ソーシャルレンディング 利用者

ソーシャルレンディング 利用者

ソーシャルレンディングの利用者は個人

ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。
そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。

 

今までのサービスだと借り手側もお金を借りたいとなれば銀行や消費者金融といった所かせ借りなければなりませんでしたが、多くの個人から借りることが可能であり、銀行や消費者金融と違ってネガティブなイメージが少なく、審査期間も条件も緩いのでとても参加しやすいと言えます。
もちろん貸し手の方にもたくさんのメリットがありまして、預金比率が少ない現状の中で割と高い利息を受けられますから投資の一環として利用する個人の方が増加しています。
比較的新しい金融サービスになりますので、まだデータが少ない等の不透明な部分もありますが、ソーシャルレンディングはこれから期待できるサービスと言えるでしょう。

 

日本のソーシャルレンディングのタイプ

日本のソーシャルレンディングのタイプは主に二つあります。

 

 

 

オークション型

そのうちの一つはオークション型と言いまして、オークション形式で借り手と貸し手をマッチングしています。
借り手の方はどのような計画でどんな風にするのかといったものかといった判断材料を提示してアピールを行い、希望する金額や運用期間や投資されたお金の使用目的や金利も同時に申告をします。
それを見た貸し手は入札を行っていき、最も安い金利を提示した順に融資が決まっていくのです。

 

この方法は匿名性を保つことができる上で直接的に貸し手と借り手のコミュニケーションができ、さまざまな判断材料や自身の信用性をアピールすることによって交渉できます。
投資する側もそれを見れますので、自身で深く判断して投資することができ、単純な儲けではなく、どんな事業に投資するのか、誰に投資するのかといったソーシャルリターンといった欲も得られるのです。

 

個人で利用する方にとってもオークション型はやりやすい方法であり、明確に条件や目的が見えているので分かりやすいです。
金利を選べるというのもそうですが、ソーシャルリターンを体験したいといった個人の利用者も増加していますので、そういった方が利用しています。

 

デメリットとすれば匿名性があり、深くまで説明されていない部分もあり、元本保証もありませんので、ソーシャルリターンに重きを置いていたり、分散投資したりと考えて投資する必要があるでしょう。

 

マーケット型

もう一つのソーシャルレンディングの方法になりますが、こちらはマーケット型になります。
マーケット型のサイトは日本に主に二つほどありまして、AQUSHは平均的な貸出金利が低いので個人での利用者が増加しています。
もう一つのサイトであるSBIソーシャルレンディングは大手の金融グループが始めるということで大きな話題となり、金融グループですので信頼度が高いですから個人の方でも安心して参加できるということで注目度が高いです。

 

そもそもマーケット型の仕組みですが、借り手が借りたい金額などを運営会社に情報を送り、運営会社が審査を行って格付けをされます。
格付けによって金利がどのくらいまで設定されるかが前もって決められており、その上で貸し手がどの格付けのどの案件に対して、どれくらいの金利でどのぐらいの金額を投資するか決めることになります。
格付けが高いほど金利が低くなりやすく、良い案件ほど借り手にとって有利な条件となる仕組みですので、個人でお金を借りたい人にとっても良いものとなっています。

 

運営会社は貸し手と借り手の両方の希望をマッチングさせるのですが、マーケット型の特徴としてその都度貸し手の希望等に応じて金利を変動することができ、オークション型のように一定の金額で決めませんのでスピードが早いです。
貸し手にとっても自動的に分散型投資にすることができ、低リスクにでき、尚且つ便利な投資となっています。

 

ソーシャルレンディングは個人が借り手や貸し手になり、とても利用しやすいサービス

このようにソーシャルレンディングは個人が借り手や貸し手になり、とても利用しやすいサービスとなっています。
複雑に思えるような部分もそれほど多くはなく、利便性が高い上にリスクもそれほど高くありませんから分散型投資などに向いています。

 

 

 

このサービスの最大のメリットとなるのがインターネットからいつでもどこでも参加できるという点にあります。
それに投資する側にとっても少額から投資することができ、リスクに応じた利回りも設定でき、オークション型ならソーシャルリターンもあります。
だからこそ個人で参加しやすく、多くの方のメリットに繋がっています。

 

当然ながらデメリットも存在していまして、国や地域が違えば法や文化の違いがありますのでビジネスモデルは変わってきますが、それでもこのサービスは個人が参加しやすいサービスに変わりはなく、低金利が続く現代だからこそ注目を集めて、これからも多くの方が利用するのではないでしょうか。

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。