ソーシャルレンディング 問題点

ソーシャルレンディング 問題点

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。

 

 

ソーシャルレンディングとクラウドファンディング

似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
しかしクラウドファンディングの方が先にあったものなので、これを知っておくとソーシャルレンディングについてもわかりやすいです。
クラウドファンディングには、大きく分けると購入型、寄付型、金融型があります。

 

 

クラウドファンディング:購入型、寄付型、金融型

購入型

購入型は、貸出の対価として、商品やサービスを受け取ります。

 

寄付型

寄付型は、一方的に貸出を行うだけでその対価はもらいません。
文字通り寄付です。

 

金融型

金融型は、その中でも3種類あります。
投資型、株式型、融資型の3種類です。
これらは、投資の対価として株式や金利をもらいます。
このなかの金融型の融資型が、ソーシャルレンディングとほぼ同じ物となります。

 

このサービスは借手にとっては金利は高めなものの、銀行などより審査が通りやすいというメリットがあります。

 

ソーシャルレンディングの借り手

そのため中小企業やベンチャー企業が多いです。
逆に貸手にとっては、元本が戻ってこない可能性のあるというリスクがあるものの、金利が高いというメリットがあります。
リスクよりもメリットが大きいと考える投資家はこのサービスを選んでいます。
実際貸出先は企業なので、倒産でもしない限りはお金は戻ってきます。
延滞した事例はありますが、元本が戻ってこなかったという事例はまだありません。

 

 

ソーシャルレンディングの金利

そのわりには金利は10%から15%と高めです。
情報を持った投資家の間ではこのサービスに投資する人は多いです。
問題点としては、歴史も浅くまだ情報の少ない金融商品であるため今後どうなるかの予測が立てにくいということです。
この金融商品自体の今後もわからなければ、一人一人の投資家が投資した資金がどうなるかということもはっきりとはわかりません。
ただ現状は右肩上がりにシェアが伸びており、投資家の利益にも貢献しているということはあります。
また融資を受けることができた中小企業やベンチャー企業からは満足の声が多いです。
それは仲介事業を行う業者が事前のヒアリングをきちんと行っているからでもあります。
融資先を選ぶ際には、事業計画や収益の目途があるかということを判断したうえで融資を行っています。
投資家から資金を預かっている以上、最善を尽くすという考えのもとです。

 

海外ではより進んでいるソーシャルレンディング

海外では日本よりもソーシャルレンディングやクラウドファンディングが進んでいる国が多くあります。
これらの国の経済評論家や金融業関係者は、口をそろえて今後のこのサービスへの期待を声に出しています。
金融業に革命をもたらしたとも言われており、世界経済全体を牽引する可能性すら持つと言える影響力です。
リーマンショック以降銀行への信用も一部では下がりつつあり、新たなサービスの台頭に期待したくなる気持ちもあるでしょう。
情報が少ない、先が読めない、といった問題点はありますが、革命が起きるときはだいたいそんなものです。

 

ソーシャルレンディング革命

また革命と言っても技術革命のように一気に起きるものでもないので、人々の意志や時代の流れが徐々に作っていくタイプの革命です。
今の時代仕事にしても何にしてもインターネットが主流です。
物理的な制約は不便が多く、時間効率も悪いことが多いです。
そのことは当然金融業にしても同じことです。
銀行業務は電子化も進んでいますが、金銭も物理的に制約される部分が多いです。
なぜこれだけ電子化が進んでいるのに財布からお金を出してレジで会計しなければならないのかと思っている人も多いはずです。
冷静に考えておかしいと言えるでしょう。
電子情報を持てるのにあの紙とコインは不要なのではないかと思わざるを得ません。
それは銀行が紙幣を発行するので仕方のないことです。

 

 

銀行は時代錯誤に。

しかしこれは今後時代錯誤になっていくでしょう。
そのためにもソーシャルレンディングなど金融業界のインターネット化が進むことは大変喜ばしいことです。
世界的にも銀行が絶対的なものでないことはすでに周知の事実です。
投資家たちの動き次第で金融にそれほど興味のない人たちの動きも変わってきます。
銀行にお金を預けるよりもレンディングサービスやクラウドファンディングに投資するのが一般的になる可能性も十分にあります。
もちろんそのためにはファンドの種類を増やし、低い金利でも元本保証は絶対であるとういうサービスは必須です。
銀行サービスが全面的に電子化する可能性もありますが、それよりは金融業のクラウドサービス化が進む可能性の方が高いですし簡単です。
この理由は銀行のシステムは古く無駄に複雑な部分が多いからです。

 

ソーシャルレンディング:クラウド化するようなサービスが台頭

このシステムというのは、銀行の制度とかそういった話ではなく、プログラミングのシステムの話です。
昔から作られているプログラミングを改修してつぎはぎ状態なので、別のサービスで刷新した方が明らかに早いのです。
クラウド化するようなサービスが台頭してきたことはそういう意味でもちょうどよかったはずです。

 

 

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。