資産 運用 税金

"資産運用の方法は人により様々な考え方があり、リスクを得ても大きな利回りを考える人とリスクは避けて確実な貯蓄を考える人があり、その手法も人により様々でしょう。

 

ただ、誰しも投資運用に取り組む人は多かれ少なかれ利益を求めています。

 

2014年以降少額投資非課税制度(NISA)が導入されると、投資運用に取り組む人は増加し、3人に1人が何らかの投資運用に取り組むと言われています。

 

投資にて得た利益は給与等で得た収入と異なり、課税制度が異なります。

 

配当利回りや金利収入、投信や公債などの投資商品の収益分配にて得た所得には所得税15%と地方税5%に復興特別所得税の0.315%の税金が徴収されます。

 

日本では所得税に採用されている累進課税方式にて、高所得者が低所得者に比べて税率が高くなるため、高額所得者は収入割合からすれば低所得者に比べて非常に大きな割合の税金を負担することとなります。

 

 

投資運用で得る所得は売買差益であるキャピタルゲインと配当などのインカムゲインがあり、これらは一般所得とは別の課税として算定されます。

 

株式投資では、特定口座を開設すると証券会社が手数料と税金を計算し差額のみを受け取ることができます。

 

一般口座開設者は、確定申告にて税金を納付しますが、投資運用で発生した損失がはどちらも損益通算が可能となります。

 

投資運用にはリスクが伴うため、メリットが高いとは言い切れませんが、利益が出たときや一定以上の大きな資産を保有する人では分離課税のメリットは高いです。

 

株式投資得た利益は、金額の大小にかかわらず、20.315%であり、配当所得では確定申告にて10%返礼され、損益通算が行われます。

 

資産運用に課税される分離課税は一般所得のように収入が増えるごとに課税割合が上がることがないため、税制面でのメリットが高いですが、リスクが存在するため、リスク管理と投資の知識を正しく持って取り組むことが良いでしょう。
"

関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
不労所得と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用によって生じる利益と税金について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク
資産運用のすゝめ
先物取引市場の役割:資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用の中でも規模の大きい土地活用
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
少額でできる資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ