資産運用 利益

資産運用では株式や債券などのリスク商品に投資をすることになります。
株式や債券などのリスク商品を購入すると、市場動向に合わせた利益が得られる可能性が出てきます。
資産運用によって生じる利益としては、まず定期的に得られる配当金が挙げられます。
個別株式であれば、中間決算後と本決算後の年2回の配当を出す企業が多いです。
また、債券型の投資信託であれば、毎月1回の分配金を得ることが可能となります。
次に資産運用によって生じる利益としては、株式などを売却する時に得られる譲渡益があります。
個別株式では企業の株価が上昇すると、含み益が増えていきます。
含み益を抱えた状態で株式を売却すると、実現益として譲渡益が生じることになってきます。
資産運用における譲渡益はリスク商品の価格の上昇が大きくなると、配当金を遥かに上回る利益が得られる特徴があります。
資産運用によって生じた利益である配当金と譲渡益に対しては、証券税制で税金が掛かるようになっています。
現在の証券税制では配当と譲渡益に対しては、税率20%を収める必要が出ています。
そのため、配当や譲渡益では実際に受け取れる額というのは、全体の80%となります。
しかし、個人投資家ではNISAを活用することによって、配当や譲渡益に掛かってくる税率20%を非課税にすることが可能です。
個人投資家では証券投資に掛かる税金をゼロにできる制度として、3年前からNISAが始まりました。
NISA口座を金融機関で開設すると、その口座での取引した場合には配当や譲渡益に対しては税金が掛かりません。
そのため、NISAを活用すれば、配当や譲渡益をすべて受け取ることが可能となります。

しかし、NISAでは通常の証券口座にない制約条件があることに注意をする必要があります。
NISA口座では年間120万円までが投資限度額となっています。
また、NISAでは取引で損失が出てしまった場合には、損益通算ができないために損失をカバーする手段はありません。
しかし、NISAでは税金を非課税にできる魅力の方が大きいため、個人投資家であれば利用しない手はないです。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
不労所得と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク
資産運用のすゝめ
先物取引市場の役割:資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用の中でも規模の大きい土地活用
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
資産運用で発生する税金
資産運用のすゝめ
少額でできる資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ