資産運用 個人年金

今の世の中、自分の将来に不安を感じている人は多いものです。
そんな不安から加入者が増えているのが、個人年金保険なのです。
個人年金保険とは、保険会社が提供している生存保険の一種類です。
要するに、自分で個人的に年金を積み立ててゆくのです。
支払いが完了した後は、契約時に定めた年齢になると、毎年、一定期間にわたって年金を受け取れます。
ただし終身年金なら、支給は一生続いてくれます。

 

こうした個人年金の背後には、「公的年金だけでは老後の生活は支えられないのではないか」という不安の思いがあるのです。
それゆえに2000年頃から加入者は増加傾向にあります。
多くの保険会社の保険商品の中には、資産運用にも十分に活用できる商品がありますが、それは昔は養老保険が一番人気でした。
しかし近年においては、個人年金保険の人気がどんどん高くなってきています。

 

しかし目的が資産運用なのですから、まずは資産運用についての基本的な知識を身に付けておくことが大切です。
なぜなら資産を運用するに当たっては、保険商品だけで運用しようと思っても無理が大きいからです。
そもそも資産運用の基本中の基本の一つに分散投資がありますが、そのように分散することでリスクヘッジになるのです。
ですから、ある特定の金融商品や保険商品だけで資産を運用しようという考え方自体、リスクが大きくて危険なので気を付けましょう。

 

ちなみに個人年金保険には、契約時に年金額を決めている定額型と、運用成績によって年金額が変動する変額型があります。
どちらにもメリットとデメリットがありますので、どちらが自分に有利なのかを適切に判断するためにも勉強が必要です。
定額型は年金額が決まっていて将来設計が立てやすいのですが、それ以上には増やせません。
確かに外貨建や市場価格調整タイプなら増やせる可能性はありますが、その代わり元本割れのリスクもあるのです。
変額型でも運用次第では年金額を大きく増やせる可能性はありますが、元本割れリスクは覚悟しなければなりません。
また安全第一に考えるなら、変額型には元本保証タイプもあります。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<