資産運用 保険 積立

保険と言いますと、掛け捨てというイメージが強いものですが、最近では資産運用の選択肢ともなる積立型の保険というものが登場しています。
積立型ですから、ドル・コスト平均法の原理が効いて、損をしにくい投資方法となっていますし、通常の投資とは違って、保険の機能もついています。
ただ、普段から投資をされている方なら、別に保険の機能は必要としていないから、積立型なら投資信託を選べばよいのではないかと思われるかもしれません。
つまり、保険の機能がついている分、割高になっているのだろうから、それなら積立型の投資信託で充分だという訳です。
でも、保険の機能があることによって、税制上のメリットがあるのだということは、一般の投資家の方も知っておいたほうが良いと言えるでしょう。
それから、相続のことなどを心配されている方にとっては、積立型の保険は相続対策にもなるとも言えます。
すなわち、多くの相続遺産をお持ちの方の場合、相続税を支払うための現金が足りなくなるということが起こりがちなのです。
銀行預金もたくさんあるから、自分の場合は大丈夫だと思っておられる方も多いかもしれません。
でも、ご自分が亡くなられた場合、その自分名義の銀行預金はしばらくの間ブロックされてしまい、相続人はその預金を引き出すことができなくなってしまうのです。
ですから、被相続人の相続遺産がたくさんある場合には、相続税を支払うための現金を工面するのが大変になってくる訳なのです。
そういう時に、積立型の保険に入っていますと、現金がすぐに相続人に支給されることになりますから、スムーズな相続がなされることになるのです。
先般、相続税の改正が行われて、今までなら相続税を払う必要がなかった人でも、相続税を払わなければならないご時世となってきています。
ですから、このような金融商品をうまく活用することにより、貯蓄性の機能とともに、相続対策の機能をも追求することができるようになる訳です。