ソーシャルレンディング ブログ

ソーシャルレンディング ブログ

ソーシャルレンディングは新しい金融商品

ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。
お金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。

 

 

ソーシャルレンディングのブログやまとめサイト

このサービスについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
金融業界の人であったり投資家であったり、流行に敏感な人であったりいろいろです。
またその幅や深さもブログやサイトによってまちまちなので、見させてもらうと勉強になるでしょう。
このサービスは日本よりも海外で進んでいる国が多いので、外国人でブログを書いている人も多いです。
インターネットは当然一部を除いて、自由に他の国のサーバーの情報を見ることができます。
興味がある人で英語が読めればそのまま英語で検索してみても面白いでしょうし、英語が読めなくても翻訳サイトを利用すれば読むことができます。

 

ソーシャルレンディングブログの信憑性

よくネットの情報は信用できないといったことが言われますが、だからといって見ないというのはかなりもったいないです。
ネットの情報が全部嘘なら見なくて良いですが、それはありえません。

 

なぜならネットの情報も顔が見えない場合が多いだけで人間が配信しているものだからです。
また人と人の会話でも嘘はあります。
本音と建て前はむしろリアルの会話の方が多いので、ある意味ネットよりも嘘が多い点はあります。
また本にしても良いことばかりが書かれることが多いです。

 

良いことばかりというよりは、出せる情報出せない情報があります。
その点、たしかにネットにはでたらめを書く人は多いですが、逆に普段日常で言えない本音を書くことができるという人も多いです。
ブログも匿名で行うことができますが、サーバーレンタルやレンタルブログにしても、借りるときなんかは確実にIPアドレスは特定されます。
その意味ではその辺の書き込みよりブログ運営者の書き込みは嘘は少ないと言えます。

 

嘘が少ないと断定はできないかもしれませんが、匿名度が少ない分、自分に返ってくるリスクがあります。
ネットは情報の宝庫であり、うまく活用すれば世界とつながれる最強のツールです。
情報の真偽を見分け、ぜひフル活用してください

 

 

ソーシャルレンディングはネットを効率的に使ったサービス

また金融においてもネットをフル活用することは効率的なことであり、物理的な制約が一切なくWINWINの関係が築けるこのサービスは素晴らしいと注目されています。
また、実際市場規模は拡大の一途を辿っており、世界的には今後の金融業界の一番の規模になるのも時間の問題と言われています。
銀行も結局低金利で貸し出しているという意味ではこのサービスと近いのですが、金利とリスクの二点で現状大きく異なります。

 

ソーシャルレンディングとクラウドファンディング

ソーシャルレンディングとほぼ同じサービスでクラウドファンディングというのがあります。
クラウドファンディングは貸出の対価に何種類かあるのですが、その対価として金利を求めるものはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
クラウドファンディングの方が前からあるのですが、いずれにしてもここ数十年の新しいモデルです。
銀行と比べればまだまだ歴史は浅い振興金融ビジネスと言えるでしょう。

 

 

ソーシャルレンディングとクラウドファンディングのリスク

そのため、まだ銀行と比べて元本保証などがありません。
貸し倒れになるリスクがあるということです。
しかし、実際に貸し倒れが起きたという事例はなく、延滞だけです。

 

今後サービスの幅を増やしていけば、銀行並みの安定的な商品を出すことも可能でしょう。
リスクを容認して高い金利を取るか、低リスク低金を取るか選べるとういうことです。

 

ファンドの種類が増えていけばこれは実現可能でしょう。

 

銀行の信用

近年銀行の信用は下がってきていますが、これはなぜでしょう。
それはリーマンショックの影響による銀行の貸し渋りや、経営が傾いたということが原因です。
信用は大きければ大きいほど失ったときの崩れ方も激しかったりします。
今まで銀行はお金を入れる倉庫のような役割も果たしていたのに、それが預けておくと失われる可能性もあるとなると人々は恐怖を感じます。

 

銀行は時代遅れ

そして時代に合っていないのではないかということがささやかれます。
実際、銀行は物理的に紙幣、硬貨に依存しており、時代の流れには合っていない部分は多いです。
前述しましたが、今はネット全盛の時代です。
ネットが伸びているという時代は終わったかもしれませんが、ネットをフル活用するのが当たり前の時代ではあります。
物理的な制約は基本的に無駄が多いので、ネットによってなるべくそれを取り除こうというのが企業の常識です。
たとえば物流はどうしてもものを運ぶ分人の労力はどうしても必要ですが、それでもネット通販に全力を注いでいます。
ネットでの買い物をどんどん便利にするために、人が行う部分とコンピューターで処理する部分を全力で切り分け、最大限効率化しているのです。

 

ソーシャルレンディングはネットに強い金融サービス

銀行はどうでしょうか。
まず紙幣と硬貨は人々の生活を物凄く不便にしています。
ソーシャルレンディングはネットに強い金融サービスとして、金融業界を根本から現代のネット社会に見合ったものに変える力を持ちます。

 

 

ソーシャルレンディングに実際に投資して紹介している人のブログ

 

 

けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記

http://kennygorou931.blog84.fc2.com/

 

ソーシャルレンディング赤裸々日記

http://quadstormferret.blog.fc2.com/

 

ソーシャルレンディング研究誌

http://p2plending.blog.fc2.com/

 

はるぱんだのソーシャルレンディング

http://harupanda.blog.jp/

 

ソーシャルレンディング・不動産担保ローンファンドWATCH

http://fudousanloanwatch.blog.fc2.com/

 

実践ソーシャルレンディング

http://oshowa.blog.jp/

 

暇人学生tantanpyの投資blog

http://blog.livedoor.jp/tantanpy/

 

20代が個人で資産運用してみるブログ

http://investment20.biz/

 

ヘタレ新入社員の投資ブログ

http://ura-ken.blogspot.jp/

 

ソーシャルレンディングを考える

http://fudousanloansociallending.blogspot.jp/

 

ソロでも生きていける資産運用

http://solo-invest.com/

 

shikakenin(しかけにん)の隠れ棲家

http://shikakenin.blog.shinobi.jp/

 

外資系金融マンが本気でお金を考えるブログ

http://www.mani-mani-money.net/

 

良い家計のお金、悪い家計のお金

http://money-weblog.com/

 

ソーシャルレンディング ウォッチ

http://slwatch.jugem.jp/

 

シバイヌが生き延びるブログ

https://shibasurvival.wordpress.com/

 

ソーシャルレンディング(投資物件公開)

http://xn--dck0atx5c6j5bi7dc5g.com/

 

レバレッジソーシャルレンディングと家計簿

http://shirotan123.blog.so-net.ne.jp/

 

 

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。