資産運用 不労所得

資産運用にもいろいろありますが、究極的には不労所得が得られるに越したことはないでしょう。
不労所得とはその名前のとおり働かずに得るお金のことで、世間的にはあまり良いイメージはないかもしれませんが、自分が働く代わりにお金に働いてもらっているということもできます。

 

もちろんどんな資産運用であっても、そこから得られる所得があればそれは不労所得だということもできます。
しかし、例えば銀行預金など年利が0.1%であれば、あまりそのように呼ぶことは少ないでしょう。
仮に1000万円というまとまった金額を資産運用したところで、年利0.1%では利益は1万円に過ぎません。
1万円であっても所得は所得に違いはありませんが、普通は何か違うということになるでしょう。

 

理想的には、本当に自分が働かずとも良いくらいの所得を資産運用で得ることにありますが、もちろん一足飛びにそこまで行かずとも、ちょっとした小遣いにさえならないような年間1万円といったレベルではなく、せめてある程度の小遣い、望ましくはそれなりに収入の足しになるくらいの所得が得られることを目指したいものです。

 

もちろんそれだけ運用益を挙げようと思えばリスクも高くなることが一般的です。
例えば株式などはそうかもしれません。
株価は大きく上昇することもありますが、逆に大きく下落することもあります。
もちろん配当金や株主優待というのはそれなりに安定した所得にはなるでしょうが、株価そのものが乱高下するのはちょっと、という人は多いかもしれません。

 

他には不動産投資が考えられます。
こちらは安定した家賃収入が得られるのが魅力的ではありますが、これも借主がいてくれての話です。
空き家になってしまえば全く資産運用していないのと同じことで、それがリスクになります。
また、株式その他は少なくとも長期にわたって価値が下落していくという性質のものではありませんが、不動産、建物に関してはそうではなく、経年劣化があることにも注意する必要があります。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

福利を意識した資産運用について
資産運用のすゝめ
元金補償の観点からみる資産運用
資産運用は完全な元本保証というのはありません。 銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。 銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。
資産運用の種類について
資産運用のすゝめ
初心者でも安心!資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
利回りの要素から見る資産運用
資産運用のすゝめ
銀行が始めている資産運用について
資産運用のすゝめ
ローリスクな資産運用法について
資産運用のすゝめ
意外と堅実な国債を使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の目的設定から考える運営方法
近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。 また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。
年利から考える資産運用について
資産運用のすゝめ
投資と資産運用について
資産運用のすゝめ
資産運用によって生じる利益と税金について
資産運用のすゝめ
資産運用の考え方と活用法
資産運用のすゝめ
資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク
資産運用のすゝめ
先物取引市場の役割:資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用の方法について
資産運用のすゝめ
資産運用の中でも規模の大きい土地活用
資産運用のすゝめ
資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果
資産運用のすゝめ
資産運用の初心者にとって重要な心構え
資産運用のすゝめ
資産運用は専門家に相談しましょう
資産運用のすゝめ
資産運用で発生する税金
資産運用のすゝめ
少額でできる資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?
資産運用のすゝめ