オーナーズブック 貸し倒れ

オーナーズブック 2ch

 

オーナーズブック(OwnersBook)の2chを集めてみました!
予想利回りが低く、銀行に次ぐ第二抵当が多いようです。

 

ハイリスク、ローリターンの印象がある、ソーシャルレンディングサイトです。

 

 

 

オーナーズブック 2ch 投稿ログ1

179 :
名無しさん@お金いっぱい。:
2015/06/28(日) 21:12:21.54 ID:k708IYxX0
ラキバン取れたぜ。
さすがに前回の500万円は無理だったが。

 

マネオが最近5%だから、必然的にラキバンになる…
マネオ頑張れよ。
オーナーズブックも5%均一で、
7月のLCも5%くらいってどっかに書いてあったもんな。

 

オーナーズブック 2ch 投稿ログ2

221 :
名無しさん@お金いっぱい。:
2015/06/30(火) 10:25:41.30 ID:xjI4K5V80
オーナーズブックなんて銀行に次ぐ第二抵当ばっかりじゃん
あれやべーよw
銀行はしっかり第一抵当でリスクヘッジして、銀行がしっかり債権回収したあとの
絞りカスを投資家が分け合うという
そして5%とかリスクと釣り合いが取れてないw

 

オーナーズブック 2ch 投稿ログ3

303 :
名無しさん@お金いっぱい。:
2015/07/03(金) 21:59:27.73 ID:R+BFUby70
オーナーズブックなんかよりよっぽどいい

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

 

オーナーズブックはソーシャルレンディングを行っている企業の一つです。
幾つかの特徴がありますが、インターネット上での評価がとても高いのが注目点です。
オーナーズブックは小額出資、会員のSNS、不動産投資がポイントの企業ですが、それぞれインターネット上、特に2chでの評判から考えてみたいと思います。

 

2chは日本でもっとも大きな匿名掲示板です。
いろいろな話題を扱っていますが、匿名ということもあり厳しい意見が多いのが特徴の掲示板です。
匿名なので怪しい情報も少なくないのですが、実際の商品についての話題は利用者の意見もあるので大変参考になります。
また、ソーシャルレンディングの場合は出資した結果を示すなどこれから利用するかどうか迷っている方には重要な情報もあります。
ただし、多くの内容があるのでほしい情報を集めるのは大変骨が折れる作業となっています。

 

2chでのオーナーズブックの評価は7割程度が良い評価、3割程度が厳しい意見が多いようです。
良い意見として特に多かったのが不動産投資を中心にしている点です。
日本は首都圏を中心に不動産投資が活発ですが、個人で出資できる商品はとても少なく、大口投資家でなければ参加できないことがほとんどです。
しかし、ソーシャルレンディングであれば1万円からの出資が可能であり、また、期間もいくつかパターンが用意されていることから使い勝手の良さが魅力です。
オーナーズブックの商品は特に不動産関連が多いのですが、2chでの評価は大変よいです。
特に不動産の選択に注目が集まっており、実績があるから良い物件を集めてこれるという評価となっています。
もちろん、利益率が高い、ハイリターンな商品に注目が集まることも多いですが、安定した投資を求める意見も多く、幅広い層に受け入れられる商品構成を実現している点は見逃せません。
また、商品構成については1万円をから出資できますので分散投資しやすくなっています。
分散投資といえば出資を分けてリスクヘッジする方法ですが、ソーシャルレンディングの場合は複数の投資先を集めて商品化することも多く、商品を選んだ段階で分散化している点も評価されています。
オーナーズブックの場合は不動産投資なので単独事業が多いのですが、商品数が多いので分散投資もしやすい状況となっています。

 

2chでの評価のうち、次に注目したいのが独自のSNSです。
出資者同士のコミュニケーションを取る場としてのSNSを正式に用意している企業はとても少ないです。
しかも、商品への意見を述べる場としてだけではなく、さまざまな投資について話し合いができるのが魅力です。
2chは匿名ですが、同じ目標を持っているだけに内容の濃い書き込みが多くなります。
ただし人数が多いので無駄な書き込みも少なくないのです。
対してSNSの場合は完全に関係者しかいませんんので商品についての話題がさらに濃くなります。
また、もともと使い勝手の良いインタフェースを用意しているオーナーズブックですが、要望等も聞いてくれる場であり、改善がスムーズに進んでいるのもポイントです。
ソーシャルレンディングのシステムは使う側からすれば単純ですが、運営する側にとっては難しい点がとても多いです。
しかし、複雑なことを出資者に見せないようにわかりやすくシステムを組むことは企業にとって重要です。
多くの企業がユーザーの意見を聞けずに改良を続けているのに対し、独自のSNSを持つことでユーザーの要望を直接聞ける体制は重要です。
インターネット上の他の口コミを見ていても独自のSNSを利用したことがある出資者の多くが満足しているようです。
特に出資初心者については右も左もわからない状況も多いですが、アドバイスや意見交換ができる場を用意しているだけでもこの企業を利用する価値があるという意見もありました。

 

ソーシャルレンディングは一見すると安全な投資だと勘違する方も多いのですが、投資に100%はありません。
重要なのはリスクがどこまで減らされているかです。
各商品ごとに利益率が発表されますが、同じような事業規模でもかなり差がつくことも珍しくありません。
事業に出資するかどうかは商品を吟味することが重要になります。
その際の情報源としてSNSは重要です。
また、内部での情報ではなく、外部の目線も欲しい場合は匿名掲示板やツイッターなども利用できます。
スマートフォンが普及したことで出資した人の意見が多数見受けられるようになってきていることから、商品の説明文だけで判断する必要がなくなってきています。
この点は多くの企業が注目している点であり、商品開発においても参考としているようです。
また、SNSを持っている場合は特に意見を聞く体制ができており、ユーザーの希望する商品が多数登場してきています。
投資はリスクがあるのですが、分散もしくは少額投資で減らしながら楽しむことも可能となってきています。

関連ページ

オーナーズブック 貸し倒れ
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 裏話
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 会社概要
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 岩野
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブックの評判を徹底的に調べてみた!
オーナーズブックは不動産投資を中心としたソーシャルレンディングを行っている企業の一つです。 ソーシャルレンディングといえば小口投資で広く出資者を募る方法として一般的になってきていますが、多数の企業が参戦している激戦区でもあります。 その中でも特に注目されているのがオーナーズブックです。 そこでインターネット上の口コミなどを中心になぜ評判がいいのか調べてまとめてみます。
オーナーズブックに投資するべき3つの理由
ソーシャルレンディングを利用した投資をするならオーナーズブックを利用するという意見が多くなっています。 オーナーズブックはソーシャルレンディングを利用した不動産投資を数多く手がけている企業です。 従来、不動産投資は一部の出資者だけで行うことが多く、一般の方は参加できないケースがほとんどでした。