資産運用 投資信託

近年、NISAのような個人投資家にとって魅力的な仕組みが登場することで、資産運用に興味を持ち始めた人も少なくないでしょう。
また、それとは別に、今の年金制度に不安を抱き、少しでも自分の老後のための資産形成をしておきたいと考えている人もいるはずです。
しかし、今まで資産運用に無縁であった人が急に、何かに投資をするというのは、少し難しいかもしれません。
資産運用と一口に言っても、投資対象となりうる金融資産には様々な種類があります。
具体的に、投資初心者の人が思い浮かぶものだけでも、株式投資や外貨投資、国債等の債券投資があります。
投資を始める場合、多くの人が投資に充てることができる資産が限られていますので、どれかの金融商品に絞らざるをえません。
しかも、株式投資といっても膨大な銘柄の中から選ぶ必要がありますし、外貨と言ってもどの国の通貨に投資をするのかを決めるのは容易ではありません。
また、この他にも不動産投資といった方法もありますが、この場合には膨大な資金が必要ですので、初心者には不向きです。

 

しかし、これらの問題を一挙に解決してくれるのが投資信託です。
投資信託とは、簡単に言えば、プロにお金を預け自分の代わりに資産運用を行ってもらうのです。
つまり、株に投資をすることは決められたが、どのような銘柄に投資したらいいか分からない人であれば、株で運用を行っている投資信託を購入することで、何百もの銘柄に対して簡単に分散投資ができるのです。
また、どのような金融商品に投資するか全く決めることができない人の場合、株や債券、不動産といったものにバランスよく投資を行ってくれる投資信託もあります。
つまり、資産運用を始めようとする人にとって、投資信託は強い味方であると言えます。
資産運用を始める場合、最少は投資信託を購入することから始め、投資そのものに対する知識を身につけることで、次のステップである自分で投資する対象を決める段階に入るのでも遅くはないのです。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

投資のコツ!投資信託と使った資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用手段としての投資信託
資産運用のすゝめ
資産運用のメリットとデメリット
資産運用のすゝめ