少額 資産運用

"一般的に資産運用というと、ある程度のまとまった資金が必要になると思っている人が多いものです。
それは半分は正しい認識だと言えるでしょうが、逆に言えば、もう半分は間違った認識だとも言えます。
確かに不動産投資などを考えてみると、マンションやアパートの経営でインカムゲインを稼ごうと思ったら、最初に高額の資金が必要になることは多くなります。
それはキャピタルゲインを稼ごうと思った場合も同じことです。
おそらく数百万円か数千万円の資金が必要になることでしょう。

 

しかし、そんな不動産投資でも、もしも不動産投資信託をするならば最初の自己資金は数万円か数十万円程度でも行うことは可能です。
ですから一見すると大金が必要になると思われる不動産投資でも、工夫次第では少額から始めることも十分に出来るのです。

 

それから少額から開始できる資産運用で絶対に忘れてはならないのが、各種の預金商品です。
たとえば銀行の普通預金や定期預金などでも、それらは立派な資産運用の一種なのです。
要するに自分の大切な資産を運用して、何とかして少しでも増やせればいいのです。
その観点から考えれば、預金商品も間違いなく資産を運用していることになるのです。

 

しかし世の中の多くの人たちは、預金商品ではあまりにもリターンが小さいので、それは資産運用とは呼べないのではないかと誤解している人も少なくないのです。
確かに日本は長く超低金利の時代が続いていますから、定期預金や普通預金などでは利息も微々たるものです。
しかしその代わり、預金商品の安全性の高さは抜群に高いのです。
それは非常に大きなメリットだと考えられますので、決して侮ったり甘く考えてはいけないでしょう。

 

とにかく資産の運用に際しては、少しでも増やすことは大切ですが、少しでも減らさないようにすることもまた、増やすこと以上に大切な心掛けなのです。
ですから少額から始められる預金商品も、たとえ数千円や数万円程度であっても、有効な資産運用の方法の一つなのです。
"

関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
不労所得と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用によって生じる利益と税金について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク
資産運用のすゝめ
先物取引市場の役割:資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用の中でも規模の大きい土地活用
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
資産運用で発生する税金
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ