クラウドバンク(CrowdBank) 評判

ソーシャルレンディングはここ10年で台頭してきた新しい金融商品です。

 

世界的にはすでに有力な金融商品としてその地位を確立させている国もあるのですが、日本ではまだまだ認知度が低いということがあります。

 

認知度が低いと言っても、当然投資家の間では知らない人はいないです。
金融商品には特に興味がないという人にはまだ認知度が低いということです。

 

具体的にソーシャルレンディングがどういうサービスかと言うと、お金を借りたい人と貸したい人をインターネット上で結びつけるサービスです。

 

ファンドマネージャーは投資家からお金を回収し、それを投資する先のファンドに投資します。

 

クラウドバンクはこのソーシャルレンディング業者の一つですが、ファンドの種類は大きく分けて4種類あります。

 

これらのどのファンドにおいても高い評判を得ています。

 

具体的には、新興国ファンド、代替エネルギーファンド、不動産ファンド、中小企業ファンドです。

 

正確な商品名はこれとは違いますが、わかりやすいように書きました。
それぞれ、この名前のファンドに投資します。

 

新興国というのは東南アジアが中心になるので、今伸び盛りです。
新興国の資金不足を解消し、さらなる経済発展に貢献しようという意志もそこには含まれています。

 

代替エネルギーも近年注目されているビジネス分野です。
時代の最先端ビジネスと言えます。
またこの分野で成功することは地球の未来を変える可能性すらも持ちます。
このようなビッグビジネスに間接的に携わることができます。

 

不動産は投資の鉄板と言っても良いでしょう。
他の金融商品でも取り扱われるように、このサービスでも扱われています。

 

中小企業ファンドも名前の通り、中小企業やベンチャー企業に対する投資です。
これらの企業は銀行から融資を受けるのが難しい場合が多いため、ソーシャルレンディングサービスを利用します。
銀行は現在貸し渋りを行っており、融資の基準も法改正に伴い厳しくなっています。
中小企業を応援するとは名ばかりで、官公庁も中小企業やベンチャー企業に融資できてない事例が多々あります。
このサービスではその穴を補っています。

 

どんな大企業でも最初は小さい会社でした。
そして融資をもらって成長していったのです。
しかし今から起業する企業が融資をもらえないとなると、今後企業が育っていかないということになってしまします。
また現在は大企業だからといって安定的だというような時代でもありません。

 

しかし銀行や官公庁はまだまだ大企業を優先するところがあります。

 

このサービスではそこを見越して成長見込みのある中小企業に積極的に融資することでWINWINの完成を築いています。

 

ネットをフル活用していることと、大企業絶対主義でないという点で、このサービスは時代にマッチしています。

 

このサービスが今よりもっと伸びていけば、それは単に金融商品が一つ増えたというだけではありません。

 

また一つ便利な時代に合ったサービスが増えたというだけでもありません。

 

時代を変える可能性のあるサービスなのです。
電子マネーやお財布携帯などありますが、普及率が低いですし、まだまだ現金以外で支払いができない場所が多すぎます。

 

結局現状銀行が率先してお金の電子化を図らなければ、私たちの消費活動の利便性は上がりません。
しかし、造幣局や印刷局の既得権益を守ることや、ネット化に前向きでない人が内部に存在するから私たちはいまだに現金会計をしなければならないのです。

 

今のインターネット全盛期に、かなり生活に密着している部分を電子化しないのはそういった背景があります。
地球の資源を無駄にするなと言っておきながら、毎年大量の紙と硬貨を発行しています。
電子化でき、かつ電子化した方が国民にとって明らかに便利な部分を怠慢や既得権益のためにやらないというのは非常に残念です。

 

国民の中には電子化しないことに対して疑問をもっている人もいれば、何も思わずに生活している人もいます。
それはどちらでも良いのですが、不便に感じている人がいることは間違いないです。

 

このような現状をソーシャルレンディングの台頭は打破する可能性があるのです。

 

単に貸し手と借り手をネット上で結びつける金融商品だということだけでなく、ネットに特化している、今のネット社会にもっとも適した金融ビジネスだということが重要なのです。

 

金融業界のネット対応は明らかに遅れています。
景気の問題で着手できないと言いますが、それなら早く世代交代してほしいと思う国民も多いでしょう。

 

実際世界的には銀行の終焉も指摘されています。
銀行が変わるよりも、新たなサービスと入れ替える方が早い可能性が高いのです。

 

私たちが財布を持ち歩かなければならないことは大変非合理的で無駄なことだと言わざるを得ません。
ATMでは金銭を電子データで管理しているのになぜいったん現金に変換する必要があるのか。

 

レジのPOSシステムの技術は直接銀行のシステムにアクセスすることすら容易のはずです。

 

世界中の金融に興味のある人たちは、今後のソーシャルレンディングに期待しています。

関連ページ

クラウドバンクの評判を徹底的に調べてみた!
ソーシャルレンディングはここ10年で台頭してきた新しい金融商品です。 世界的にはすでに有力な金融商品としてその地位を確立させている国もあるのですが、日本ではまだまだ認知度が低いということがあります。
クラウドバンクに投資するべき3つの理由
ソーシャルレンディングはお金を借りたい人と貸したい人をインターネット上で結びつける新しい金融サービスです。 ここ10年ほどのサービスですが、似たようなサービスでクラウドファンディングというのはもう少し前からありました。 この二つがどう違うのかと言うと、クラウドファンディングの一種がソーシャルレンディングとイメージするとわかりやすいです。
クラウドバンクの2chを見てみよう!
クラウドバンクはソーシャルレンディングの中でも有名です。 それと同時に評判も良いです。 やはりじっくり信用を築いてきてようやく花開いたといった感じです。
クラウドバンク 貸し倒れ
ソーシャルレンディングはここ10年で台頭してきた新しい金融商品です。 世界的にはすでに有力な金融商品としてその地位を確立させている国もあるのですが、日本ではまだまだ認知度が低いということがあります。
クラウドバンク 裏話
ソーシャルレンディングはここ10年で台頭してきた新しい金融商品です。 世界的にはすでに有力な金融商品としてその地位を確立させている国もあるのですが、日本ではまだまだ認知度が低いということがあります。
クラウドバンク 会社概要
ソーシャルレンディングはここ10年で台頭してきた新しい金融商品です。 世界的にはすでに有力な金融商品としてその地位を確立させている国もあるのですが、日本ではまだまだ認知度が低いということがあります。