資産運用 株

資産運用という言葉を雑誌やネットなどで最近よく聞きます。
自分の持っているお金を使って効率的に増やそうというものです。
といってもギャンブルのような一か八かというものではありません。
主には、株式投資や不動産投資、外国為替証拠金取引(FX)や社債、国債などがあります。

 

ちなみに、銀行や郵便局に預けて利子をもらうというのも含まれますが、最も効率が低く、超ローリスクで超ローリターンとなります。

 

 

日本社会は、これまでのように会社に定年まで勤めていれば、お金は大丈夫という考えが崩れてきています。
倒産やリストラ、自身の病気などで定年まで勤めれるか、給料やボーナスはほとんど増えないという収入の不安です。

 

そのため、資産運用に興味を持ち始めています。
この中で最近では、株式投資を行うという人が増えています。
その理由は、ネット証券の登場により、簡単に早く取引できる仕組みができあがったことと、政府の株式投資を奨励するような政策と宣伝によるところが大きいです。

 

 

株式投資は、基本的には企業が発行する株を安く買って高く売ることで、その差額が利益となります。
つまり、自分がやることは企業(銘柄)を選んで買って売るということだけです。
ネット証券で取引をしていれば数クリックで終了してしまう作業で簡単なものです。

 

ですが、売り買いの基準となる株価はずっと変動しています。
世界情勢や他国のことに影響を受けますし、その企業や業界だけに影響を及ぼすものもあり、大きなリスクがあります。
資産運用の中でもリスクは高い方であると言えます。

 

始める前に十分に理解する必要があります。
全財産を投資するなどもってのほかです。

 

リスクを十分に理解できれば、それをコントロールすることで最悪なことを回避することができます。

 

 

株式投資は、現物取引(自分のお金のみで取引を行う)で行う限り、損失は最大でも投資したお金がなくなるだけです。
でも利益は、無限大となります。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

投資で資産運用してみる?
資産運用のすゝめ
株式投資で資産運用してみる?
資産運用のすゝめ