資産運用

自分のアイディアを形にしたい人へ!おすすめ融資法

アイディアを形にしよう!

形に出来るアイディアはある、でも資金が足りず実現していない場合は、新しい融資方法が借り入れの選択肢となります。

ソーシャルレンディングとは、インターネットでお金を借りたい人、貸したい人を結び付ける仕組みで、次世代の融資法だといえます。

また、借り手のメリットが豊富ですから、アイディアを実現する為にまとまったお金が必要であれば、検討に加え選択を考えることをおすすめします。

種類は主に、サービス提供会社が審査を行うマーケット型、信用をアピールして出資者を募るオークション型、サービスの提供企業が借り手の条件を決めるファンド型の三つです。

それぞれ特徴が異なりますし、借り手のメリットの他に借り手のデメリットも存在しますが、目を通し比較して検討してみるだけの価値はあるでしょう。

マーケット型

マーケット型は、ソーシャルレンディングを提供するサービス会社の審査を経て、格付けが定まってから希望出来る融資の最高額が決まります。

貸し手は、サービスの提供会社が付けた格付けを頼りに融資を決定するので、格付けを行う企業の信用が重要となります。

借り手のメリットは、証明するのが難しい信用を第三者が代わりに証明してくれることです。

逆に、金利が常時変動しやすい点は、借り手のデメリットになると考えられます。

オークション型

二つ目のオークション型は、融資希望者が信用のアピールを行う必要性こそ借り手のデメリットですが、アピールの余地が大きく、融資額が増える可能性は借り手のメリットとなります。

個人情報は原則非公開なので、純粋に借り入れの目的や信用、そしてこれまでの実績を見せて出資を募ることが可能です。

信用が高く評価された場合は、平均的に低い金利で、大きな資金調達が実現する結果に繋がるといえるでしょう。

ファンド型

最後のファンド型は、貸付型とも呼ばれるタイプで、サービスを中心的に提供する企業の重要度が高い仕組みです。

サービスを提供する企業は、借り手の信用を審査した後、融資額や金利、融資の期間を決定して、この条件を飲み込む出資者を募ります。

場合によっては、保証人や担保が求められますが、反対に捉えればこれらを提出することで、融資の実現が現実のものとなることを意味します。

出資側には、投資という形で資金提供を促しますから、出資希望者が現れやすく、融資の実現可能性が高まることが魅力的です。

人気のみんなのクレジット

このように、ソーシャルレンディングといっても一つではなく、仕組みによって様々な借り手のメリット、借り手のデメリットがあります。

例えば、みんなのクレジットを挙げると、このサービスはファンド型が最も該当する仕組みで、活発な融資を実現している点が特徴的です。

更に、出資者は高いリターンが期待出来るので、人気が高く人が集まりやすいこともメリットだと評価出来ます。

金利がやや高くなる、といった傾向は借り手のデメリットとなりますが、貸し手のリスクはファンド型の仕組み、それにサービスの提供会社が吸収してくれるので安心です。

その為、出資希望者が現れない心配は少なく、むしろ人気が高まって活発な資金提供や投資に至っています。

みんなのクレジットが注目を集めている、これが活性化している人気や融資活動の証明で、本格的に利用を検討する切っ掛けとなるでしょう。

借り手側、貸し手側に共通して、サービス提供会社の経営が破綻する、というリスクの可能性はあります。

しかし、みんなのクレジットのように、金融商品取引業の認可を得た正規の業者であれば、信頼したり安心して利用出来るはずです。

実績が積み重なっている企業やサービスなら、経営に問題が発生する恐れは小さく、大手の金融業者に限りなく近い信用が認められると結論付けられます。

みんなのクレジットは、アイディアを形にしたい人を応援しているので、魅力的な仕組みを知って活用を始めると、必要な資金は比較的簡単に手に入ります。

返済方法は??

肝心の返済方法ですが、ソーシャルレンディングでは元利均等返済、元金均等返済、元本一括返済の三種類が一般的です。

元利均等返済

元利均等返済は、毎月の返済に元本と利息が含まれ、返済額は常に一定で変動しないので、毎月無理なく返せる魅力的な返済方法です。

加えて、借り入れと返済の計画が立てやすくなりますから、融資者にとっても安心して出資が検討出来る返済方法となるでしょう。

元金均等返済

一方の元金均等返済は、元本だけをまず毎月一定額を支払う返済方法で、利息は元本に合わせて支払うのが特徴です。

元本の残りに応じて、返済する必要のある利息も減りますから、継続的に返済を続ける程負担が軽くなるのが利点です。

、元本一括返済

これに対し、元本一括返済は金利の完済を先に目指すやり方で、元本の支払いが始まる返済終盤まで毎月の返済額が少なく済む、それが他とは大きく違うメリットです。

ソーシャルレンディングは、融資のあり方を変える画期的なアイディアで、審査の方法や基準も従来とは違いがあります。

旧来の金融業者では借り入れが受けられなかった人も、ソーシャルレンディングなら可能性が開けたり、アイディアを形にするチャンスが得られるでしょう。

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<


関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
不労所得と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用によって生じる利益と税金について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク
資産運用のすゝめ
先物取引市場の役割:資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用の中でも規模の大きい土地活用
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
資産運用で発生する税金
資産運用のすゝめ
少額でできる資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ