先物取引 プラチナ 資産運用

"資産運用として一般的なのは、株や債券への投資と言えますが、プラチナの先物取引で資産運用をしてみるというのも、面白い投資方法かもしれません。
何故かと言いますと、通常プラチナの価格は金の価格よりも高いものなのですが、今は価格が逆転していて、プラチナの価格が金の価格よりも安くなっているからです。
つまり、今ならプラチナを底値で買うことができるというわけです。
しかも、この金やプラチナというものは、株や債券の値動きとは反対の値動きとなることが多いと言われています。
ですから、分散投資という観点でも、金やプラチナに投資をしておくというのは、賢い投資方法と言うことができます。
せっかく、国内株式・外国株式・国内債券・外国債券に分散投資をしていたのに、景気か悪くなると全て値下がりしてしまうというようなことを、経験されている方も多いのではないかと思います。
ですから、本当の意味で分散投資の効果を得るためには、金やプラチナに投資をしておいたほうが良いと言えるのです。
このようにしていけば、他の全ての資産が値下がりしている時に、これら貴金属の価格は値上がりしていますから、その時点で金やプラチナを売却し、安くなった他の資産を買い増しすることもできるのです。
これが、本当の分散投資のメリットというものです。
実際に、海外で定評のあるAllocation型の投資信託においては、資産の一部を必ず金に投資しておくという投資スタンスで運用をしているファンドがあります。
このようなファンドの特徴は、損をすることが非常に少ないということです。
すなわち、他の多くのファンドにおいては、非常に運用成績が良い年があるのですが、運用成績がマイナスとなってしまう年もけっこうあるものなのです。
それが、一部の資産を貴金属に廻しているファンドの場合には、大儲けする年こそないものの、運用成績がマイナスとなってしまう年はほとんどないという成績になっています。
"