資産運用 保険 貯蓄型

資産運用の1つとして、貯蓄型の保険に入る方法があります。
貯蓄型にもいくつか種類があります。
まず、生命保険も兼ねているものだと低解約返戻金型終身というものがあります。
このタイプはお金が減るということがないので安心して契約することができます。
一定期間までに払い込みをするという条件さえ満たせば、お金が増えていく仕組みです。
リスクがあるとすれば、その払い込み期間中に解約をすることです。
この払込期間を短くすることでリスクを抑えることができます。
死亡保障が大きければ大きいほど払込額は増えます。
心配な人は払込金額を小さく設定し、なおかつ期間を短くします。
終身ですのでそのままずっと加入し続けることもできますが、払込期間を終えて解約することも可能です。
家族がいる人は学資保険を兼ねた生命保険として機能します。
子どもが大学に入るころには払い込み期間が終わっているように設定し、お金が足りなければそのお金を使うようにできます。
もちろん、足りていればそのまま持ち続けるという選択もできます。
そして定年になったら今度はそのお金を医療保険に当てる、年金のように定期的にもらうなど選択できるタイプもあります。
将来に向けて積み立てをしたい人にはぴったりの資産運用です。
老後に備えて個人年金を受け取りたい場合、個人年金保険もあります。

確かに低解約返戻金型終身のほうもずっと契約していれば個人年金の代わりになりますが、できれば二つに分けて加入したほうがお得です。
なぜなら、保険料控除の枠が違うからです。
個人年金型と生命型の控除限度額がそれぞれ設定されていて、二つとも申請するとより所得税や住民税が低くなるというメリットがあります。
どちらか一方だけだとこのメリットが少なくなります。
できればどちらも控除限度額いっぱいまで入っておいたほうがお得です。
為替リスクを理解し、資産に余裕があるのであれば、外貨建保険も検討してください。
金利の高い通貨で運用するため、得られる利益が違います。
解約の時に契約の時より円安であればさらに為替差損を得られます。