資産運用 保険 種類

日本の預金金利は世界的に見ても極めて低く、金融機関に預金をしても0.2%程度の金利で、付加された金利から税金が引かれると文字通り雀の涙という言葉がぴったりとなります。

 

銀行に預けるメリットは預金を安全に保管するということで、金利はそれほど期待できませんので資産運用とまではいかないでしょう。

 

2000年以降日本版金融ビッグバンを経て金融商品の手数料自由化となると、投資運用に資金を投じる人が多くなりましたが、投資運用にはリスクが付くため、抵抗があるという人も多いでしょう。

 

2014年より導入されたNISA(少額投資非課税制度)にて100万円までの枠が2016年より120万円まで増額されると投資運用に取り組む人も多くなりましたが、損失が出た場合NISAそのものの意味がないとも言われています。

 

 

資産運用で元金を保証して利回りが高いといった都合の良い商品は少ないです。

 

しかし、保険商品では投資運用と異なる概念として貯蓄型商品にあり、メリットが高いです。

 

保険とは健康的で健全な日常に掛け金にて積み立てて、万が一の時に備えるという概念です。

 

毎月の保険料低い掛け捨て型と積立型の2つがあります。

 

積立型の場合、終身保険があり、終身保険は解約せずに満期を迎えると支払った保険料が払い戻され、保障内容は一生涯となるため、大きなメリットとなります。

 

保険会社が提供する運用商品の種類として個人年金があり、これに関しては保障はありませんが、高齢期に受け取る年金として満期まで掛けると受け取り時に1.5倍程度のお金を年金として毎月定額で一定期間受け取ることができます。

 

固定型や変動型があり、互いのメリットを担当者の説明を受け、理解した上で加入すると良いでしょう。

 

投資運用商品の場合ハイリターンが期待できるもハイリスクでもあり、保険の場合は保障や将来への備えという付加価値がプラスとなります。

 

運用を考える場合、1つの方法ではなリスク分散にて資産を運用することが良い方法となります。