ソーシャルレンディング

ファンドの選び方・決め方のポイント

さまざまな案件

資産運用には株式や投資信託、債券や不動産投資など様々な種類があります。

従来の資産運用の種類に加え、近年では融資を受けたいベンチャー企業と、少額で投資をしたい個人投資家を結ぶ、ソーシャルレンディングという新しい形の投資が人気です。

ソーシャルレンディングには、不動産有担保ローンファンドや、太陽光プレミアムローンファンドなど案件が豊富にあり、投資したい目的にあったファンドが選べます。

ソーシャルレンディングの会社は、ネットワークを効率的に使用できるPtoPを採用している会社が多く、案件を探すのも簡単です。

新興のベンチャー企業や中小企業などは、たとえ資金繰りに問題がなくても、純資産の少なさを理由に銀行からの融資を受けられない場合があるため、ソーシャルレンディングを通じて少額の利息で融資を受けたいという需要は年々高まっています。

需要が高いということは、投資家としては数ある融資案件の中から興味のある分野や、有利な条件を選んで投資できるということです。

ファンドの中でも太陽光プレミアムローンファンドは、環境問題への関心の高さから女性投資家に人気があり、海外の発展途上国の中小企業への投資も人気があります。

分散投資でリスク回避

ソーシャルレンディングで投資した場合のリターンは債券や投資信託に比べて高利回りで、株式やFXのように短期間で利益が出ます。

それゆえに一度でも利益が出たファンドには集中して資金を投資をしたくなりがちですが、資産運用は分散投資が基本なので、証券担保ローンファンドや不動産担保ローンファンドなど、違う種類のファンドにまんべんなく投資をするのが得策です。

外国人技能実習生支援ローンファンドなど、海外の企業や人にソーシャルレンディングで投資する場合は、カントリーリスクを考慮して同じ国の企業に投資するよりも、先進国と新興国など世界中の国に分散して投資するようにします。

案件の企業の1つ1つをソーシャルレンディングのサービス会社が資金繰りを審査しているため、広く浅く投資をしても、それぞれの企業のデメリットやメリットはあらかじめわかるので安心です。

一般的に、日本国内の企業へのソーシャルレンディングはローリスクローリターンで、新興国など海外の企業へは高利回りですがハイリスクハイリターンなので、貸し倒れの可能性も考慮しておきます。

ファンドのキャンセル時には出資金を返金されるかどうかなども、最初の規約時に注意が必要です。

サービス会社の選び方

ソーシャルレンディングのサービス会社は豊富に存在しているので、投資家が資産運用したいファンドを多くかかえるサービス会社で口座開設をするのが望ましいですが、サービス会社により投資理念は様々なので口コミなどで事前に比較検討することが重要です。

ソーシャルレンディングサービス会社の最大手であるmaneoでは、貸し倒れが発生しないように融資を希望する企業の資金繰りのチェックなどを行い、審査に合格した企業だけを仲介しているため安心して投資ができます。

投資家個人でも、ファンド名をクリックするだけで年利の運用利回りやローンファンドの概要、企業詳細などが簡単に閲覧可能できるので便利です。

maneoでは、口座開設手数料はもちろん、確定拠出年金などが徴収する口座維持手数料等も必要ありません。

利回り8パーセントの安定運用のうえ投資成約時も成約時手数料が無料なので、ソーシャルレンディング向けの出資金を全てファンドに投資できます。

ファンドの種類としては、不動産事業者への事業資金、中小企業やベンチャー企業を対象にした割賦販売事業案件のクラウドリース、省エネルギー対策でもある太陽光発電のグリーン事業がmaneoの強みです。

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

 


関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングは、忙しい人ほど向いている
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
お小遣いからスタート!ソーシャルレンディング
ソーシャルレンディングの裏側
遅くない!まだ間に合うソーシャルレンディング
ソーシャルレンディングの裏側
Moneyのトレンドは、ソーシャルレンディング
ソーシャルレンディングの裏側
あなたも投資家!ソーシャルレンディングにTry!
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングって法律的にあり?
ソーシャルレンディングの裏側
来月お金に困りそうなら、ソシャレンで即貯める
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングでラクラク稼ぐ (^_^)
ソーシャルレンディングの裏側
みんなが儲かるソーシャルレンディング
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングで少ないお金で儲けよう
ソーシャルレンディングの裏側
これから始めるソーシャルレンディング
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
借金してるとソーシャルレンディングできないって本当?
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングにおける税金対策はこうだ!!
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングの税金ってどんな仕組み??
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングに大手金融会社の参入はあるか?
ソーシャルレンディングの裏側
短期間で効率よくお金を稼ぐ方法とは?
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで融資してもらう為の条件とは!
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。