ソーシャルレンディング 裏話

ソーシャルレンディング 裏話

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは

ソーシャルレンディングとは、昨今新たな投資先として、非常に多くの個人投資家から注目を集めており、1万円〜という少額からの投資、かつ高利回りということで、今まで投資をしてこなかった層にまで幅広く受け入れられているようです。

 

ソーシャルレンディング(別名:貸付型クラウドファンディング)は、みんなのクレジット、maneo、クラウドクレジットといった大手ソーシャルレンディングサイトを通じて、投資家が出資を行い、資金を必要としている事業者に投資する仕組みのことです。

 

 

 

銀行金利はマイナス金利導入後、貯めるだけ損という状況が続き、株式、FXに関しては、投資初心者にはリスクが高すぎる為、手の出しにくい投資商品です。
そんな中、ソーシャルレンディングは案件を選ぶだけで、基本的には静観するだけで安定的に高利回りが手に入れることができる理想的な投資商品であるといえるでしょう。

 

ソーシャルレンディング・銀行預金・FX/株式を簡単な表にまとめてみました。

 

比較項目 ソーシャルレンディング 銀行預金 株式・FX
利回り 5−15% 0.0001%

10−50%
※参加者の9割がマイナス

運用期間 案件次第(1~36ヵ月) 1年間〜 1日〜
手数料 0円 銀行による 300円〜
元本保証 保証なし あり 保証なし
リスクの無さ ×
投資初心者への勧め ×

 

上記の表にある通り、銀行・株式・FXはリスクが高すぎる、リターンが見込めないなどの理由で投資商品としては、おすすめできません。
ソーシャルレンディングであれば、有名メディアも取り上げていることが多く、今後非常に期待できる投資商品であることは間違いありません。

 

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

メディア掲載の実績を一部ピックアップしてみましたので、下記をご覧ください。

 

引用:ザイ・オンライン

貸し手と借り手を、ネットを使って最適なマッチングを実現するという「ソーシャルレンディング」。予想利回りは5〜15%と非常に高く、実績も出てきた。このネットが生んだ新しい金融商品はじわじわ拡大している。

 

ソーシャルレンディングは、最近はやっているクラウドファンディングの一種だ。投資対象をローン(貸し付け)に特化している。maneoはそのソーシャルレンディングの日本における老舗であり、累計の運用総額が300億円を超える最大手。
世界全体のソーシャルレンディング市場は巨大だ。世界大手5社だけでも、1兆円規模に達する(2014年、Liberum調べ)。矢野経済研究所の調べによると、日本の市場規模は約156億円(14年)で、増加傾向にあるという。

 

ソーシャルレンディングは、国内にいながら手軽に高利回り商品を手に入れられる。予想利回りは5−15%程度の商品が多くい、投資期間は1−5年程度。今のところ、破綻事例は少ないが、情報開示がやや少なめであり、リスクが分かりにくいのが難点といったところだ。

 

金融のプロフェッショナルである外資系の大手金融出身者もこの機会に着目、ベンチャーを立ち上げている。米ゴールドマン・サックス出身者が創業したのが、不動産関連に資金を提供する、ロードスターキャピタル。運営するサービス「オーナーズブック」では、主に5%程度の利回りが見込める投資案件を提供する。

 

 

 

引用:http://diamond.jp/articles/-/79520

 

 

引用:ハーバー・ビジネス・オンライン

数万円からの少額投資で、5〜10%の利息が得られるソーシャル・レンディングの仕組みについて、専門家に聞いた!
◎右肩上がりに膨張するミドルリスクミドルリターンの新サービス

 

外国為替市場では円高が絶賛進行中。連動するかのように日経平均株価も不安定な状況。FXにしろ株にしろ、簡単ではない相場が昨今続いている。

 

そんななか、新たな投資先として注目を集めているのが“貸付型クラウドファンディング”と呼ばれることも多い「ソーシャル・レンディング」なるサービスだ。クラウドファンディングとは、プロジェクトを達成させるための資金を不特定多数の人(Crowd=群衆)から集めて、資金調達(Funding)する仕組み。大手家電メーカーでは製品化できないような奇抜なプロダクトの製品化を目的にしたり、熊本地震の被災支援を目的としたプロジェクトで利用されている。ここで今回紹介するのはクラウドファンディングの一種で、利息付きで元本が戻ってくる貸し付け型。このタイプを、特に「ソーシャル・レンディング」と呼ぶのだ。

 

仕組みはこうだ。企業や団体などが、新規事業を立案。インターネットで事業内容を公開し、投資してくれる賛同者を募る。投資家はファンドに出資し、事業が計画通りに進めば元本が利息付きで戻ってくる。当然、投資家は貸し倒れのリスクを負うものの、5〜10%という銀行預金などの金融商品に比べて高い利回りが期待できる。また、数千万円の資金調達を小口に分けるので、数万円からと、少額で始められる点もソーシャル・レンディングの大きな特徴だ。

 

こうした高利回りを背景に、ソーシャル・レンディングの市場規模も右肩上がりに拡大している。市場調査会社・矢野経済研究所のリポート(2015年7月末時点)によれば、国内でクラウドファンディングを扱う企業数は100社程度。SBIグループや伊藤忠商事など大手企業の参入も見られる。そして新規プロジェクトに対する支援額は、’12年度が69億円、’13年度が120億円、’14年度が156億円と、右肩上がりで成長を続けているのだ。

 

 

 

引用:http://hbol.jp/94945

 

年々右肩上がりに取引高が上がっており、WEB上でも非常に盛り上がっています。

 

現在世の中には様々な金融商品がありますが、安定と利回りのバランスが一番とれた商品は間違いなくソーシャルレンディングでしょう。
現在徐々にソーシャルレンディングの知名度は上がっており、各社負けず劣らずの高利回り商品を出している状況です。

 

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

ソーシャルレンディングの投資先について

ソーシャルレンディングとはインターネットを通じて、投資家が直接、お金を貸す(もしくは出資する)手法のことをいいます。

 

銀行は預金者が預けたお金を債権者に貸すことで得られた利息の一部を預金者に支払います。
しかし、日本は低金利のため、銀行に預けてもほとんど利息がはいりません。
ソーシャルレンディング会社は銀行のように貸し手と借り手の中間業者ではなく、貸し手と借り手をつなげる会社であるため、中間業者がない分、金利が高く設定することができます。
また、借り手にとっては、貸し手である投資家が納得すれば、取引成立することで、短期間でお金を借りることができ、銀行で借りるための審査などの手間と時間をかけずに済むので、銀行より金利が多少高くても、魅力的といえます。

 

 

 

ソーシャルレンディングの運用期間

ソーシャルレンディングは投資先にもよりますが、期間は数カ月から1年程度が多く、金利は数%から10%を超える案件もあります。
投資金額は借り手の申し込み金額に対して、多くの投資家に分散することで、少額投資ができるようになっています。
例えば、500万円の投資額に対して、100口に分けることで、一口5万円で投資ができるようにしています。

 

少額投資と短期運用ができる上に、高金利であるため魅力的な資産運用といえますが、借り手が返済できない場合には、銀行のように元本保証がされていないので、募集時の金利より低くなったり、元本割れのリスクがあることはしっかり把握しなければなりません。

 

ソーシャルレンディングの注目する項目としては投資先

ソーシャルレンディングの案件には投資先、投資額、最低投資額、金利、投資期間、申し込み期間の情報があります。
申し込み期間内に投資額に達しない場合は、取引不成立になり、応募した投資家のお金は返済されます。
申し込み期間より早く投資額に達した場合には、申し込み期間中であっても、投資受付が終了となります。

 

投資家にとって一番、注目する項目としては投資先です。
元本割れリスクの判断をする重要な項目なので、投資先の情報について理解せずに、金利だけで投資することは、とても危険な投資といえます。
投資したお金がどのように使われ、どのような利益がでることで、投資家に分配されるのか、しっかり内容を把握してから投資するように心がけなければなりません。

 

 

 

消費者金融ファンド、企業への短期融資、特定プロジェクトへの出資

投資先は大きく分けて、消費者金融ファンド、企業への短期融資、特定プロジェクトへの出資の3つに分かれます。

 

消費者金融ファンドへの出資

消費者金融ファンドとは投資家から借りたお金を消費者金融として主に個人にお金を貸すファンドのことです。
借り手を増やすことで、分散投資と同じように、借り手の一部が返済できなくても、ファンドの資産が減るリスクが軽減されます。
また、借り手の返済能力を審査して、金利を決めたり、返済能力がないと判断されれば、不適格者として審査に落とされるので、多くの借り手が返済できなくなるリスクは低くなります。

 

企業への短期融資

ソーシャルレンディングで一般的な案件というと企業への短期融資です。
商取引において、現金の支払いに時間がかかことがあり、企業業績が良くても、一時的に会社にある現金が十分でないときがあります。
本来であれば、銀行からのつなぎ融資を受ければ良いのですが、融資を受けるために、審査をうけなければならず、必ず借りれる保証がないので、投資家が納得してもらえれば、すぐに融資が受けられることで資金繰りの解消に役立ちます。
投資家にとっても、借りるための目的がはっきりしているので、投資判断がつきやすく、投資しやすいので人気があります。
融資の返済ができないリスクはありますが、一般的に、担保がある企業に対して、融資するので、元本割れのリスクはあっても、投資額がなくなることはありません。

 

例えば、不動産会社が中古物件を見つけ、リノベーションして高く売れると判断しても、会社にある現金では購入資金として不足であるため、投資家に購入資金を応募したとします。
この場合、購入予定の中古物件を担保にすることによって、高く売ることができなくても、中古物件の売却金額分は投資家に返済されます。

 

特定プロジェクトへの出資

特定プロジェクトへの出資は企業が新しいプロジェクトを行うための資本を集めることを目的としたものです。
特定プロジェクトは新規事業や社会貢献が強いため、あまり金利の高い案件は少ないといえます。
元本割れのリスクが高い案件を応募することは稀ですが、投資家は資産運用というよりもプロジェクトを応援したいという気持ちで小口で投資した方が良いでしょう。

 

 

 

ソーシャルレンディングのリスク

投資先には多くのものがあり、それによって、リスクに違いがあります。
大手金融機関や実績のある会社であれば、元本割れリスクを出来る限り軽減するような案件を募集しますが、元本割れがないとはいえません。
インターネットで容易に投資ができるので、高金利の方に目を向けてしまいますが、しっかり案件内容を確認し、一つの案件を大口で投資するよりは、分散投資を心掛けるようにした方が良いといえます。

 

 

 

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

ソーシャルレンディングの平均的な利回りは?

ソーシャルレンディングは新しい投資の形として人気を得ており、こういう形のビジネスに興味を持っている人は多いです。
このシステムは一般の人がお金を特定の相手に貸して、そのお金を借りた人のビジネスが成功をすると利益を得られるものです。

 

つまり金融機関のような形で投資をするシステムなのですが、このシステムは海外で人気を得て非常に高い評価をされました。
それが今は日本国内にも入ってきており、このような形で投資ができる業者が増えてきています。

 

ソーシャルレンディングの平均的な利回りは5%前後が多い

ソーシャルレンディングをする場合はどの程度利益になるのかが気になりますが、利回りについては投資する対象によって変わります。
例えばハイリスクハイリターンな投資対象の場合は、10%以上のリターンがあることも少なくないです。

 

そうでないものの場合は数%くらいになることが多いですけど、このリターンでも一般的な投資としては十分な効果があります。
ソーシャルレンディングの平均的な利回りは5%前後が多いといわれており、普通に投資をしておけばその程度のメリットを得られます。
そのため工夫をすれば安定した利益をえることができますから、利用のしやすい投資先になっています。
ソーシャルレンディングには色々な投資先があって、ラーメン屋から大企業の新プロジェクトまで数多くのものが存在します。
そのようなものに投資をするのでどういう結果が出るのかは、投資をした先によって大きく変わることになります。

 

 

 

ソーシャルレンディングは確実に儲かる?

またこの投資の方法はお金を貸した相手がビジネスで成功しないといけないので、確実に儲かるというわけではありません。
例えば投資をした先が失敗をすればお金はなくなりますから、その場合は大きな損失が発生することになります。
そのようなことを考えつつ投資先を考えることが重要なので、どこに投資をするかを判断することが一番大事です。

 

ソーシャルレンディングの安全性は?

ソーシャルレンディングで投資先を考えるときに重要なのは利回りもありますが、安全性も判断をしておかなければいけません。
たしかにソーシャルレンディングでは大きな利益を得られるプランも多く存在しますが、そのようなプランは失敗するリスクも高いです。

 

そういう点についてよく考えておくことが重要で、利益の得やすさとリスクの関係を知っておくことが必要です。
ソーシャルレンディングで安定した利益を得たい時は、失敗のしづらいプランに投資をするのも効果的です。

 

 

 

ソーシャルレンディングでは安全性の高いものでも利益を高く得られる?

実はソーシャルレンディングでは安全性の高いものでも利益を高く得られることがあり、そういう形で利用をすることも可能です。

 

ソーシャルレンディングでは金融機関のようにお金を貸すわけですから、ある程度はお金がもらえるようになっています。
そのため他の投資に比べて利益を得やすい所があるので、そのようなメリットがあることについてはよく知っておいたほうがいいです。

 

安定した利益を得やすい投資先と、リスクがあるけど高いリターンのある投資先

ソーシャルレンディングでは安定した利益を得やすい投資先と、リスクがあるけど高いリターンのある投資先があります。
その2つを上手く合わせてビジネスをすることが大事で、そういう形でできれば平均的な利回り程度には利益を得られます。
最近は金融機関にお金を預けても利息が小さく、殆ど利益を得られないのが普通になりました。
それに比べるとこの投資先は5%前後の利益を得られる可能性が高いので、利用のしやすいものになっています。
ソーシャルレンディングをする場合はそういうメリットに注目をしたほうがよく、効率のよい投資先であることは重要です。

 

 

 

ソーシャルレンディングは年々利用者が増える傾向

ソーシャルレンディングによって得られる利益は5%前後が多いですが、それ以上に大きな利益を得られることもあります。
そういう形でチャレンジをすることも時には重要で、ある程度余裕がある場合はリスクのある投資をしてみるのも手です。

 

ソーシャルレンディングは年々利用者が増える傾向があるので、以前に比べて一般化したビジネスに変わってきています。
そのため以前だったら難しかったタイプの投資としても利用できるので、自分に向いているものを選べることもあります。
例えば個人的な趣味で行っていることが投資先になることもありますから、そういうものならばどういうものか判断がしやすくなります。

 

ソーシャルレンディングの投資がしやすい対象の範囲

このようにソーシャルレンディングはいろいろな分野に広がっているので、投資がしやすい対象の範囲も広がってきています。
そういうことを考えながら投資をすれば効率のよいビジネスが可能になり、いい条件で利益をえることも可能になります。
この投資によって得られる利益は平均でいうと5%前後が多いですが、工夫をすればもう少し上げることもできます。
特に最近のように利用のしやすいプランが増えている環境ならば、より良い環境でビジネスができるので便利です。

 

 

 

ソーシャルレンディングは安定した利益を得やすく、工夫をすればリスクを大きく下げることが可能

ソーシャルレンディングは一般的な投資に比べて安定した利益を得やすく、工夫をすればリスクを大きく下げることが可能です。
利回りも金融機関にお金を預けるよりはかなりよいので、安定した収入を得たい人に利用しやすいです。
また最近はこのプランを利用できる業者が増えており、色々な投資先を比較しながらビジネスをすることができます。

 

 

 

ソーシャルレンディングの貸し倒れ率、デフォルト率については?

そんなソーシャルレンディングですが、他の金融商品に比べると圧倒的に安定的と言えますが、

 

実際の裏話や貸し倒れ率(デフォルト率)はどのようになっているのでしょうか?

 

 

今からソーシャルレンディングに参加しようとしている、ソーシャルレンディング初心者の方の疑問にお答えするべく、ソーシャルレンディング.bizを立ち上げました。

 

 

 

大流行しているソーシャルレンディングのリスク、利回り、運営会社などをしっかりと調べ徹底比較していこうと思います!

 

 

ソーシャルレンディングサイト簡易比較表

 

  利回り 最低出資額 サイト名 実績 運用期間 手数料 詳細
〜13.8% 539,960,000円 みんなクレジット

詳細
〜8.0% 51,188,710,000円 maneo

×

詳細
〜14.6% 964,750,000円 クラウドクレジット

×

×

詳細

 

ソーシャルレンディングの徹底比較

 

 

 

 

 

 

ソーシャルレンディング.bizの一押しのソーシャルレンディングサイトへ・・・・

 

>>>>【みんなのクレジット】公式サイトへ<<<<