SBIソーシャルレンディング 評判

SBIソーシャルレンディングはSBI証券などとも連携して多彩な商品展開をしながらも安定した投資物件を多数提案しており、インターネット上でも話題の運用会社の一つです。
SBIソーシャルレンディングは不動産投資を中心に商品化していますが、ソーシャルレンディングの良さを最大限生かした商品展開などもあり、評価は良い傾向があります。

 

SBIソーシャルレンディングはSBIグループとしてソーシャルレンディングを専門に行う会社です。
もともと大口投資家や金融機関向けの商品が得意なグループですが、個人向けにも進出してきており、その一つの運用方法としてソーシャルレンディングが選ばれています。
この投資方法はインターネット上で広く出資を募る方法ですが、もともとは金融機関が手助けをしない中小の案件を社会的に意義がある場合に融資を募ったことが始まりとされています。
そのため、単なる投資手法としてだけではなく、社会的に意味のある投資であることが重要であると考えられており、この企業でも社会的な意義をしっかり踏まえて商品化を進めているのも好評を得ているポイントとなっています。
投資としては一口1万円程度から出資ができ、3年程度の長期契約となることが多いです。
投資運用期間については固定式となっていて他の運用会社のように自由度はそれほど高くありません。
ただし、長期契約が必須な点については資産運用上重要性があると感じている方も多く、それほどマイナス評価はありませんでした。
利回りについても安全性を重視した商品展開のため、他の運用会社のような派手な利回りはありませんが、安全性を重視した投資スタイルを選ぶ方お多いことから逆に評価されている場合が多いようです。

 

SBIソーシャルレンディングの商品の評判は事業を実際に選ぶことが必要ないスタイルが特に評価されています。
商品の多くは単独の融資案件ではなく、複数の事業をまとめて証券化していることが多いです。
このようなファンド化は経験と知識が重要になりますが、SBIグループとして数多くの案件をこなしてきていることから問題なく証券化されています。
そのため、事業自体の選択というよりもファンドの選択となります。
ファンド自体のリスクや利回りは事前にしっかり説明されますので選択に至っては不利と感じる方は少ないです。
また、リスクが分散されますので万が一の際の対応もしやすくなります。
投資としてはソーシャルレンディングの形式を利用していますので投資期間の間、毎月利回りがあります。
その際、出資額や投資期間によらず、固定された利率で配分されるのが特徴です。
大口投資家と個人投資家が同じ利率であることはとても珍しく、個人投資家向けの案件として好評を得ている理由の一つとなっています。
インターネット上のブログやSNSでの書き込みをチェックしてもこの点がもっとも評価されているようです。
ただし、大口投資家にとっても利回りがいいことからそれほどマイナスに考える方は少ないようです。

 

SBIソーシャルレンディングでは投資の仕方を大きく分けて2つ用意しています。
1つは従来のソーシャルレンディングのように1口数万円で出資できる方法、もう一つはSBI証券に預けている株式を担保に出資できる方式です。
どちらも1万円程度から出資できますが、株式を利用する手法は他の運用会社ではあまり行われていない方法であり、SBIグループのような大規模投資グループだからできる方法として評価さえています。
株式を利用する方法は安定株式を長期保有する投資家にとって大変メリットが大きい投資手法となります。
株式が安定していたとしても利回りをさらに得る方法として利用できるだけではなく、リスク分散の意味でも活用する方が増えています。

 

SBIソーシャルレンディングを利用している方の多くは個人投資家ですが、大口の投資家も参加してきているようです。
そのため、各ファンドはすぐに埋まってしまうことが多く、競争が激しくなってきているのがネックだと考える方も多いほどです。
ただし、利回りの良い投資案件は次々と用意されてきており、投資の機会は多数あります。
また小口投資も可能ですから、お試しで運用するという方も多くいます。
投資初心者が安心して投資ができる点でもメリットがある運用会社として評価されることが多くなっています。
各SNSやブログ、2chなどの評価を集めると安定志向の投資家には絶大な信頼感を得ているのに対し、短期取引を基本とした投資家からは不満の声も聞こえてきます。
投資はそれぞれの投資スタイルがばらばらであり、運用資産額も違います。
しかし、安定志向の投資家が増えてきていることもあり、この企業を利用してソーシャルレンディングを始める、もしくは出資額を増やそうと考えているという方も多くなってきており、今後の投資トレンドの中心にいる運用会社の一つであると考えられます。

関連ページ

SBIソーシャルレンディングの2chを見てみよう!
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディング 貸し倒れ
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディング 裏話
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディング 会社概要
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディング 織田
「ソーシャルレンディング」はインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつける融資の仲介サービスです。 2005年にイギリスで始まった仲介サービス「ZOPA」が世界で初めてのソーシャルレンディングとされています。 欧州から始まったこのサービスはその後も拡大を続け、アメリカやドイツ、中国、韓国がそれに続き今に至ります。
SBIソーシャルレンディングに投資するべき3つの理由
SBIソーシャルレンディングといえば、老舗の投資会社が行っているソーシャルレンディングですが、さまざまな利点がある投資会社であり、ソーシャルレンディングを使った投資をするなら選択肢の一つとして必ず入ってくる会社です。 SBIソーシャルレンディングを利用した投資をする理由は主に3つのポイントがあります。 一つは安全性、2つ目は豊富な投資案件、3つめは出資者の立場に合わせた投資案件の紹介です。