オーナーズブック 投資

オーナーズブック 岩野

ソーシャルレンディングを利用した投資をするならオーナーズブックを利用するという意見が多くなっています。
オーナーズブックはソーシャルレンディングを利用した不動産投資を数多く手がけている企業です。
従来、不動産投資は一部の出資者だけで行うことが多く、一般の方は参加できないケースがほとんどでした。
しかし、ソーシャルレンディングを活用することで広く出資者を募ることができるようになり、投資のチャンスが格段にアップしてきています。
ただし、扱いう企業が増えてきたことで競争が激しくなっており、選ぶ側も難しくなってきているのが現状です。
そこで活用したいのがインターネットにある口コミです。
実際に利用した方の意見が多く公開されてきており、少額出資から大口出資までさまざまな意見を見つけることができます。
これらの意見を見ていくとオーナーズブックが利用しやすく、また、安心して出資できると考えられます。

 

オーナーズブックを選ぶ理由は主に3つあります。
1つ目は不動産を商品としていることです。
ソーシャルレンディングの場合、多くの事業を対象とすることができますが、危険性が高いのを嫌う方は不動産関係の商品がおすすめとなります。
利益率が標準的ですが、なにより失敗が少ないのが魅力です。
ただし、不動産の選定は大変なノウハウが必要であり、商品を多数取り揃えるのはとても大変です。
しかし、オーナーズブックは長年の経験を活かした商品展開をしており、少額投資であっても満足の行く利益率を実現してくれます。
不動産関連の商品は実際の物件を扱い時と新築とがありますが、双方にチャンネルを持っている企業であり、商品のラインナップはとても多彩です。
商品が多いことで分散投資が格段にやりやすくなります。

2つ目の理由は一人じゃないということです。
出資者には専用のSNSへのアカウントが提供されます。
SNSはFacebookなどと同様の仕組みですが、出資者に限定していることで内容の濃い話題が多くなっています。
特に商品の選定は活発な意見交換がされており、出資者にとって必須ともいえる場となっています。
情報交換は株式などとは違ってリアルタイム性は必要ありません。
出資期限までにじっくり検討する時間があります。
もちろん、参加人数に制限はありますが、株式やFXに比べてじっくりと検討できるのが魅力です。

検討材料は多いほうが良いですが、精度も大事です。
SNSはその点満足の行く検討材料となっており、この会社の商品を選ぶ理由となっている方も少なくありません。
3つめは商品点数の扱いやすさです。
ソーシャルレンディングは多数の事業をまとめて商品化することが多いのですが、リスクヘッジが可能になる反面、わかりづらいことがあります。
その点、オーナーズブックの商品は単独事業が多く、また不動産が対象であることが多いのでわかりやすいのが魅力です。
もちろん、プロの厳しい目線で選んだ事業ばかりなので出資する際にも比較的安心して出資する方も多いようです。
また、事業点数が多いのも嬉しいところです。
分散出資はリスクヘッジの基本ですが、複数のソーシャルレンディング企業を利用するのは大変です。
商品点数が多ければそれだけ分散しやすくなります。
また、出資するお金と運営に関わるお金は別に管理されていますので万が一の破綻にも対応してもらえます。

 

インターネットを利用して出資者を募る仕組みは単純で人数を集めやすいのが利点ですが、口コミ等で批判されることも少なくありません。
しかし、この企業の場合は口コミの多くが好意的だったのが特徴です。
商品をしっかり吟味して出資者に提案する仕組みは簡単にはできません。
長年の経験を活かし、また、SNSなどを活用して出資者の意見をしっかり聞くことで達成した仕組みだからです。
また、利用にあたって重要な各種手続きや費用が少ないのも魅力です。
口座の維持が優良である企業が多い中、この企業は無料化しています。
数万円の入金であっても維持費は無料であり、初めて利用する方の多くが安心できたという意見でした。
また、利益確定後はすぐに源泉徴収を行って口座に入金してくれます。
税金については雑所得になることが多いですが、源泉徴収してくれるので確定申告が大変しやすくなります。
税の申告については複数の所得を持っている場合には面倒なのですが、申告に使える書類をしっかり用意してくれるので大変助かります。

 

インターネット上で出資者を募る仕組みは一見すると危険だと考える方も少なくありませんが、この企業のように大規模案件から小規模案件まで幅広く取り扱ってきた経験があるので出資も安心できます。
また、不動産に特化した商品展開は分かりやすく、また、利益が出やすいと期待されています。
2chなどの匿名掲示板でも不動産ならとこの企業を選ぶ方が多くなってきています。
わかりづらい部分をしっかり丁寧に解説する姿勢もあり、出資に値する企業と言えます。

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表
  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<

関連ページ

オーナーズブック 貸し倒れ
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 裏話
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 2ch
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 会社概要
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブック 岩野
ソーシャルレンディングの裏側
オーナーズブックの評判を徹底的に調べてみた!
オーナーズブックは不動産投資を中心としたソーシャルレンディングを行っている企業の一つです。 ソーシャルレンディングといえば小口投資で広く出資者を募る方法として一般的になってきていますが、多数の企業が参戦している激戦区でもあります。 その中でも特に注目されているのがオーナーズブックです。 そこでインターネット上の口コミなどを中心になぜ評判がいいのか調べてまとめてみます。