ソーシャルレンディング 市場規模

ソーシャルレンディング 市場規模

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。

 

貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。
その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。
しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。
実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。

 

 

借手側のメリット

借手側のメリットは、事業モデルや伸びしろをアピールすることができれば実績がなくても借りやすいということです。
ソーシャルレンディングのサービス会社は今後伸びる見込みの高い中小企業やベンチャー企業には積極的に融資を行います。

 

これは今の銀行との大きな違いです。
銀行は貸し渋りやリスクを避ける傾向が強いため、現行で借りられなかった企業がソーシャルレンディングを利用しています。

 

ソーシャルレンディングの現在の市場規模

現在の市場規模は、ここ数年で急激に伸び国内では300億近くの規模となっています。
しかしこれは国際的に見ればまだまだ低い水準です。
実際、ソーシャルレンディングというのが何か知らない人は日本ではまだまだ多いでしょう。
アメリカなどではかなり一般的に認知されており、特に金融に関心のない人でも日常的に耳にするようなサービスとなっています。

 

現状日本でもうなぎ登りに市場規模が拡大していっているので、全国民がこのサービスを知る日は近いです。
また世界の金融評論家たちの間では、このサービスは数十年後にはメガバンクの市場規模を超えると言われています。
実際今の右肩上がりを継続すればそれは現実のものとなりますし、金融評論家たちの多くは自分自身が投資活動を行っています。

 

そうすると、当然このサービスの成長を期待してそこに投資することになります。
結果的にそれがこのサービスの成長を加速させ、一般的な消費者も追随する形になります。

 

リーマンショックなどの影響から銀行への不信感は強まっており、それも銀行の不振に結びついています。
金融業界は特に信用が最重要なビジネスであるため、サービスに対する不信感や、満足できないということが起こると終わりなのです。

 

 

ネットバンキングや電子マネーは普及していますが・・・

また、銀行は古くからの体質を引き継いでいます。
ネットバンキングや電子マネーは普及していますが、今一つ伸びが足りないと言えるでしょう。

 

このコンピューターが普及している時代に、紙幣とコインを持ち歩くというのはどう考えてもおかしいはずです。
レジで並ぶのも時間の無駄ですし。
銀行口座にお金を入れた際には電子データとして管理されるのに、なぜいざ使う時には物理的に交換する必要があるのでしょう。

 

硬貨は造幣局、紙幣は印刷局で作られますが、ここの発行数を縮小させて電子化の方向に向かうことで世の中はより便利になります。
どちらも公共の機関なので当然自発的に動くことは少ないです。
また銀行も長年の権益があるため、半分公共機関のようなものです。

 

世の民間企業が電子化に全力を注いでいる状況と、乖離してしまっていると言っても過言ではないでしょう。

 

もっとも優先的に便利になってほしいと感じる人が多いはずのお金に関して、文明が滞っているのです。

 

インターネットに特化した金融業

ここに現れたソーシャルレンディングです。
現状お金を電子化するようなことは行っていませんが、インターネットに特化した金融業であるため、銀行と比べて時代の流れに乗っていることは言うまでもありません。

 

このサービスが台頭してくることは、単に金融商品が一つ増えたというレベルの話ではないのです。

 

お金そのものの扱いを変え、利益をもたらすと同時に利便性を大きく向上させることになるのです。
物理的に硬貨や紙幣を発行することは資源の無駄ですし、人々の生活を不便にします。
不便にするというと違うかもしれませんが、利便性を向上させる必要性、価値がもっともある個所で、それをせき止めている表現が適切でしょう。

 

しかし、まだこのサービスが銀行の市場規模を抜くには数十年掛かると言われています。
人々がよりこのサービスに着目すればその期間は縮まります。
なぜなら金融業は信用ビジネスであるため、人が価値があると思えばそれが実際の価値になるからです。

 

人々が単なる新しいよくわからない金融商品が増えた。
ではなく、お金に関する利便性を大きく向上させる金融革命が来ると思えば本当に来ます。

 

技術革命は大衆の意志とは無関係に研究の成果やひらめきの結果起こります。
しかし社会革命というのは人々の意志のもとに成り立ちます。
もちろん金融革命は後者です。

 

日常的に身近なものを信じることは大切ですが、疑うことで良い方向に動く可能性は高いです。

 

一番身近なお金を疑うこと

まずは一番身近なお金を疑うことができます。
財布を普段何気なく持っていますが、持たなくて良いならそれに越したことはないです。
買い物に行ってお金を出すのは面倒で、小銭が増えて嬉しい人はいないはずです。
電子マネーを使おうとしても機器が導入されていなくて使えなかった経験を持つ人も多いでしょう。
これらを改善し、革命を起こす力をソーシャルレンディングは持っています。

 

 

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。