FX

おすすめの資産運用方法は?

FX

まずはFXの簡単なご紹介から!

 

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。
日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。市場の動向を24時間常に監視しておく必要がある。これに対しては人工知能 (AI) に基づき市場動向により相場の変化に際して売り買いする機能を持った個人向けアプリケーションソフトが開発されており、それらの援用により個人投資家でも場合によっては高い収益を上げることが可能になっているが、最終的な責任は個人に掛かってくる。
引用:wikipedia

 

とあります。ただFXで勝てる人はなんと、、、、

 

1%以下

 

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

FX記事一覧

資産運用としてのFX取引

資産運用 FX資産運用の一つにFXが挙げられます。FXとはforeign exchangeの略号で、外国為替つまり外貨のことです。日々のニュースでも今日の為替相場は1ドルが何円、1ユーロが何円と報道されているように、外国の通貨の価値と日本円の価値は相対的なもので、かつ日々変動しています。この変動を利...

≫続きを読む

FXで資産運用してみる?

"昨今ほとんどの銀行において、10年定期預金でも利息が0.01%と、驚異的な低金利時代です。定期預金だけでご自分の資産運用しているのはもったいないです。預金は何もしていないのと同じといっても過言ではありません。損をしているくらいです。一部の資産をハイリターンなFXで活用するのはおすすめの資産運用法で...

≫続きを読む