資産運用

おすすめの資産運用方法は?

資産運用とは

まずは資産運用の簡単なご紹介から!

 

資産運用においては運用会社より様々なサービスが提供されており、それらのリスクとリターンに鑑みて、自身の資産をどのように運用するかという基本設計から始まる。 サービスの中には「元本は保障するが、リターンの少ないもの」(ローリスクローリターン)、「元本を保証しないが、リターンの大きいもの」(ハイリスクハイリターン)がある。
引用:資産運用 - Wikipedia

 

とあります。ただ資産運用で得する人はなんと、、、、

 

5%以下

 

 

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

資産運用の極意記事一覧

福利を意識した資産運用について

資産運用をする場合、もちろんどんな商品で運用するかということも非常に重要ですが、それとは別の切り口で、複利で運用するということが重要になってきます。福利というのは何かというと、いわゆる利子が利子を生む状態です。ある商品を1年間運用したとすると、元本に対していくばくかの利子、運用益がつきます。これを引...

≫続きを読む

元金補償の観点からみる資産運用

資産運用は完全な元本保証というのはありません。銀行の預金にしても、銀行が破たんすれば、1000万円と利息分は保証されますが、それ以上の金額は戻る保証がありません。銀行が破たんする可能性が極めて低いので、預金は元本保証のように見えるだけです。資産運用の収益率はリスクプレミアムによって成り立ちます。リス...

≫続きを読む

資産運用の種類について

資産運用ではいくつかの種類の資産クラスに分散してポートフォリオを組むことが重要です。資産運用の種類としては、まず株式を対象とした資産クラスがあります。株式を対象とした商品では、国内の上場企業へ投資をする個別株が挙げられます。個別株は株価の変動が大きくなる傾向があり、比較的リスクの大きい金融商品となり...

≫続きを読む

自分のアイディアを形にしたい人へ!おすすめ融資法

アイディアを形にしよう!形に出来るアイディアはある、でも資金が足りず実現していない場合は、新しい融資方法が借り入れの選択肢となります。ソーシャルレンディングとは、インターネットでお金を借りたい人、貸したい人を結び付ける仕組みで、次世代の融資法だといえます。また、借り手のメリットが豊富ですから、アイデ...

≫続きを読む

初心者でも安心!資産運用の方法について

投資というものにはリスクがつきものですが、初心者でも安心できる資産運用の方法などというものがあるのでしょうか。まず、なぜ投資にはリスクがあるのかと考えてみますと、投資対象の今後の値動きについて合理的に予測することができる科学的な方法などといったものが存在しないからです。投資の法則というものがあるとす...

≫続きを読む

利回りの要素から見る資産運用

投資運用にはリスクの高い商品とリスクの低い商品、元本が保証される商品などがあります。多くの投資家が目的とするのが利回りです。利回りは投資元本に対する利子と運用益の割合で、1つの投資において出た利ザヤと配当となります。定期預金などの場合、利ザヤはありませんが特別金利などの利息が普通預金に比べて高く付き...

≫続きを読む

銀行が始めている資産運用について

大手都市銀行でも地方銀行でも、そしてインターネット・バンクでも、全ての銀行においては資産運用のための様々な金融商品や投資商品などを取り扱っています。そして顧客のために、「この商品が堅実で良いですよ」とか「こちらなら、より高いリターンが見込めますよ」などと言ってお勧め商品を紹介してくれたりするのです。...

≫続きを読む

ローリスクな資産運用法について

資産運用をしたいが、リスクの大きい商品は困る、元本割れすることのない商品で資産運用したいと考えている人は多いでしょう。誰しも持っている資産が減るのはいい気持ちはしません。あせりやイライラを産むことにつながり、それがさらに資産運用で悪影響を及ぼすこともあります。ということで、リスクの少ない資産運用、ロ...

≫続きを読む

意外と堅実な国債を使った資産運用

資産運用には、不動産、株式、債券、先物等々多くの運用方法があります。資産運用のポイントは、運用額にもよりますが、いかに元本を守りながら高利を目指すかということになります。従って、ハイリスクハイリターン商品から元本保証の商品まで、リスクを分散しながら運用していくことになります。このような商品の中で、昔...

≫続きを読む

資産運用の目的設定から考える運営方法

近年、株主優待制度が多くの人に知られることで、株式投資に興味を持つ人が増えました。また、相続税の基礎控除の引き下げによって、今まで相続税に無関係であった人にとっても、節税目的での資産運用に関心を持つ人が増加しています。資産運用を行う場合、その目標や目的によって、投資する対象やその期間が大きく変わって...

≫続きを読む

年利から考える資産運用について

日本では今年からマイナス金利が導入されており、今後もマイナス金利適用の長期化が予想されています。マイナス金利下の金融環境では、年利から考える資産運用をすることが重要度を増すことになります。銀行での預金においては、定期であっても年利はほぼゼロに近い状況があります。そのため、安全資産である預金では、健全...

≫続きを読む

投資と資産運用について

投資と資産運用は、同じ言葉のように使われることがありますが、実は意味が違います。投資とは、資金を投じて利益を得るという行為そのものを指します。資産運用は、保有している資産を運用して増やしていくことを指します。不動産投資では、不動産価格の2割〜3割程度の資金を投入しますが、残りは不動産投資ローンを組む...

≫続きを読む

不労所得と資産運用について

資産運用にもいろいろありますが、究極的には不労所得が得られるに越したことはないでしょう。不労所得とはその名前のとおり働かずに得るお金のことで、世間的にはあまり良いイメージはないかもしれませんが、自分が働く代わりにお金に働いてもらっているということもできます。もちろんどんな資産運用であっても、そこから...

≫続きを読む

資産運用によって生じる利益と税金について

資産運用では株式や債券などのリスク商品に投資をすることになります。株式や債券などのリスク商品を購入すると、市場動向に合わせた利益が得られる可能性が出てきます。資産運用によって生じる利益としては、まず定期的に得られる配当金が挙げられます。個別株式であれば、中間決算後と本決算後の年2回の配当を出す企業が...

≫続きを読む

資産運用の考え方と活用法

資産運用の考え方としては、基本となるものがあります。それは、ある一つだけの商品で手持ちの全ての資産を運用しないということです。俗に、卵を一つのバスケットに全部まとめて入れない、というように言われることもあります。どれだけ魅力的な商品に見えてもそこには必ずリスクがあります。大きく商品価値が減少する可能...

≫続きを読む

資産運用特集!借入金のレバレッジ効果とリスク

資産運用ではレバレッジという用語が出てくることがあります。レバレッジとはてこという意味で、てことは中学校あたりで習ったように、小さい力で重いものを動かすためなどに用いられるものです。資産運用の世界では、少ない資金で大きな運用をすることをこのてこになぞらえてレバレッジと呼んでいます。ただし、最初に断っ...

≫続きを読む

先物取引市場の役割:資産運用

先物取引というのは、将来のある時点において現物と交換することの出来る権利を売買するという仕組みです。ですから、これを利用することで効率的な資産運用をするということも可能です。もともと、この先物取引というのは、日本ではお米で始まったといわれています。江戸時代にお米が通貨としての役割も果たしていた時に、...

≫続きを読む

資産運用の方法について

"ある程度お金が貯まったら財テクで資産運用する方法を考えます。財テクでお金自身に働いてもらい、お金を稼ぐという方法です。普通預金に預けているだけではお金は増えてくれません。低金利の時代なので定期預金もそこまで利息がついてこない時代です。財テクでお金を貯めるためには、リスクを知って積極的に自分のお金を...

≫続きを読む

資産運用の中でも規模の大きい土地活用

"眠っているだけの土地はただの金食い虫にしかならず、相続するにしても税の負担は大きくなります。そこで土地活用として自らの目的と状況に応じた運用をする必要があります。もし運用が面倒であれば売却すれば済む話です。所有している土地の立地や広さなどの特性を考慮し、目的に応じた土地活用を考えます。その方法は目...

≫続きを読む

資産運用でマンション経営を選んだ決め手は節税効果

"税金には毎日の買い物と切っても切れない消費税を始め、所得税・法人税・相続税などさまざまな種類があります。中にはゴルフ場利用税や温泉利用税といった日常生活とは縁が薄い税金があったり、東日本大震災の復興財源として新設された復興特別所得税のように新設されるものがある一方で、役目を終えて廃止になる税金もあ...

≫続きを読む

資産運用の初心者にとって重要な心構え

"資産運用をしようと考えている方は日本でも増えてきています。大企業でなければなかなか給料が上がらない時代なので、他の方法でも稼ごと考えるのは全くおかしな選択ではありません。株や投資信託、FXといった金融投資やマンション経営や駐車場経営などの不動産投資、他には保険も資産運用の一つになります。ただ、初心...

≫続きを読む

資産運用は専門家に相談しましょう

"どんなタイプの資産運用であったとしても、最初は誰でも初心者です。あらゆる意味で、知識も乏しければ経験も不足しています。ですからそれを行うに際しては、まずは専門家に相談してからにすべきだと言えます。安全で堅実な運用を第一に考えるなら、基本的に、それが最も優れたやり方だと言えるでしょう。しかし、専門家...

≫続きを読む

資産運用で発生する税金

"資産運用の方法は人により様々な考え方があり、リスクを得ても大きな利回りを考える人とリスクは避けて確実な貯蓄を考える人があり、その手法も人により様々でしょう。ただ、誰しも投資運用に取り組む人は多かれ少なかれ利益を求めています。2014年以降少額投資非課税制度(NISA)が導入されると、投資運用に取り...

≫続きを読む

少額でできる資産運用してみる?

"一般的に資産運用というと、ある程度のまとまった資金が必要になると思っている人が多いものです。それは半分は正しい認識だと言えるでしょうが、逆に言えば、もう半分は間違った認識だとも言えます。確かに不動産投資などを考えてみると、マンションやアパートの経営でインカムゲインを稼ごうと思ったら、最初に高額の資...

≫続きを読む

資産運用のために興味を持っているが、どうすればいいの?

"もしも資産運用に関して興味があるのなら、一度、金融業界全般を見回してみましょう。そして、自分がより興味を惹かれる分野を整理してみることをお勧めします。その結果、たとえば銀行や信用金庫などに関心があれば、資産運用について相談に行くと良いでしょう。きっと何かのヒントや切っ掛けが得られるはずです。また、...

≫続きを読む