資産運用 保険

資産運用というと、一般的には投資商品や金融商品ばかりに目が向いてしまいがちです。
しかし、それ以外にも見逃すことのできない重要な商品が存在していることを忘れてはなりません。
確かに銀行や証券会社などでは様々な金融商品を開発していますが、よく見ると、それ以外にも利殖可能な商品があります。
それが保険商品なのです。

 

その商品は景気が思わしくない現代だからこそ、魅力的な利回りとなってくれることも多いのです。
もちろんその商品の中には保障性が高い掛け捨てのものもありますので、そんな掛け捨てでは支払ったお金は戻ってきませんので資産運用にはなりません。
そうではなくて、貯蓄性が高い一時払いなどがある商品こそが狙い目なのです。
それなら払い続けたお金は、一定の期間が過ぎると払い戻しがあるのです。

 

とにかく資産運用は、リスクヘッジが肝心です。
そのため色々な金融商品に分散投資を行うのですが、保険商品も有力な選択肢になる可能性が高いのです。
どうせ分散投資を行うなら、銀行などの預金商品をはじめとして、公社債投資や株式投資、金融先物商品や外国為替証拠金取引だけではなくて、是非、積極的に保険商品も検討すべきです。
そのほうが資産の運用には有利な点が多いからこそ、最近では銀行などでも保険商品の取り扱いが増えてきているのです。

 

ところで保険商品のメリットとして、税制上の優遇があります。
たとえば生命保険金なら、みなし相続財産として500万円×法定相続人数までは非課税となってくれますので、このメリットは大きいでしょう。

 

ただしデメリットの部分も忘れてはなりません。
生命保険などでは、それなりの維持コストが必要になります。
ですから短期のうちに解約してしまう場合には、間違いなく損失が発生してしまうのです。
また、依然として「保険商品は内容が分かりにくい」との声も多く聞かれます。
内容を正確に把握することは重要ですので、そのためには本人の勉強や努力なども必要です。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<