資産運用 FX

資産運用 FX

 

資産運用の一つにFXが挙げられます。
FXとはforeign exchangeの略号で、外国為替つまり外貨のことです。
日々のニュースでも今日の為替相場は1ドルが何円、1ユーロが何円と報道されているように、外国の通貨の価値と日本円の価値は相対的なもので、かつ日々変動しています。
この変動を利用して資産運用をしようとするのがFXです。

 

具体例を挙げますと、例えばいま100万円を持っているとします。
そして、1ドルが100円のときにこの100万円をドルに交換したとしましょう。
すると、100万円は1万ドルとなります。
仮に1年後に円安が進み、1ドルが120円になったとしましょう。
このとき、手持ちの1万ドルを今度は円に交換します。
すると、1万ドルは120万円となります。
元本は100万円であったわけですから、差額の20万円が利益になるというわけです。

 

もちろん利益が出ることばかりではありません。
上の例で、1年後に円安が進む代わりに円高となり、1ドル80円になったとしましょう。
この時点で1万ドルを円に交換すれば、80万円にしかなりません。
つまり20万円の損失を出したことになってしまいます。

 

この例は金利や手数料を考慮していませんが、実際には金利や手数料も関係してきます。
円預金に利息がつくのと同じように、外貨預金にも利息がつきます。
また、円と外貨を交換するには手数料がかかります。
これは銀行によっても異なりますが、一般的には1ドルあたり1円がかかることが多いようです。

 

これがFXの基本的な仕組みですが、実はFXにはもう一つ重要な要素があります。
それは証拠金取引というものです。
これについてはここで詳しく説明するだけの余裕がありませんが、証拠金というお金を積むことにより、自分が実際に持っているお金よりもはるかに大きい金額での取引が可能になるという仕組みです。
もちろん良いことばかりではなく、大きな利益を手にする可能性がある反面、大きな損失を生じる可能性もあります。

 

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

FXで資産運用してみる?
資産運用のすゝめ