SBIソーシャルレンディング 会社概要

SBIソーシャルレンディング 2ch

 

SBIソーシャルレンディングの2chを集めてみました!
管理画面は見にくい以外の情報はあまりなかったです。

 

ただ別事業もあり。「SBI」の冠は強力で、投資家からの募集力は高いようです。

 

 

 

SBIソーシャルレンディング 2ch 投稿ログ1

45 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/04/29(金) 13:34:22.87 ID:cvfFQ78B0
横入り失礼 面白いから日経が間違えているという
ドヤ顔をしているやつらに

 

>>39
のいう通り、残高じゃない、残高じゃないと
みんな言っているけれど、じゃああれは何の値かみんな答えられていませんよね

 

>>41
SBIソーシャルレンディングトップページで公開していないですよね。
いい加減ですね。でも公開しているのは今の数字ですよね。
日経が示した昨年末の数字なんて、今は公開してないですよね。
足しても日経の値になりませんにょ

 

>>44
そもそもあなたが残高でないと言いはるならば、あなたは正確な
残高とそのソースを知っているはずなんですよね。それはいくらで
そのソースは何なんですか?あと>>41と同じツッコミですが
マネオが公開しているのは今時点の数字ですから、
足しあわせても日経の数字にはならないわけで

 

これだけ穴があるのに、逃げるのはズルいですにょ

 

SBIソーシャルレンディング 2ch 投稿ログ2

643 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/06/10(金) 21:08:02.40 ID:dZs9y65N0
SBIのまだ募集してる。(´・ω・`)
さすがに億単位だとゆっくりだね。
忘れてて終わったと思ってたらラッキーだった。

 

SBIソーシャルレンディング 2ch 投稿ログ3

646 :
名無しさん@お金いっぱい。
2016/06/11(土) 13:46:27.00 ID:gY+VH+Bo0
しっかしsbiのサイトは見辛いのう

 

SBIソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは

「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。
2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。
欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
現在では金融業界でも一般的なものとなり「借りたい企業」、または「貸したい企業」の仲介を行う場合もあります。
また、現在ではサービスの内容によって主に「マーケット型」と「オークション型」の2種類に大別できます。
「マーケット型」はサービスの運営会社が借り手の格付けを行い、貸し手の希望とマッチングすることで仲介を行います。
なお、マーケット型で決められる利率は金融市場の相場や利率に近くなります。
2つ目の「オークション型」は借り手側がアピールを行い、貸し手側による入札でマッチングを行うものです。
「借り手側のアピール」と「貸し手側はそのアピールを見て貸すかどうかを決める」という組み合わせは一見、クラウドファンディングのようなものにも見えますが、貸し手側が入札するのは利率であり、一番安い利率を提示した貸し手のみがマッチングされる仕組みとなっております。
これはマーケット型とは異なり、入札状況では金融市場の相場より圧倒的に安い金利でお金を借りることができる可能性もありますし、逆に極端に高い利率でお金を借りることになる場合もあります。
また、借り手側は複数の貸し手と同時にマッチングできないのもクラウドファンディングと異なる点です。
これは借り手側の返済が滞るのを防ぐ為であり、必要な仕組みでもあります。
3つ目の「貸付型・ファンド型」は借り手の格付けをサービスの運営会社が行うのはマーケット型と同じですが、格付け結果を元に金利、金額、期間などを決めます。
また、借り手側は保証人や担保が必要になる場合があります。
それらの条件を元にサービスの運営会社は貸し手側にファンドの形式で提案、募集をする仕組みとなっています。
この貸付型・ファンド型は日本経済の実態に合わせて誕生したサービスで、日本独自のソーシャルレンディングは世界でも珍しいタイプとなっています。

更に、これらのサービスを提供している事業者も細かく分類すると貸金業法の融資によって得た利息を収益とする「貸付型」と国内・海外の事業者などに投資してその配当を収益とする「ファンド型」があります。

 

インターネットの普及に伴いサービスの規模が拡大してきたソーシャルレンディングですが、掲示板サイトの「2ch」でも専用の掲示板(スレッド)が立てられ、日々様々な情報が流れています。
掲示板(スレッド)はサービスを提供している企業毎に立てられていますが、これは投資家が新しい投資先を探すのにインターネットは今や必要不可欠なもので、常に経済の最新情報が流れる2chもまた投資先の検討材料になっている為でもあります。
そして今、最も話題を集めているのがSBIが提供している「SBIソーシャルレンディング」です。
インターネットを活用することで金融流通を効率化し、金融市場で常に規模を拡大しているSBIはソーシャルレンディングにおいても魅力的であることから多くの投資家からの支持を得ています。

 

上記の分類で分けると、SBIソーシャルレンディングは2011年にマーケット型としてサービスを開始しました。
SBIが同サービスを提供していたのは借り手と貸し手はいづれも個人でしたが、当時の金融法などが問題となったことで順調に規模を拡大させることができずサービスの撤退を余儀なくされました。
その後、国内では個人や企業から集めた資金を企業に融資する「貸付型・ファンド型」の形式を採用した新しいサービスの提供を開始しました。
これが「SBIソーシャルレンディング」です。
SBIソーシャルレンディングが謳うソーシャルレンディングとは貸付け事業に投資する投資家の募集を行うもので、「インターネットの活用で低コスト経営を行うことが可能であること」、「一般的な借入れ、または貸付事業と比べると借り手には低金利、貸し手側には高利回りになること」を提案しています。
SBIは自身が運営するホームページで投資家を募集し、投資家と匿名の組合契約を締結して投資資金を集めます。
また、SBIは同じくホームページで借り手を募集します。
借り手とも金銭消費貸借契約を結び、投資家から集めた投資資金を貸し付けます。
このように借り手側と貸し手側が直接的な取引を行わない「貸付型・ファンド型」であるのが特徴です。
貸し付けた投資資金は先に結んだ金銭消費貸借契約に従って回収を行います。
返済方法は初回のみ銀行振込、以降は銀行引き落としと決まっていて明確になっています。
回収した金額から各種手数料や源泉税を控除した額を投資家に配当することで投資家も資金を回収していきます。

関連ページ

SBIソーシャルレンディングの2chを見てみよう!
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディング 貸し倒れ
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディング 裏話
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディング 織田
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディングの評判を徹底的に調べてみた!
SBIソーシャルレンディングはSBI証券などとも連携して多彩な商品展開をしながらも安定した投資物件を多数提案しており、インターネット上でも話題の運用会社の一つです。 SBIソーシャルレンディングは不動産投資を中心に商品化していますが、ソーシャルレンディングの良さを最大限生かした商品展開などもあり、評価は良い傾向があります。
SBIソーシャルレンディングに投資するべき3つの理由
SBIソーシャルレンディングといえば、老舗の投資会社が行っているソーシャルレンディングですが、さまざまな利点がある投資会社であり、ソーシャルレンディングを使った投資をするなら選択肢の一つとして必ず入ってくる会社です。 SBIソーシャルレンディングを利用した投資をする理由は主に3つのポイントがあります。 一つは安全性、2つ目は豊富な投資案件、3つめは出資者の立場に合わせた投資案件の紹介です。