資産運用 不動産

資産運用にはさまざまな種類がありますが、その中でも不動産購入は取り組みやすい部類に入ります。
しかし、金額が大きく難しいそうだと感じて敬遠する人が少なくありません。
そこで今回は、資産運用の観点から不動産について解説します。

 

資産運用を行う場合、いくつか注意しなければならないことがあります。
最も大切なことは計画性を持って取り組めるということです。
事業などとは異なり、資産運用では短期間で大きな収益を上げるのは簡単ではありません。
そのため継続的に収入を得られることが大切になります。
そういう意味において不動産の運用はうってつけであるといえます。
たとえばアパートを購入すれば、毎月家賃収入を得られるようになります。
この場合、入居者の数から簡単に将来の収入を予測できます。
そのため今後の取り組みについての指針を立てやすくなります。

 

またリスクマネージメントも非常に大切であるといえます。
資産を運用して失敗する人も非常に多いからです。
資産運用は運によるところも大きく、運用者の力が及ばないことも珍しくありません。
しかし不動産の場合は自分のさじ加減一つでリスクを制御できます。
先述のアパートの例でいうと、考えられるリスクは多数存在します。
アパートで火事が起こったり、空室が増えたりするケースなどです。
火災の場合は、火災保険を利用したり防火構造にしたりすることで火災時のリスクを減らせます。
空室が増えた場合は、営業活動や宣伝活動を行うことで改善できる可能性があります。
またフランチャイズに加盟する方法もあるでしょう。
このようにリスクに対して、運用者が積極的に対処を行える点において、不動産は優れた資産運用の素材といえるのです。

 

さらに不動産の場合は、日頃の手間が少ないというメリットもあります。
たとえば株や債券による資産運用の場合は、銘柄や市場の調査が欠かせません。
多くの時間を割くことになりますし、デイトレーダーのように常にパソコンの前にいなければならないこともあります。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

土地活用から考える不動産経営と資産運用
資産運用のすゝめ
資産運用としての賃貸経営
今の日本では手元にある程度まとまったお金があったとして、それを銀行に預けてもほとんど金利はつきません。 そのため手元にあるお金を増やしたい時は資産運用をしたほうがよく、最近はそういうことが簡単にできるようになっています。 資産運用としてよく利用されているのは金融商品ですが、株などの取引は失敗すると何も残りません。
駐車場!資産運用としての土地活用
土地を資産運用する場合には色々な方法があるのですが、その中でも比較的人気が高い方法として知られているのが駐車場として土地を活用する方法です。