ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング 仕組み

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。
借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。
消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。

 

ソーシャルレンディングの貸し手にとってのメリット・デメリット

貸し手にとってのメリットは、利回りが高いことです。貸し手にとって金融商品の一種になるのですが、それほど高くないリスクで投資した額にプラスして返ってくるのは魅力です。
しかしデメリットとして、元本の保証がないということがあります。

 

どういうことかというと、貸し出した資金が回収されなければ、最初に貸した額も返ってこないということです。
ただ株やFXのように一瞬でお金が消えることもあるといった類のものではなく、基本的には金利も元本も手元に入ってきます。
あくまで、万が一そういうこともありますよ、といった感覚です。

 

非常に貸手、借手双方にお得なサービスではあるのですが、歴史が浅い分信用がまだ確立されていません。
サービス自体の質は高いが、今後何かが起こるのではないかという漠然とした不安が付いてくるということです。さすがにこれに関しては絶対に大丈夫だということは言えません。
ただサービスの質は高く得ではあるので、あとはリスク管理を考えて行うといういうことになります。

 

 

ソーシャルレンディングの投資までの流れ

投資までの流れはシンプルです。投資家はまず仲介を行っている業者のページに登録します。
そして投資したいファンドを決定します。あとは投資を申し込むだけです。
実際金融商品に詳しい人の間ではかなり人気の商品です。特に人気商品はすぐに完売します。
ただ歴史が浅い分情報が少ないので、一部の人以外にまだ浸透しきっていません。

 

 

ソーシャルレンディングの商品

また商品によってその内容にばらつきがあるのも事実で、銀行よりは金利が高いから投資するくらいの商品もあれば、元本が返ってこないことも覚悟して高い金利を狙う商品もあります。
これはさまざまなタイプの企業がソーシャルレンディングに参入してきているので仕方ないことではあります。今後はソーシャルレンディングの中でももっと商品が細分化されることが予測されます。
実際に投資する際には仲介業者もですが、ファンド選びが重要です。
高い金利よりも安定した投資がしたければ古くからある事業に、高い利回りを期待したければ新しい今後伸びる可能性のある事業に投資するなどの使い分けです。
実際延滞しているファンドも出てきているので十分に注意しましょう。

 

 

ソーシャルレンディングを利用して借り入れを行いたいのはどういった法人

逆に、ソーシャルレンディングを利用して借り入れを行いたいのはどういった法人でしょうか。
それは、中小企業やベンチャー企業です。これらの企業は、銀行から借り入れるのが難しい場合が多いので、このサービスを利用することを選択します。
このサービスは運営側も中小企業やベンチャー企業からの応募が多くなることを想定しています。
そのため、今後伸びそうな事業であれば融資を行い、そうでなければ行わない、という判断基準も一般的です。
銀行では実績ばかりで見られてしまいがちなので、実績がなくてもアピールや事業計画に自身があれば積極的にこのサービスに応募することが可能です。
最近は銀行の貸し渋りや、審査基準が厳しくなっていることもこのサービスが伸びている背景にはあります。
中小企業やベンチャー企業をもっとも応援しているサービスと言っても過言ではないでしょう。
今後このサービスは伸びていくことが予測されています。

 

 

海外では日本よりもすでにソーシャルレンディングが進んでいる

実際現状は売り上げが50%近い成長を継続しています。

 

海外では日本よりもすでにソーシャルレンディングが進んでいる国もあり、このサービスは金融業界のイノベーションと捉えられています。
数十年の間に、メガバンクを超える規模で世界経済を回すサービスになることも予測されています。
逆に言えば、リーマンショックなどの影響もあり、銀行が確実に倒産しないという保証がないことも指摘されています。
現状銀行は一般の消費者にとって単にお金を預ける場所のような感覚ですが、実際は一企業であり、融資に失敗したり倒産するリスクは当然抱えているのです。

 

 

ソーシャルレンディングの将来性

今あるサービスが恒久的に続く保証はありません。
またそれは突然訪れる可能性もあります。
そして銀行は当然リスクを避ける必要があるので、貸し出しを減らす方向で動いています。
そこで新たに貸し出しをどんどん行うサービスが出てくれば、そちらにシェアを奪われる可能性は当然あります。

 

 

 

企業や投資家の動きが変われば、お金の流れも変わります。
それは一般の消費者にも影響を与えます。
また金銭を物理的に管理するよりもデータで管理する体制が整ってきています。
銀行は金銭をデータで管理すると同時に物理的にも管理します。
しかし物理的な管理の割合が減ってくればそれもお金の流れに影響を与えます。
数十年の間に銀行からレンディングサービスに移行していく可能性も高いです。

 

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。