ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングが流行っている理由

ソーシャルレンディングはインターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるサービスです。

 

 

 

ソーシャルレンディングの主な借り手

借手としては、中小企業やベンチャー企業が多いです。
その理由は、銀行の貸し渋りや融資の審査基準が厳しくなっているため、これらの企業が資金繰りに困っているためです。
ソーシャルレンディングはこれらの企業に融資する前提の事業でもあるので、ビジネスプランや今後の収益の見込みをしっかりと判断していく方向性があります。
銀行は実績を重視しますが、このサービスでは実績がなくてもチャンスがあります。
なので借手側の視点でいくと中小企業やベンチャー企業の間でこのサービスは流行っていると言えます。

 

ソーシャルレンディングの主な貸し手

逆に貸手は法人もあれば個人もいます。
中でも個人投資家に注目されています。

 

現状の感覚としては、銀行と株式投資やFXの間くらいの利率とリスクといったところです。

 

投資するファンドによっても変わってくるのですが、10%程度の利率を期待できる場合が多いです。

 

もちろん投資商品なので、リスクもある!

しかしリスクもある程度あり、元本の保証はありません。
今のところ、延滞する事例は起こっていますが、返ってこないということは起きていません。
融資している先が個人ではなく企業なので、倒産でもしない限りはお金は戻ってきます。
しかし歴史の浅い金融商品であるため、今後何が起こるかはわかりません。
そのリスクも考慮しておく必要はあります。

 

 

 

ソーシャルレンディングの1番のポイントは、高利回り!

投資家の間でソーシャルレンディングが流行っている理由は、上述した通り高い利回りのためです。
今後の予測が難しい、情報が少ない、といったデメリットはありますが、一部の投資のスペシャリストの間では主流です。

 

海外では日本よりもこのサービスが圧倒的に進んでいるところもあり、それが一つの指標になっています。

 

世界的にはソーシャルレンディングは流行っており、今後伸びていくことを期待されています。
専門家の間では伸びていくことの期待のみでなく、確信している人も多いです。
このサービスは金融業界に革命を起こしたとも言われています。

 

 

 

絶望的な銀行金利

背景としては、前述の通り銀行の状況も関係しています。
リーマンショックなども経て、銀行は絶対的なものではないという意識が特に海外で浸透していっているのです。
また事実銀行の貸し出しは現状難しくなっており、今後この傾向が続けば本当にソーシャルレンディングが銀行のシェアを奪っていく可能性はあります。
よりインターネットサービスに特化したものであるため、時代の流れにも合っているのです。
インターネットは多くの業界に多大な影響を与えましたが、銀行もその一つです。
ネットバンキングや電子マネーは普及しているものの、銀行ではまだ物理的な金銭の扱いがメインです。
今後物理的な金銭よりも電子マネー中心の流れが進めば銀行の位置づけも変わってきます。
仕事もクラウド化されていきますが、お金の流れもクラウド化されていくのです。
物理的なものが重要でないというわけではありませんが、紙幣は電子化できればその方が便利なのは言うまでもありません。
物々交換の時代からお金ができたことはある意味革命ですが、次なる革命も進んでいくでしょう。
しかし技術革命のように一気に訪れるものではなく、社会の流れやサービスの変化なので動きとしては徐々にでしょう。
物々交換からお金を用いる流れが徐々に変わっていったのとちょうど同じような形です。
実際この新規サービスは近年うなぎ登りで規模が拡大していっています。

 

 

クラウドファンディング

ソーシャルレンディングに似た名前のものにクラウドファンディングというものがあります。
どう違うのかということに混乱している人もいるかもしれませんが、まったく別物というわけではありません。

 

クラウドファンディングには大きく分けて3種類のものがありますが、そのうちの一つとレンディングサービスが同じということになります。

 

クラウドファンディングには、購入型、寄付型、金融型がありますが、この中の金融型はレンディングサービスと同じことです。

 

まず購入型というのは、出資のリターンとして商品やサービスが支払われます。

 

寄付型は、出資に対するリターンは求めません。
そのまま寄付です。

 

金融型は、出資の対価として金利などを要求します。

 

仕事もお金の流れも今後クラウド化が進めば便利で効率的な世の中になることは間違いないです。
物理的な制約はないに越したことはありません。
これは仕事にしてもお金にしても同じことです。

 

他の業界もネットをなるべく利用した形に進んでいるので、金融業においてもこの流れは当然のことです。

 

 

お金の電子化

今でも電子マネーやインターネットバンクは存在していますが、どうしてもお金は物理的なものであるというイメージがつきまといます。
紙やコインを持ち歩き、レジでいちいち換算することは明らかに非効率的と言わざるを得ません。

 

クラウドファンディングなど今後進んでいけば、お金自体の電子化もより流行っていくでしょう。
ネットだけでお金を管理することが流行ればベストです。

 

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

ソーシャルレンディングの概要とメリット・デメリット
ソーシャルレンディングを簡単に説明しますとインターネット上でお金を借りたい人や企業がいて、それに対してインターネット上でお金を貸したい人や企業があり、この二つを結びつける融資仲介サービスがソーシャルレンディングになるのです。 現在ではさまさまな呼び方もあるのですが、法の問題や文化の問題によってさまざまな課題がありますが、これから色々なことに期待できるでしょう。 そんなソーシャルレンディングになりますが、メリットとデメリットを考えていきたいと思います。 メリットとデメリットを考えると同時に投資としてはどうなのかも考える必要があり、インターネット上のサービスではありますが貸し手と借り手といったように単純に考えるのも大事です。
ソーシャルレンディングはどんな方が利用するの?
ソーシャルレンディングはどんな方が主体となって投資するか、利用者になるかと言えば個人になります。 そもそもこのサービスはお金を借りたい個人とお金を貸したい、運用したい個人をインターネット上でマッチングさせるサービスになりますので、個人の利用者がメインとなってくるのです。
3分でわかるソーシャルレンディング!
ソーシャルレンディングとは、インターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 借手は今までは消費者金融や銀行カードローンで借りるのが一般的でしたが、今ではこのサービスを利用する人も多いです。 消費者金融や銀行カードローンの審査に通らなかった場合でも、ソーシャルレンディングでお金を借りられる可能性はあります。
ソーシャルレンディングの問題点は?
ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人とお金を貸したい人をインターネットで結びつけるサービスです。 似たような言葉にクラウドファンディングというのがありますが、クラウドファンディングの一つはソーシャルレンディングとほぼ同じです。
ソーシャルレンディングの2chが盛り上がっている様子
ソーシャルレンディングの2chというだけで毛嫌いする人が多いのですが、有益な情報は多々あります。 そもそも2chはただの掲示板なので、いろいろなスレッドがあり、いろいろな人が書き込みをします。 当たり前ですが、引きこもりのオタクっぽい人の書き込みもあれば、経営者の参考になる書き込みもあります。
ソーシャルレンディングのブログを探してみた!
ソーシャルレンディングは最近注目されている新しい金融商品です。 ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をネット上でマッチングさせるというシンプルなビジネスです。 このソーシャルレンディングについてはいろいろな立場の人がブログやまとめサイトを作っています。
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングのサービス関係者のブログを調べたみた!
ソーシャルレンディングの市場規模はどのくらい?
ソーシャルレンディングとはインターネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービスです。 貸手にとっては、金利の高さが魅力となります。 その分元本保証がないため、リスクとなりうるということはあります。 しかし、借手のほとんどは企業であるため、倒産等なければお金は返ってきます。 実際延滞の事例はあるのですが、戻ってこなかった事例は今のところ公には出ていないです。
ソーシャルレンディングで儲けた分の税金ってどうなるの?
ソーシャルレンディングは安定して投資ができるとして幅広い層に受け入れられている投資手法の一つです。 多くの投資手法がハイリスクハイリターンであるのに対し、定期預金並に安定して投資できるこの手法は好評を得ています。 実際の投資では運営会社に任せることになり、月々の利回りを楽しみに待つことになります。 他の投資手法よりも手軽でしかも、出資対象を決めたらあとは何もしなくてもよいという利点があります。