資産運用 ツール ポートフォリオ

"資産運用においてポートフォリオは、重要な要素の1つとなります。
ポートフォリオを作成することは、資産の分散や投資内容を把握をする上においても役立ち、何よりもリスクの分散を図ることが可能になります。

 

資産運用は、リートや投資信託を利用する方法や、株式を利用する方法、現物不動産購入によるものなど様々な方法がありますが、初めて行う場合には、どのような投資形態が良いのかわからないことも多くあります。
また、ポートフォリオを構築する場合にも、タイプの異なる投資方法を組み合わせるのか、それとも、1つの投資スタイルで投資先を分散するのかいくつかの方法があります。

 

資産運用に関しては、ポートフォリオ構築をフィナンシャルプランナーからアドバイスを受けたり、ラップ口座を始めとして資産運用を金融機関等にすべて任せてしまう方法もありますが、ツールを利用することで自分でも行うことができるようになっています。
ポートフォリオ管理ツールは、例えば、投資信託に特化したものであれば、信託購入日、買付額を入力するだけで日々のパフォーマンスが確認できる内容となります。
ツールでは複数の商品を一元管理できるようになっており、ここでは、適格なポートフォリオとなっているのかどうか、投資をしながら確認をすることが可能になります。
中には、一瞬で、国内外の株式、債券、リート、現物商品の資産状況を把握できるものもあり、投資先の組み直しを図る上においても、非常に有効なツールになっています。

 

ツールは、一般的に広く利用されているものとしては、投資信託のほかに、株式や、両方で利用できるタイプのものもあり、株式の場合には、利益確定や損切設定機能がついているものもあります。

 

ポートフォリオツールを利用するにあたって考慮する点としては、まず、それぞれの投資スタンスによって選ぶツールが異なることがあります。
また、ツールには有料、無料があり、実際に使ってみなければわからないことがあります。
値段が高ければ、その分パフォーマンスの向上につながるわけではないために、使用では信頼性も含めて、事前に内容を確認をした上で判断をすることが大切になります。
"