LCレンディング 投資

LCレンディングは上場会社のロジコムグループの100%子会社です。
他のグループ会社では不動産投資を中心にさまざまな事業を行ってきていますが、特にLCレンディングでは一般顧客向けの投資としてソーシャルレンディングを提供しています。
ソーシャルレンディングはインターネット上で広く出資者を募る方式ですが、さまざまな事業者が参入していることで選択がとてもむずかしくなってきています。
そこで注目されているのが、大手の投資会社がソーシャルレンディング専門に会社を作るケースです。
2chなどでも注目されており、ロジコムグループの情報量、物件数を元にどのような事業を提案するか期待されています。
多くのソーシャルレンディングを行っている運営会社からLCレンディングを選ぶ理由は主に3つあります。
それぞれ投資をするには重要な観点で着目されており、事業を選ぶ際の指標の一つとも言えます。

 

最初のポイントは信頼性です。
多くの運営会社があるので危ない企業も残念ながらあります。
しかし、投資をする上で運営会社までしっかりチェックするのはとても難しいことでもあります。
そこで大手の投資会社の参加の会社がまずは選ばれることが多くなっているのです。
ロジコムグループは日本国内でショッピングストアなどの大規模不動産を扱ってきており、証券化などでさまざまな商品化を実現しています。
中には複数の事業をまとめて証券化することでリスクを抑えながら利回りを高めにすることも実現できています。
事業の作成については扱っている不動産の有効活用だけではなく、さまざまなネットワークを駆使して物件を探しだしています。
ロジコムの豊富なネットワークから選んだ不動産を中心に扱うことで利回りをある程度確保しながらも安全性の高い商品化ができていると評価されています。

 

2つ目のポイントはリスク管理です。
同グループにアセットマネジメントをする企業がありますが、それらのノウハウも活かした事業化が行われています。
特に対象が一班の方々ということもあり、分かりやすく、また、リスクを抑えた事業展開が魅力的です。
各種の不動産はすべてが優良物件というわけではありませんが、証券化することでリスクを分散させ、トータルで利益を出せる仕組みとなっています。
ソーシャルレンディングでは複数の事業をまとめることも可能となっていますがわかりにくい商品が多くなっています。
しかし、こちらの商品はどれも初心者のかたにも理解してもらえるレベルにまで分かりやすさを追求した事業が多くあります。
また、初めて出資する方向けの商品も多数そろえており、リスクをしっかりと分散もしくは低下させながら出資できる体制を整えています。

 

3つ目は事業の中身です。
リスクを抑えた事業が多いのですが、それでもリスクを0にはできません。
しかし、ロジコムグループが持つネットワークから探しだした不動産の多くは優良物件であることが多く、事業化によって高利回りが期待できるものばかりです。
不動産の種類としてはショッピングモールなどがあり、ほとんどが入居率のとても高い物件ばかりです。
これは不動産自体の価値があり、さらにショッピングモールなどに変更することで価値を高めてきているからです。
長年の商業施設の運営のノウハウがロジコムグループとして蓄積されており、新規の事業であっても成功に導ける体制となっています。
また、ショッピングモールについてもレジャー施設として運用も可能となってきており、新たな事業が生まれてきています。
レジャー施設としてのショッピングモールはさまざまなファンドと連携することで出資が多くなっています。
ただし、出店数自体が増えていることから今後は他の形態も模索されていくと考えられています。

 

LCレンディングはソーシャルレンディングの良さを最大限生かした事業案を続々と提案しています。
得意の不動産事業関連証券を個人のお客様に提案することに特化して貯蓄に回るお金を出資して利益を追求していただける体制をつくりあげようとしています。
貯蓄については定期預金がもっともよく利用されますが、定期預金並の手軽さで利回りを5%から8%を目指す事業を用意しています。
定期預金は1%台という低金利も珍しくなく、長期的な事業としても魅力がありません。
また、LCレンディングの事業は毎月利回りがあります。
短期間の事業としても十分魅力があり、また、長期的な事業としても考えられる自由度があります。
定期預金など金融機関に預けるよりも魅力が沢山あります。
ただし、運用会社が信頼できなければ意味がありません。
その点においてもロジコムは長年事業を行っていることからさまざまな運用ノウハウも蓄積されており、また、アセットマネジメント専属会社とともにグループとして事業を開発していくことで出資者のさまざまなニーズを汲んだ事業を提案できる体制となっている運営会社です。

関連ページ

LCレンディングの評判を徹底的に調べてみた!
LCレンディングはロジコムグループの100%子会社であり、ソーシャルレンディング専門会社として多くの実績を上げてきています。 ロジコムグループといえば不動産事業で国内でも有数の企業のひとつですが、その子会社であるLCレンディングもさまざまな事業で多くの実績を上げています。 ソーシャルレンディングは日本ではまだまだ認識されていない投資の方法でもありますが、定期預金がほとんど利回りがないこともあって初めての投資として注目が集まっています。 そこでLCレンディングが行っている事業がどのような評価を得ているかを調べてみました。
LCレンディングの2chを見てみよう!
ソーシャルレンディングはさまざまな会社が参入していますが、大きな投資グループからソーシャルレンディング専門会社が生まれてきています。 LCレンディングはロジコムグループのソーシャルレンディング専門会社であり、不動産投資を中心に多くの事業を成功に導いてきています。 ソーシャルレンディングは不動産を始めさまざまな事業がありますが、中でも安定した事業をするという意味では不動産投資が進められるケースが多くなっています。