債券投資 資産運用

日本銀行がマイナス金利政策を導入したことによって、以前から低水準であった銀行の預金金利がますます低金利となってしまいました。
そのため、多少利息が割り増しされる定期預金であっても、魅力のない金利水準となり、銀行に預金するメリットが薄れてしまいました。
むしろ、ATMの手数料等によって、銀行に預金することがマイナスになってしまう状況となっています。
そのため、銀行に預金するのではなく、別の形で資産運用をしようと考えている人もいるでしょう。
しかし、資産運用と聞くと損をしてしまうのではないかと危惧する人も少なくないです。
しかし、投資対象を適切に選べば、低リスクの資産運用を行うことができるのです。
銀行預金に次いで、ローリスクな投資として挙げられるのが債券投資です。
もちろん、銀行預金はペイオフ制度が存在するため、一定程度の元本保証がありますが、債券投資には元本保証はありません。
しかし、債券以外の投資対象である株や外貨と比べると、はるかに損をしてしまうリスクが低いです。
一口に債券投資と言っても、その債券を発行したのがどこかによって、いくつかの種類に分けることが可能です。
具体的には、国が発行した国債、地方公共団体が発行した地方債、そして民間企業が発行した社債があります。
債券投資の中で最もローリスクなのが国債投資です。
国債は、その発行した国の財政が破綻しない限り、満期まで保有することで投資金額が全額償還され、それにプラスして利金を得ることができます。
この利金は、基本的に銀行預金の利息よりも高く設定されていますので、銀行預金よりは高いリターンが期待できます。
また、都道府県や市町村が発行する地方債も、国債ほどではありませんが安全性が高くそれなりのリターンが望めます。
債券投資で最もリターンが期待できるのが、社債投資です。

基本的に、国や地方公共団体と比べると、民間企業の信用リスクは高いので、結果的に社債の利息は高く設定されています。
そのため、社債投資は、債券投資の中では損をしてしまうリスクが相対的には高くなっていますが、その分リターンも期待できます。

 

おすすめの資産運用方法は?

 

 

職業柄、様々な方からどんな資産運用がおすすめかご相談を受けることが多いですが、今もっとのおすすめしているのが、、、

 

ソーシャルレンディング

 

これに限ります!

 

ソーシャルレンディングの特徴は?

少額出資が可能(1万円〜)
元本割れ・配当遅延はほぼなし
毎月配当される
難しい思考は一切なく、直感で案件を選んで投資スタート

 

今、流行りのソーシャルレンディングって?

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

 

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。ここでは、主に貸金業法の金銭消費貸借契約を伴うものについて記載し、併せて株式投資型についても触れる。
引用:wikipedia

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<