資産運用 保険 特徴

投資信託や株式の購入、外貨預金、円の定期預金や普通預金など資産運用の方法は様々ですが、生命保険を使って資産運用を行う人も多くいます。
保険と聞くと、病気や怪我などで入院したときの費用を補填するためのものか死亡したときに遺族に残すものととして考えがちですが、実は保険商品も資産運用の1つの方法として一定数の人から人気を集めています。

 

保険商品を資産運用の方法として活用している人の特徴はいくつかありますが、その代表的なものとして「長期間放置しておける資金があること」があげられます。
通常長期間預けることができる資金の場合は銀行で定期預金にする、国債などの安全性の高い債権などにして満期まで置いておくことがあげられますが、その場合利息はあまり期待できません。
一方、保険も同様に最近では10年や20年満期という商品が増えています。
どう運用するかは保険会社にもよりますが豪ドルや米ドルで運用することで利率をあげるというものが主流です。

 

この場合の運用としてのリスクは、途中で解約したときに現れます。
残念ながら定期や国債などと違い、途中で解約すると元本がお大幅に割れてしまいます。
そのためこの方法で運用していきたい場合は確実に使うことのない資金があるという人でないとおすすめできません。

 

他の特徴として、「投資商品は怖いが、何かしら運用してみたい」と考えている人が多いことです。
投資信託や株式などの場合、自分で現在の相場を確認する、一部解約をするかはたまた買い増しをするのかということはよほどのことでない限り自分自身で見極めなければなりません。
その点、保険商品はいったん契約してしまえばあとは満期まで放っておけば良いことになります。
そのため、あまり自分では日々お金のことを考えたくはないものの、元本保証でリスクの少ないものだけを持っているのはもったいない気がすると考えている人に人気があります。
以上のことからある程度のまとまった資金がある、少しはリスクがあっても良いと考えるのならば資産運用に保険を使うこともおすすめします。