ソーシャルレンディング メリット デメリット

ソーシャルレンディング メリット デメリット

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。
現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。

 

そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。
メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。

 

ソーシャルレンディングのメリット

 

 

 

まずはメリットになりますが、個人投資家から見れば一般的な定期預金や国債よりも利回りが優位であり、少額投資も可能ですので多くの方が参加できます。
少額投資の金額は1万円程度になりまして、これぐらいの額なら大口投資家でなくても良いですし、色々な所に分散して投資することも可能であり、広く利用できるインターネットならではと言えるでしょう。

 

また小規模ながら投資に参加できる、インターネットから参加できるという事は今まで投資に興味がなかった方でも参加しやすく、お金を貸すという行為が社会やビジネスに貢献できるといった目的にもなり、さまざまな欲を満たしてくれるとも言えます。
もちろん投資した分だけ配当が貰えますので参加するだけではなく、株相場のような相関関係もありませんから複雑ではないのである意味で簡単なサービスです。
それに個人で投資できるにも関わらず、個人では投資できないようなものにまで投資できるといったメリットがあり、だからこそ社会貢献にもなるといった仕組みです。

 

ソーシャルレンディングのデメリット

 

 

 

次にソーシャルレンディングにおけるデメリットを紹介していきたいと思います。
投資ということは全てがプラスに働くということではなく元本は全く保証されていませんから万が一の時に貸し倒れをしてしまうということも理解しておく必要があります。
貸し倒れのリスクを抑えるために投資をする時はできるだけデータを集めたり、分析したりすると思いますが、このサービスは比較的新しいサービスになりますから統計的なデータがあまりなく将来における模様が分かり辛いのでデータが当てにし辛いと言えます。
それに一度投資してしまえば途中での解約が基本的にできないため、しっかりと考えて投資する必要があるでしょう。

 

またメリットにもなりますが毎月配当金が発生し受け取ることが可能となりますけど、その都度税金も発生しており、その計算が必要になってきます。
これに合わせて国内だけだと考える必要もありませんが、海外へ投資している場合は為替リスクも同時に発生していることを忘れてはいけないでしょう。

 

先ほど社会貢献もできる投資という言い方をしましたが案件には公にできないものもありまして、金融庁の指導によりまして運営会社が公開できる情報を規制しており、個人の投資家がどんな内容のものであるかを詳しく知らないで投資しなければならないといったこともあります。
そういった情報が少ない中で明確になっている情報が条件や利回りなどの部分であり、これは良い面でもありますが、基本的に早い者勝ちとなりますからそういった案件から埋まっていきますので良い条件の案件には投資し辛い、投資ができないということにもなりかねません。
対応が後手後手にまわりやすく償還が遅れることもあるでしょう。

 

ソーシャルレンディングのメリットとデメリットを理解しよう!

このようにソーシャルレンディングはメリットとデメリットがありまして、それらを理解して参加する必要があります。
ローリスクでもハイリスクでもローリターンでもハイリターンでもない投資になると言えますが、株などの相関関係とあまり密接ではありませんから利用しやすいと言えまして、分散型の投資をしたい方にとっては良いかもしれません。

 

借りてからみたソーシャルレンディングのメリットとデメリット

これらは投資方面から見た場合ですが、もちろん借り手から見た良い面と悪い面もあります。
低金利で借り入れが可能であり、銀行の融資基準を満たしていなくても利用ができ、それほど審査が厳しくないので借り手にも都合が良いです。
審査期間も同時に短く、すぐにお金が必要だという時に利用ができ、銀行とこのサービスを使い分けるといったやり方も考えられます。
貸し手と借り手両方に良いサービスであると言えまして、今後も期待できるでしょう。

 

貸し手から言えば、投資先が分からず、運用もソーシャルレンディング事業者に委ねられていて、途中解約ができないといったリスクを負いますが、案件によっては低額であったり、短期で運用が終わったりとさまざまなものがありますので、多くの選択肢から選ぶということができます。

 

金額や運用期間は案件によって違ってきますが、有利なものはとことん有利であり、人気が高いのですぐに募集が終わってしまいますので注視しておく必要があるでしょう。

 

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。