オーナーズブック 評判

オーナーズブック 岩野

オーナーズブックは不動産投資を中心としたソーシャルレンディングを行っている企業の一つです。
ソーシャルレンディングといえば小口投資で広く出資者を募る方法として一般的になってきていますが、多数の企業が参戦している激戦区でもあります。
その中でも特に注目されているのがオーナーズブックです。
そこでインターネット上の口コミなどを中心になぜ評判がいいのか調べてまとめてみます。

 

そもそもソーシャルレンディングは日本では2008年ごろに始まったと言われています。
当初はまだインターネットがそれほど利用されていませんでした。
しかもスマートフォンもそれほど普及していなかったのですが、徐々にインターネット人口が増えてきたこともあり、ソーシャルレンディングも知られるようになってきました。
それまでの投資といえば企業や大口投資家が行うことが多く、数万円程度の小口投資家はほとんどやっていないのが実情でした。
しかし、実際に融資を受けられる企業は少なく、また、銀行からの融資も新規事業、さらに取引がない企業には厳しいものがありました。
そこで注目されたのがソーシャルレンディングとなります。
この方法は融資先をそれまでの枠から外し、新規事業でも、規模が小さい融資でも率先して対応し、また、1万円程度から出資を受け付けるなど、広く出資者を集める方法です。
もともとインターネットを中心に広まっているので名前が付きました。
似た方法としてはクラウドファウンディングがあり、さまざまな方法で新規事業をバックアップしています。

 

オーナーズブックは数多くある出資対象から不動産を選んでいます。
不動産はクラウドファウンディングでもよく利用されてきていますが、もともとは大口投資家が利用する方法でした。
インターネット上の評判でも小口出資が可能になったことを喜ぶ声が多く、この企業を知っている方もとても多かったのが印象的です。
ただし、不動産については扱いがとてもむずかしいのが現実です。
不動産鑑定だけでは意味がなく、新しい価値を想像し、どのように収益につなげるのか、物件ごとに多くのアイデアが必要となります。
クラウドファウンディングの場合は株式で報酬を得るタイプも多く採用されてきていますが、オーナーズブックの場合はあくまでも融資でのリターンを得る仕組みを行っています。
不動産投資の場合、利益率が高くないケースも多いのですが、10%前後に設定されることとが多く、口コミでも高いリターンだという認識が多いようです。
ここまで高くできる理由はこの会社が経験が豊富であるからです。
不動産は立地が重要になりますが、いい物件を扱えるかは企業の力です。
オーナーズブックは長年の経験を活かした営業活動が行われており、物件探しにも定評があります。
物件には単独で融資を行うこともできますが、リスクヘッジの観点からも分散投資をしておきたいところです。
そのため、部屋単位などで投資をする方も少なくないのですが、この会社の商品は部屋ごとなどの部分的な投資からまるごとの投資まで幅広い商品展開が魅力となっています。
厳しい意見が多い2chなどの匿名掲示板でも良い商品はほめてくれますが、その割合がとても高いのが印象的でした。
もちろん、厳しい意見もありますが、好調なサービスであっても厳しい意見はあるのでこの会社が特段悪いとは思いません。
逆に商品単位でしっかり口コミがあるので注目されているのだと考えるべきです。
インターネット上の口コミは2ch以外にもツイッターやFacebook、ブログなどがあります。

それらをよく見てもこの会社については好評な意見が多いです。

 

オーナーズブックは商品展開が魅力的な企業ですが、不動産については募集期間前に埋まることが多いのが特徴でもあります。
すべての商品がすぐに埋まるわけではありませんが、商品ごとによく吟味されており、ツイッターなどで拡散されて一気に埋まってしまうようです。
口コミについては各媒体ごとに印象が変わってきています。
2chなどの匿名掲示板では会社自体についてはそれほど書込がないのですが、商品ごとにはよく検討されています。
また、ツイッターにういては口コミがあるというよりは商品のリツイートが多くなっています。
Facebookでは実際の投資について書かれていることが多いですが、細かくはないようです。
この企業の実際の投資についての口コミが少ない理由は独自のSNSがあるからです。
出資者専用SNSであり、商品に対する感想から各種要望まで企業側、出資者同士でやり取りが活発なようです。
中は見ることができませんでしたが、SNSについての感想を見る限り、活発な意見交換がされているようです。
SNSには企業の会員になることで参加でき、投資前の情報交換としても利用できます。

 

ソーシャルレンディングは日本ではようやく活発化されてきたところですが、不動産投資など従来の投資をさらに活発にする可能性が高く注目が集まってきています。

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

オーナーズブック 貸し倒れ
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 裏話
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 2ch
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 会社概要
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 岩野
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブックに投資するべき3つの理由
ソーシャルレンディングを利用した投資をするならオーナーズブックを利用するという意見が多くなっています。 オーナーズブックはソーシャルレンディングを利用した不動産投資を数多く手がけている企業です。 従来、不動産投資は一部の出資者だけで行うことが多く、一般の方は参加できないケースがほとんどでした。