社概要
ソーシャルレンディングの裏側
maneo 瀧本
ソーシャルレンディングの裏側
maneoの評判を徹底的に調べてみた!
maneoは日本で2008年からソーシャルレンディングを始めている企業です。 日本でもっとも早くソーシャルレンディングを始めた企業としても有名であり、長く愛されている企業です。 ただし、サービスが長く続けているから人気があるのではなく、サービス自体が素晴らしいので評判となっているのです。 maneoがどのように評価されているのか2chなどのインターネット掲示板からツイッターなどのSNSまでいろいろ調べてみました。
maneoに投資するべき3つの理由
ソーシャルレンディングは従来の投資のやり方をさらに入りやすくした方法であり、安全性を高めながらも利益を上げられる方法として注目されています。 しかし、参入する企業も多いことからどのサービスを利用するか悩まれる方がとても多いようです。 そこで利用したいサービスとしてmaneoを紹介します。