ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングに大手金融会社の参入はあるか?

P2P融資=ソーシャルレンディング

P2P融資とはインターネットを通じてSNSの感覚でお金の借り手と貸し手を結びつける仕組みでソーシャルレンディングとも呼ばれます。

2005年に英国でZopaというベンチャー企業が初めて運用を開始し日本ではmaneo株式会社が運用を開始しています。

お金を借りる場合、これまでは銀行か金融公庫を通じて国庫から借りるかクレジットカード等の信用会社か消費者金融を利用するしかなかったのですが、それが個人間で出来る仕組みが出来た事で借り手にとっては、より安い金利で借りる事が出来、貸し手にとっては簡単には出来なかったお金を貸して金利を稼ぐという資金運用が出来るようになる、というメリットがあり、これから先、金融の世界でどれくらいの存在価値を持つかが注目されています。

 

maneoの場合!

maneoではオークション形式でお金を借りたい人が金額と希望金利をネットで公開します。

そして貸しても良いという方がいれば、それに応じて入札を行います。

複数の貸し手希望者がいる場合は金利を下げる事で競り合い、最終的に一番安い金利を提示した貸し手が権利を取得し借り手に融資を行います。

一見、非常に合理的な方法ですがお金の貸し借りは銀行やクレジットカード会社でも分かる通り信用審査という物が有り、貸しても大丈夫な相手なのかどうか? が常に問題となります。

いわゆる「貸し倒れ」が、どれくらい発生するか? また実質的な金利はどれ位に収束するのか? が注目を浴びている点です。

maneoの場合、借り手はお金が必要な理由をカテゴリごとに提示できるようになっており、かつ本人のプロフィールをSNSのように密に知る事が出来る仕組みを設けて貸し手の信用度が分かるような仕組みを構築するべく努力しています。

現状ではmaneoでお金を借りるには年収300万以上等の条件が有り、かつ自動的に加入審査を行う仕組みも設けているので貸し倒れが発生する率はあまり高く無く、先発会社である英国のZopaでは、およそ1%程度ですので、同程度に収まるのではないか? と見られています。

また金利も手数料などを除くと実質的に4%から5%くらいが平均値になる物と予想されており貸し手にとっては銀行金利等よりずっと良い利息となりミドルリスク、ミドルリターンのほどよい資金運用が出来る仕組みとなっています。

メガバンクはどうなの??

この新しい融資方式であるP2P融資に大手の金融機関が参入してくるかどうか? も注目される所ですが現状では、いわゆるメガバンクと呼ばれる都市銀行では融資金額が低く金利も低く信用調査も現状では不十分と考える所が多いようです。

「手間ばかりかかって儲けが薄い」という点と、まだ日本では普及度が低すぎるという点からカードローンの
顧客を奪われる脅威を感じてはおらず参入の気配は感じられません。

しかし元々、少額融資をメインにしている地方銀行や消費者金融では参入してくる所が出て来る可能性も指摘されています。

但し、金融機関が揃って指摘するのはP2P融資における借り手の信用度審査が不十分である事です。

現状の自動審査方式だけでは足りないというのはmaneoでも理解しており、maneoでは、その点を借り手と貸し手をSNSというプラットフォームの上でお互いの理解を深める事で補おうとしていますが、これは逆に考えると「自動審査の限界」を物語る事でもあります。

 

悪用の危険性も!?

お金の貸し借りは友人間でも、もめ事になる事が良くあります。

それを赤の他人に行うのですから貸し手はやはり常に貸し倒れの危険を感じながら資金運用を行う事になります。

現状では普及度も知名度も低いので利用者は限られており大きな問題は出ていませんが、利用者が増大しP2P融資が一般的な物となった場合、悪用する者が出てきてもおかしくはありません。

もし悪用された場合、プラットフォームの運用者は何等かの対策を取ると思いますが悪用する側とのイタチごっこになる可能性も有ります。

いくら排除しても悪用する側は新ルールをすり抜ける方法を考え出して来てイタチごっこになり結局、完全排除は出来ない、という結果になっています。

メガバンク参入の可能性は低い

そういった危険がP2Pのプラットフォームで発生するかどうかは成り行き次第ですが、これまでの例から見ても規模が大きくなれば必ず悪用する人達が出て来ると言えます。

ネットオークションでも沢山の人が利用するようになってから詐欺やニセモノの売買などが発生して来ています。

しかし出会い系サイトもネットオークションも途絶える事は無く現在も続けられています。

P2P融資も同じような経過になると思われます。

一定の危険がある以上、金額の上限規制は撤廃はされないでしょう。

従って自動車や住宅の購入資金として活用する事は無理でしょう。

そういった大きな資金需要はやはり銀行等に頼る事になります。

総合的に見てP2P融資の市場に大手が参入してくる可能性は、あまり無いと考えて良いと思います。

むしろP2Pの運用会社そのものが大手の傘下に入る可能性の方が高いでしょう。

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<


関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングって法律的にあり?
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
借金してるとソーシャルレンディングできないって本当?
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングにおける税金対策はこうだ!!
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングの税金ってどんな仕組み??
ソーシャルレンディングの裏側
短期間で効率よくお金を稼ぐ方法とは?
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで融資してもらう為の条件とは!
ソーシャルレンディングの裏側
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。