投資 資産 運用

"株式や外国為替証拠金取引などでお馴染みの投資とは、確かに資産運用の一種です。
しかし、その全てではありません。
ですから銀行などにお金を預けることだけでも、資産を運用していることにはなるのです。
こうした資産の運用で大切なポイントは、リスクとリターンです。
その二つのバランスをよく考えて、自分の大切な財産を守らなければならないのです。
この「大切に守る」という心掛けこそは、最も重要なのです。

 

ですから実際に資産を運用するに当たっては、「どうやって少しでも財産を殖やそうか」と考えるだけではなくて、「いかにして大切な財産を減らさないように守るべきか」ということも入念に考えなければなりません。
つまり、財産を殖やすことばかりに気を奪われていてはいけないということです。
そうでなければリスクのある投資など危なくて行っていられませんし、微々たるリターンしか見込めない預金などには何の魅力も感じなくなってしまいます。

 

そもそも投資というものは、上手くゆけば財産を殖やすことができます。
しかし上手くゆかなければ、大切な財産を殖やせないどころではなくて、却って減らしてしまうことになるのです。
特にハイリスク・ハイリターンな外国為替証拠金取引などにおいては、その傾向は顕著に見られます。
たとえば100万円の資金を短期間のうちに200万円に殖やすことが可能である反面、失敗して0円にしてしまうこともあり、それどころかマイナスにしてしまう危険さえあるのです。

 

また、預金商品においては、確かに100万円を1年間預けておいても利息など微々たるものであり、何の利益にもならないと感じてしまうほどです。
しかし預金商品は基本的に元本保証ですから、絶対に財産を減らしてしまう危険はないのです。
これはこれで、大変大きなメリットなのです。

 

ですから資産運用においてはリスクとリターンのバランスを考えて、分散投資を心掛けて、財産を総合的に守るようにすることが大切なのです。
殖やすとか儲けるというのは、その次に考えることだと言えるでしょう。
"

関連ページ

株取引を利用した資産運用について
資産運用のすゝめ
株式投資で資産運用してみる?
資産運用のすゝめ