Smart Equity 裏話

Smart Equityは幅広い投資商品が魅力のソーシャルレンディング企業ですが、他のソーシャルレンディング企業と大きく違う点がいくつかあり、それらがとても好評な企業です。
投資する場合、どのような商品であれしっかりと情報をチェックしてから行うことになりますが、情報公開の中身については企業ごとにかなりの差があるのが実情です。
そのため、商品によってはわかりづらい、チャンスだと思ったが投資に踏みきれなかったなど投資家にとって機会を損失してしまうことも少なくありません。
そのようなことが内容に情報公開に特に務めているのがSmart Equityであり、評価されてきています。

 

ソーシャルレンディングは従来の商品では対象とならなかった企業にも目を向けることができます。
これまでの商品では大口の商品が多く、そもそも個人ではなかなか出資できないケースが多々有りました。
また、銀行からの融資では取引がなかったり、新興企業の場合はほぼ借りることができないと言われています。
しかし、ソーシャルレンディングはそのような方々にも目を向け商品化し、インターネットを利用して広く出資を募る仕組みです。
大口の出資者でなくても数万円から利用できるのも魅力ですし、たくさんの出資者を広く集めることで大きな商品とすることができる仕組みです。
また、1つの事業に出資することもできますが、複数の事業をまとめた商品も多数登場してきており、分散投資に似た出資形態となるケースも多くなっています。
事業に酔ってはハイリスクハイリターンなものもありますが、確実性の高い事業を組み合わて商品化することで利益を上げながらも安全性を高めることができる仕組みです。
商品化については各企業で独自のノウハウがありますが、Smart Equityの場合は新興国や商品開発などに力を入れてきています。
特に商品開発については今後伸びるであろう分野の各事業を優先して集めており、利益率が高い商品構成として注目されています。

 

数多くの企業からSmart Equityを選ぶ理由は主に3つあります。
1つ目は商品構成です。
多くの企業が不動産など国内での安定性の高い商品へ注目している中、海外に力を入れており、また、国内でも新興企業の事業を多く採用しています。
もちろん、危険性が少ないことが重要なのですが、チャレンジングな事業を扱えるのもソーシャルレンディングの良いところであり、Smart Equityはこの点を重視した商品構成が魅力的です。
2つめは出資額です。
出資については各事業ごとに変わってきますが、誰でも参加しやすい仕組みを作ることを念頭に置いている企業でありますから10万円程度から出資できる仕組みとなっています。
出資額については数万円からという事業もありますが、利益をしっかり出すためにはある程度の規模が必要となりますし、チャレンジングな事業の扱いが多いことから出資者の数も考慮すると10万円程度からという商品構成となるようです。
この金額についてはインターネット上でも話題になることがありますが、高いという意見は少なく、商品構成的に妥当と考えている方が多いです。
2つめは使いやすさです。
インターネットに繋がっていればどこからでも出資できる仕組みですが、利用にあたってはPCがなくても利用可能になっていますし、よく考えられたインターフェースなので利用方法に迷うことはありません。
ホームページによっては見づらい商品も多い中、この企業の商品構成はとても見やすく、目的の商品が探しやすいのも嬉しいところです。
ホームページは申し込みだけできればいいという意見もあるようですが、フレンドリーなホームページは企業の顔であり、しっかり力を入れているSmart Equityのような会社は安心して任せられます。
3つめは利益率です。
投資において利益がどの程度で、いつでるのか、危険性はどうかは重要です。
特にソーシャルレンディングの場合は利益率がとても低いケースがあるのですが、この企業の場合は5%から10%と扱いやすい商品が多数用意されています。
ハイリスクハイリターンを求める方もいますが、多くは小口出資であり、分散した出資が基本なので問題ありません。

また、10%の商品についてもハイリスクを出来る限り少なくする構成であり大変好評です。
利益率については期間も大事になりますが、短期の出資も対象としているので個人でも扱いやすい商品構成です。
この企業の商品に出資する方の多くが安定的な利益を求める傾向があるようですが、商品構成を見ても十分期待に答えているようです。
インターネット、特に厳しい意見が多い2chにおいても話題になることがよくありますが、不満もありますが、どちらかといえば商品への意見が多いようです。
商品をじっくり観察しながら出資するかを決める意見が多いようですが、出資を辞めるような方は少なく、信頼して出資するという意見が多いのが特徴の会社です。

関連ページ

Smart Equityの評判を徹底的に調べてみた!
Smart Equityはソーシャルレンディングを行っている会社の中でも評判がとてもよい会社の一つであり、とくにインターネットでの評判がとてもよいので理由などを調べてみました。 そもそもソーシャルレンディングは従来の投資とはかなり異なります。
Smart Equityに投資するべき3つの理由
Smart Equityは幅広い投資商品が魅力のソーシャルレンディング企業ですが、他のソーシャルレンディング企業と大きく違う点がいくつかあり、それらがとても好評な企業です。 投資する場合、どのような商品であれしっかりと情報をチェックしてから行うことになりますが、情報公開の中身については企業ごとにかなりの差があるのが実情です。 そのため、商品によってはわかりづらい、チャンスだと思ったが投資に踏みきれなかったなど投資家にとって機会を損失してしまうことも少なくありません。 そのようなことが内容に情報公開に特に務めているのがSmart Equityであり、評価されてきています。
Smart Equity 2ch
Smart Equityは多数の投資先を利用したソーシャルレンディングを提供している企業です。 ソーシャルレンディングは多数の企業が参入していますが、多くは扱う商品に偏りがあるのが通例ですが、Smart Equityの場合はさまざまなプロジェクトを広く集めており、特色のある投資ができるのが魅力でもあります。 特徴的な企業は各種評判が2chなどの匿名掲示板でも話題になることが多く、さまざまな意見が出ていたのでまとめてみます。
Smart Equity 貸し倒れ
Smart Equityは多数の投資先を利用したソーシャルレンディングを提供している企業です。 ソーシャルレンディングは多数の企業が参入していますが、多くは扱う商品に偏りがあるのが通例ですが、Smart Equityの場合はさまざまなプロジェクトを広く集めており、特色のある投資ができるのが魅力でもあります。 特徴的な企業は各種評判が2chなどの匿名掲示板でも話題になることが多く、さまざまな意見が出ていたのでまとめてみます。
Smart Equity 会社概要
Smart Equityは多数の投資先を利用したソーシャルレンディングを提供している企業です。 ソーシャルレンディングは多数の企業が参入していますが、多くは扱う商品に偏りがあるのが通例ですが、Smart Equityの場合はさまざまなプロジェクトを広く集めており、特色のある投資ができるのが魅力でもあります。 特徴的な企業は各種評判が2chなどの匿名掲示板でも話題になることが多く、さまざまな意見が出ていたのでまとめてみます。
Smart Equity 澤田
Smart Equityは多数の投資先を利用したソーシャルレンディングを提供している企業です。 ソーシャルレンディングは多数の企業が参入していますが、多くは扱う商品に偏りがあるのが通例ですが、Smart Equityの場合はさまざまなプロジェクトを広く集めており、特色のある投資ができるのが魅力でもあります。 特徴的な企業は各種評判が2chなどの匿名掲示板でも話題になることが多く、さまざまな意見が出ていたのでまとめてみます。