ソーシャルレンディング 税金

ソーシャルレンディング 税金

投資手法の一つ

ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。
多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。
実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。
他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。

 

 

 

ソーシャルレンディングは利回りが安定

ソーシャルレンディングは利回りが安定しており、10%を超える利率も多いことから儲けがかなり出る投資手法とも言えます。
そのため、税金をどうするのか気になる方も多いようです。
ソーシャルレンディングでの税金は雑所得として計上されます。
もちろん、年に20万円以内の儲けについては申告の必要性がない場合もあるのですが、基本的には運用会社に利回りの中から天引きされることになります。
また、確定申告用に1年分の所得と税金については源泉徴収票が1月とか2月に運用会社から送られてくる場合が多いです。
申告については各自の判断となりますが、申告しやすいように書類が用意されているので多くの方が迷わずに申告できるように体制が整えられています。
税金については投資が本業になっている方はご存知ですが、サラリーマンや主婦の方などには確定申告が難しい場合も少なく無いようです。
その場合でも相談コーナーが設けられていますし、記載例等もしっかり提示されるので申告は問題ない方が多いです。
税金については市町村税とも関連してきますのでしっかり申告したいところです。
また、投資にかかるPCやインターネット回線なども経費として計上できるようになりますので面倒でも関連する領収書等は残しておきたいところです。
マイナンバーについては申告を求めない運用会社が多いですが、近く、必要になると考えられています。

 

運用会社に依存する内容が多い

ソーシャルレンディングは運用会社に依存する内容が多いのが特徴です。
一般的な投資では出資者が決めるところがたたありますが、この手法では運用会社の事業説明で決めなくてはなりません。

 

そのため、事業説明についてはしっかりとした裏付けと必要な項目が記載されていることが多く、内容が込み入ってしまうケースが多いようです。
そのため、利回りや運用期間だけをチェックして安易に出資する方も残念ながら少なくありません。
安定した投資手法ではありますが、完全に儲けが出るということではないので要注意です。
ソーシャルレンディングのリスクについては特に損益がどのように出るかが重要です。
投資の場合、元本保証が無いことが多いですが、ソーシャルレンディングでも元本保証はありません。
しかし、匿名組合方式で融資をするのでリスクは出資金のみとなります。

 

また、不動産投資などのように担保を設定するような投資では元本割れがほとんどない事業が多くなっており、安全性を求めるなら事業もしっかり選んでいく必要があります。
また、出資に際し、出資額で利益率が変わることがない点も重要です。
多くの投資事業では出資額の大きさが事業に対しての発言力となるケースが多いのですが、基本的に発言力はありません。
事業に対しては運用会社が代表で対応することになるためです。
また、発言力とともに利率も変わりません。
1口でも100口でも利率が変わらないのも特徴です。
ハイリターンを得たい場合は他の投資手法も考慮しなくてはなりません。
投資についてのリスクは出資期間もあります。

 

事業性の高い投資の場合、数年単位での投資もよくあります。
しかし、この投資手法の場合は数ヶ月単位で設定可能です。
事業が3年計画だとしてもリターンは返済の中から行われるので出資期間は月単位となるのです。
事業によって3ヶ月単位であったり、半年単位であったりとばらばらですが、事業が完遂するまで期間が設定されないので注意したいところです。
また、一度事業から離れたら再度同じ事業には出資できないケースが多いので、出資期間についてはよく調査することが大事です。
不動産事業など、安定した事業の場合は数年単位で出資する方も少なくなく、定期預金代わりに申し込む方も多くなっています。

 

 

元本がすべてなくなるケースも

比較的安全性の高い投資手法ですが、事業の内容によっては失敗し、元本がすべてなくなるケースもあります。
事業内容は事業性の高いものから、安定志向のものまでさまざまですが、合わせて運用会社についても調べておくと良いです。
過去の事例から得意分野が分かりますし、商品説明から事業に対しての知識がわかります。
一般的な投資とは違って初めての出資者にも平等にサービスすることになるので事業説明はとても重要であり、この点に手を抜くような運営会社は危険であると考えられます。
また、投資については複数の商品をまとめているケースもあり、リスク分散をしっかりしている事業もあります。
利益率などばかりではなく、全体をしっかり調査しておきたいものです。

 

 

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングが流行っている理由。
ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。