資産運用 レバレッジ

資産運用ではレバレッジという用語が出てくることがあります。
レバレッジとはてこという意味で、てことは中学校あたりで習ったように、小さい力で重いものを動かすためなどに用いられるものです。

 

資産運用の世界では、少ない資金で大きな運用をすることをこのてこになぞらえてレバレッジと呼んでいます。
ただし、最初に断っておきますが良いことばかりではなくリスクもありますので注意しましょう。

 

さて、レバレッジとはどういうものか、具体例を挙げながら説明しましょう。
例えば今10万円が手元にあり、これで資産運用を考えているとします。
当然ながら普通は10万円分の商品しか買えません。
ここでレバレッジをかけます。
もし10倍のレバレッジをかけると、10万円の10倍で100万円分の商品を買い、運用することができるようになるのです。

 

仮に、この商品が1年後に5%値上がりしたとしましょう。
10万円で運用していた場合、利益は5000円となります。
ところが10倍の100万円で運用していたとすると、利益も10倍の5万円になるのです。
元手は実は10万円であったわけですから、元手からみると実に50%の利益を挙げたことになります。

 

もちろん最初に述べたように、良いことばかりではありません。
利益が大きくなる可能性があるということは、損失も大きくなる可能性があるということだからです。
仮にこの商品が1年後に5%値下がりしたとすると、10万円であれば5000円の損失で済んだところ、100万円で運用していた場合は5万円の損失となり、元手10万円の実に半分を失ったことになってしまいます。

 

さらにレバレッジには注意すべき点があります。
それは、損失が膨らんで損失額が元手の額に達した場合、そこで強制的に取引終了され清算させられることです。
上の例でいえば、年度途中でも10%値下がりした場合、損失は10万円となり、元手と同じになります。
すると強制的に取引終了です。
もちろん10万円はそのまま損失として確定してしまいます。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
不労所得と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用によって生じる利益と税金について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
先物取引市場の役割:資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用の中でも規模の大きい土地活用
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
資産運用で発生する税金
資産運用のすゝめ
少額でできる資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ