先物取引 仕組み 資産運用

先物取引というのは、将来のある時点において現物と交換することの出来る権利を売買するという仕組みです。
ですから、これを利用することで効率的な資産運用をするということも可能です。

 

もともと、この先物取引というのは、日本ではお米で始まったといわれています。
江戸時代にお米が通貨としての役割も果たしていた時に、米問屋が商売に必要なお米を必ず仕入れておきたいということで、この権利を売買するようになったといわれています。
お米というのは豊作のときもあれば、不作の時もあるという不確実なものです。
ですが、商人としてはそのようなことに関係なく常に必要なものですから、これを権利として必要な時には確保できるようにしたシステムといってもいいでしょう。
これは資産運用の考え方と似てきます。
ですから、先物取引は資産運用に向いているわけです。
何しろ権利の売買ですから現物と違って保管や運搬といったものに手間がかかりません。
今ではほとんどの先物商品はデジタルデータで売買されることになっているでしょうから、いつでもどこでもモバイル端末でワンクリックで売買できるようになっています。
ですから、いつでも誰でも取引できる金融商品といえるでしょう。
権利のやり取りなので手数料も現物取引と比較すれば格段に安くなっていて、保管や管理に費用がかからないものがほとんどなのも魅力的です。
レバレッジといわれる手元資金以上の取引も可能なものが多く、効率的な資産運用が出来る金融商品でもあります。

 

このため、最近ではいろいろな取引が先物取引で可能となってきています。
金なども先物で取引することが出来ますし、大豆などの農産物もかなり取引可能です。
手数料が安いですから、今では個人でも資産運用を考える人が増えてきています。
仕組みが分かれば先物取引というものが怪しいものではなく個人の資産を増やすことにも、防衛することにも使える魅力的な金融商品だということが分かるはずです。

関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
不労所得と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用によって生じる利益と税金について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用の中でも規模の大きい土地活用
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
資産運用で発生する税金
資産運用のすゝめ
少額でできる資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ