土地活用 運用

"眠っているだけの土地はただの金食い虫にしかならず、相続するにしても税の負担は大きくなります。
そこで土地活用として自らの目的と状況に応じた運用をする必要があります。
もし運用が面倒であれば売却すれば済む話です。

 

所有している土地の立地や広さなどの特性を考慮し、目的に応じた土地活用を考えます。
その方法は目的別に考えれば、収入を得る手段と相続税を節税する手段の2つがあります。
不労所得の手段、余裕資金の獲得、資産形成の手段などから収入を得ることを考えた場合は、月間・年間で収入が利回りなどを含め、目標達成できるかシミュレーションします。
この収入を得る手段として、定期借地やマンションやアパートの賃貸経営、駐車場経営などが考えられます。

 

相続税対策ならば、節税効果の大きいアパート、マンション、戸建借家、貸事務所などがあります。
ただ建設費用などの費用を借入金で賄う場合、この返済が進めば節税効果は薄れていきますので注意です。

 

別の考えとして土地活用では、自前で賃貸経営する場合と、地主として土地を貸して収入を得る手段があります。
上記でも述べていますが、自前で賃貸経営する手段としてアパート、マンション、貸し事務所などを建設し、賃貸収入を得る方法です。
土地を貸して収入を得る手段としては、事業用地など事業者に20〜30年の期間で貸し出す定期借地、駐車場やコインパーキングなどがあります。

 

賃貸経営し収入を得る手段のメリットは、まず安定した収入を得られることです。
また上記のように相続税の節税効果も大きいのですが、入居者がいないなどの空室リスク、借り入れリスクも考えられますので注意です。
土地を貸すビジネスは、初期コスト、リスクが低く転用もしやすい反面、収益性はそれ程高くなく、相続効果も低めなので注意です。
どれも立地条件やニーズなどを踏まえて総合的に判断する必要があります。
また土地の特性を考慮し売却という手段が有効となった場合、事前に納税に備えておく必要があります。
"

関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
不労所得と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用によって生じる利益と税金について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク
資産運用のすゝめ
先物取引市場の役割:資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
資産運用で発生する税金
資産運用のすゝめ
少額でできる資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ