LCレンディング 2ch

ソーシャルレンディングはさまざまな会社が参入していますが、大きな投資グループからソーシャルレンディング専門会社が生まれてきています。
LCレンディングはロジコムグループのソーシャルレンディング専門会社であり、不動産投資を中心に多くの事業を成功に導いてきています。

 

ソーシャルレンディングは不動産を始めさまざまな事業がありますが、中でも安定した事業をするという意味では不動産投資が進められるケースが多くなっています。
不動産投資が選ばれる理由としては一般的な投資の一つであること、また、従来の投資の経験がそのまま活かせるからなどがあります。
LCレンディングの場合もグループ会社で不動産投資をしてきており、新たに立ち上げた会社でさらなる事業を進めてきています。
充実したグループであり、扱い資金量も豊富ですが、ソーシャルレンディングについては新規参入となります。
そのため、ノウハウ等が心配されますが、その点について日本でもっとも厳しい意見が多い2chにてチェックしたいと思います。

 

2chは匿名性の掲示板として日本でインターネットが発展したのと同様にスタートして今でも最大の掲示板として名を馳せています。
しかも、扱うカテゴリはインターネット関係だけではなく、さまざまな分野に至っています。
そのため、投資会社についても多数の掲示板があり、LCレンディングについても幾つかの掲示板で話題となっています。
話題としては3つの方向性があり、利益が上がっているか、事業の種類、実際の事業の評価などがあります。
利益については公開情報のほか、実際の顧客が書き込むこともあり、かなり正確な数字が出ていると考えられます。
それによるとかなり安定志向の事業が多いことが分かり、収益についてもおもしろみが無いが堅実という評価をしている方が多いようです。
匿名なので信憑性にはかけるところがありますが、多くの掲示板で同様の評価を受け、本名で書かれているブログでも同様の評価が多いことから見当違いな書き込みではないと考えられます。
また、事業自体についての評価は割れています。
悪い意味ではなく、驚きのある事業ではないという意味で評価が割れているようです。
利益が上がればどんな事業でもいいという意見と社会的に意義のある事業をもっとするべきだという意見もありました。
ただ、全体としては好意的に見られているようです。
会社自体への評価はそれほど多くなく、母体がロジコムグループであることから安心して利用してもよいという評価になっていました。
投資会社への評価はそれほどどこも高くないことを考えれば十分高い評価と考えられます。

 

ソーシャルレンディングを実施している企業について考える際、社会的な評価を気にする方が多くなっています。
それは他の投資とは違って利益ばかりを追求する投資法ではないからです。
重要な事は社会へしっかり還元することとなります。
そのため、中小企業が銀行からの融資を受けられない場合に事業へ融資するなどが求められているのですが、実際にはそれほど多くはありません。
まだまだ、調査能力が足りないからと言われていますが、出資者自体の投資に求める事業とミスマッチをしているからと言われています。
不動産投資の場合も社会的意義を問われるようになってきていますが、LCレンディングの事業は比較的社会に貢献できる事業が多くなっています。
もちろん、利益率が重要ではありますが、多少リスクがあっても意義があれば商品化していく姿は好評を得ています。

 

投資については単独事業を行うケースもありますが、ロジコムグループであることから複数の事業をまとめて証券化して販売するケースも少なくありません。
複数の事業をまとめることはリスク分散の意味でも意義があります。
また、利回りが低い安定した事業だけでは出資者がついてきてくれないこともあり、利回りを上げるために多少リスクがある物件と一緒に運用することで利益をあげようとする投資商品も登場しています。
事業は何でも証券化できますので投資事業としては無限にあることになります。
ただし、出資者の多くが投資に詳しくないケースがこの投資手法では多いことから複数の事業をまとめるにしても分かりやすい説明が求められ、利回り等も複雑にしないケースがほとんどです。
ハイリスクな商品は少なく、定期預金並に手軽に申し込めることが多くなっています。

 

インターネットを使って出資を募るこの投資方法はまだまだ日本では定着しつつある段階ですが、多くの投資家が注目しており、リスク分散の意味も含めて他の投資と一緒に運用するケースが多くなっています。
特にLCレンディングが行っているような不動産投資はリスクが少なく、リターンもある程度期待できることもあり、出資者が大変多くなってきています。
しかも、不動産の住所等も公開されますので競争が激しい商品が多くなってきています。

関連ページ

LCレンディングの評判を徹底的に調べてみた!
LCレンディングはロジコムグループの100%子会社であり、ソーシャルレンディング専門会社として多くの実績を上げてきています。 ロジコムグループといえば不動産事業で国内でも有数の企業のひとつですが、その子会社であるLCレンディングもさまざまな事業で多くの実績を上げています。 ソーシャルレンディングは日本ではまだまだ認識されていない投資の方法でもありますが、定期預金がほとんど利回りがないこともあって初めての投資として注目が集まっています。 そこでLCレンディングが行っている事業がどのような評価を得ているかを調べてみました。
LCレンディングに投資するべき3つの理由
LCレンディングは上場会社のロジコムグループの100%子会社です。 他のグループ会社では不動産投資を中心にさまざまな事業を行ってきていますが、特にLCレンディングでは一般顧客向けの投資としてソーシャルレンディングを提供しています。 ソーシャルレンディングはインターネット上で広く出資者を募る方式ですが、さまざまな事業者が参入していることで選択がとてもむずかしくなってきています。