投資 投資信託

投資信託は資産の運用をするうえで、とてもはじめやすいメリットの多い投資です。
どんな特徴があるのでしょうか。

 

 

少額からはじめる事ができます
投資と聞くと、思い浮かべるのは株式ではないでしょうか。
とても高額な金融商品のようなイメージになりがちですが、投資信託の場合、ほとんどのものは1万円から始める事ができます。
最近の積み立て式のものでは1000円から積み立てる事ができるものもあり、月々の生活費を少し節約するだけで大丈夫です。

 

 

分散投資
資産の運用の基本は、リスクの管理です。
分散して投資する事によってそのリスクを減らす事ができ、値動きにビクビクする事がありません。
投資信託は投資者から集めたお金を集める事によって大きな額のお金を作り出します。
そうやってまとまったお金を利用すれば、何百という会社の株式を購入する事ができ、一人で行う事のできない大きな投資をする事が可能になっています。
口数という言い方をしますが、その口数に応じてその購入した大きい投資の権利を手にする事ができます。
月々積み立てをする事で分散して投資する事ができる、そんな優れた一面ももっています。

 

 

プロが運用する
デイトレーダーのような株を主体に大きく取引をしている方から見ると、投資信託の積み立てなどは小さいものに見えるかもしれません。
しかし、日々の値動きや様々な情報など、常にその動向を気にしていないといけない事は多く、サラリーマンやその数字などの動向が苦手な方からしてみたら、プロが運用してくれるというのは大きなメリットと言えます。
株式を勉強したからといって、必ず増えるわけではありません。
市場というものは毎日、分単位、秒単位で動きますのでその動向というものはなかなか読む事も難しく、ヘタをすれば大きな痛手を負う事も少なくはありません。
このような痛手を回避するためにも、日々勉強をし、経験を積んだプロが運用してくれるというのは大変頼りになります。

関連ページ

投資信託を利用した上手な資産運用法
資産運用のすゝめ
資産運用手段としての投資信託
資産運用のすゝめ
資産運用のメリットとデメリット
資産運用のすゝめ