投資不動産 駐車場

土地を資産運用する場合には色々な方法があるのですが、その中でも比較的人気が高い方法として知られているのが駐車場として土地を活用する方法です。

 

メリットとしては何と言っても初期投資が少ないと言うところであり、資産運用としての土地活用で代表的な方法であるアパート・マンション経営と比較するとリスクが低いため初心者でも運用しやすくなっています。
そのため仮に失敗したとしてもダメージが少ないですし、長期経営による失敗のリスクを下げるために短期間での運用や転用も比較的やりやすくなっています。
なので途中でアパートやマンション経営に切り替えるということもできますし、月額利用だった場合でも通常よりも容易に立ち退いてもらうことができるので転用する際にも手間取りにくくなっています。

 

駐車場のニーズ自体環境に左右されにくい傾向がありますし、相続対策としても有効です。
このような点から経営に手間を掛けたくない・難しい資産運用は怖いと言う人におすすめです。

 

ただしどんなにリスクが低いと言ってもデメリットも当然存在しており、その点を把握してから運用するかどうかを検討しなければ短期間の運用でも失敗してしまう可能性があります。
と言うのもリスクが低い分大きな収入を期待することが難しいですし、住宅用地ではないため固定資産税の軽減を受けられない・更地と同じ扱いになってしまうため相続税評価の軽減が低い・建物がないため所得税の負担が比較的大きいなどの問題があります。
つまり住宅用に建物が存在していないため扱いが悪いということになっており、その割りに管理や設備を充実させなければいけない・場合によってはクレーム対応に追われるなど金銭的・身体的な負担も大きい部分があるというわけです。
また需要のリスクや価格競争になる可能性もあるので、資産運用としての土地活用で駐車場を利用したいと検討している場合は上記のデメリットにも注意しなければいけないということになります。

関連ページ

資産運用の観点からみる不動産購入
資産運用のすゝめ
土地活用から考える不動産経営と資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用としての賃貸経営
今の日本では手元にある程度まとまったお金があったとして、それを銀行に預けてもほとんど金利はつきません。 そのため手元にあるお金を増やしたい時は資産運用をしたほうがよく、最近はそういうことが簡単にできるようになっています。 資産運用としてよく利用されているのは金融商品ですが、株などの取引は失敗すると何も残りません。