クラウドクレジット(Crowdcredit) 評判

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人と貸したい人をインターネット上で結びつけるサービスです。

 

近年急激に伸びてきているビジネスで、世界中の投資家や金融業界関係者に注目されています。

 

日本では一般の認知度はまだ低めかもしれませんが、アメリカなどでは一般の人でもみんな知っています。

 

このビジネスがここまで伸びており、今後も伸びている理由には、市場のニーズをうまく汲み取っているということと、インターネット社会に特化したビジネスだということです。

 

市場のニーズと言うのは、銀行が融資してくれない現状に原因があります。
中小企業やベンチャー企業は今も増えていますが、実績がなければ銀行から融資を受けられないことが多いです。

 

そこでこのサービスはそういった企業に資金提供することでまだ実績のない企業を応援しています。
国が中小企業を応援すると言いつつ、肝心な部分でカバーできていなかったため、ソーシャルレンシングサービスはそこをカバーしています。
ただそうは言ってもやみくもに貸すと回収できなくなるので、事業が伸びそうかどうかは丁寧に判断して融資しています。

 

そしてネットに特化しているということに関しては、金融業界がネット時代の波に乗り切れていないことが背景にあります。
そもそも銀行は紙幣と硬貨の実権を握っているはずなので、積極的に電子化を行い私たちに財布を持たせるという無駄を省くことが可能なはずです。
電子マネーやお財布携帯では弱すぎたのです。
紙幣や硬貨の発行を抑えることは地球の資源のためでも私たちの利便性のためでもあります。

 

これほどまでの無駄に気付いている人もいれば気にしていない人もいます。
しかし冷静に考えれば無駄だということがわかるはずです。
割り勘などもいちいちお札や小銭を出し合うのは時間と労力の無駄です。

 

電子データで渡すことも可能でしょう。
物々交換の時代からお金ができたときは画期的なものだったに違いありません。
しかし今ではもっとも原始的なものの一つです。
明らかに便利にできる部分をそのまま放置するのはいかがなものでしょうか。

 

ソーシャルレンディングが金融業界のシェアを広げることで、銀行がサービスを受ける側を意識した競争になれば改善される可能性があります。

 

一金融商品が伸びることは素晴らしいですが、それ以上にお金が電子化される日を待ち望む人は多いでしょう。

 

財布からお金を取り出す時代が終わることを楽しみに思う人は、このサービスを応援すると良いです。

 

そして、クラウドクレジットというのはこのソーシャルレンディングの中の一業者です。

 

クラウドクレジット自体で一企業なのですが、今は伊藤忠商事と業務提携しています。

 

伊藤忠商事がクラウドクレジットの株の所有率を一定数超える形で今の形態になりました。

 

この提携前も後もクラウドクレジットの評判は良いです。

 

その理由はこのサービスの中でも金利が高いという点です。

 

10%を超える利率でサービスを提供しているファンドもあります。
しかもこの高い金利であるにも関わらず、元本割れするような事態は起きていません。
この高い利率とリスクの低さが魅力です。
このサービス自体が歴史が浅いので、確実にリスクがないとは言えないのですが、今は安定稼働できているということです。

 

実際ファンドの投資先は企業がほとんどなので、倒産しない限りは元本を割るような事態にはなりません。
また事業の成長に関しては、あらかじめファンドマネージャーが利益を見込んだ企業にしか融資しません。

 

なので倒産のリスクも低いのです。

 

資金に対する需要は国内だけでなく、新興国で特に増すばかりです。
融資の選択肢もネットを介してさまざまな選択ができるのと同じように、ビジネスもネットを介してさまざまな選択ができる時代です。

 

新興国に住んでるからといって、情報を持っていないわけではないのです。
むしろ伸び盛りの経済市場の波に乗って起業する人は多いのです。

 

銀行はどこの国もわりと貸し渋っているので、ソーシャルレンディングはその隙にネットをフル活用して融資で稼いでいます。
まさに企業や海外との関係はWINWINです。

 

お金と言うのは新たなお金を生みます。
しかしそのためには適当なところにお金がなければなりません。
需要と供給を一致させてこそお金がお金を生むのです。
その需給の一致は今や簡単に国境をまたぎます。
それはインターネットのおかげです。
このサービスはそうやってシンプルに時代に合った取り組みをしているのです。

 

お金を貸したい、借りたいに関わらず、多くの人がこういった新しい金融サービスに関心をもつことはサービスの向上につながります。
サービスは注目されればより一層そこに力が注がれ良くなっていくものです。

 

私たちがこのサービスに注目することで、お金のありかたそのものが問われる可能性もあります。
たとえば前述した物理的な制約です。
お金は物理的ではなく電子的に持つ方が私たちにも地球にも良いです。

 

クラウドクレジットもこのサービスを担う一社です。

関連ページ

クラウドクレジット 貸し倒れ
ソーシャルレンディングの裏側
クラウドクレジット 裏話
ソーシャルレンディングの裏側
クラウドクレジット 2ch
ソーシャルレンディングは特に社会的に必要とされている事業に融資をするための方法として全世界で利用されている方法です。 しかし、日本ではどちらかといえば個人投資家向けの新しい投資商品として扱われることが多く、本来の社会的な意義が薄れてしまっているようです。 しかし、クラウドクレジットのような海外投資を積極的におこなっている企業も増えてきており、ソーシャルレンディングを利用した日本からの融資が世界で活用され始めています。
クラウドクレジット 会社概要
ソーシャルレンディングの裏側
クラウドクレジット 杉山
ソーシャルレンディングの裏側
クラウドクレジットに投資するべき3つの理由
ソーシャルレンディングを日本で運用している企業はたくさんありますが、海外事業を中心に行っている企業はそれほど多くありませんが、中でも注目されているのがくクラウドクレジットです。 クラウドクレジットは海外での事業融資の仕組みをしっかり組み上げており、多くの事業を成功させてきています。 特に日本の他の運用会社と違って現地子会社をしっかり建てるなど現地に合わせた融資が特徴です。 海外むけの出資をしたいのであればこの会社を選ぶことをおすすめします。